クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    istockphoto-1255420772-170667a

    幽霊(ゆうれい)とは、 死んだ者が成仏できず姿を現したもの 死者の霊が現れたもの 幽霊というのは、小学館『日本大百科全書』でも、平凡社『世界大百科事典』でも「幽霊」の項目に、日本の幽霊と西洋の幽霊が並置する形で扱われている。


    いつかは証明できる日がやってくるのかな?





    1 クラウン速報:2020/07/13(月) 18:21:17.18

    http://gforum.jp/news/detail/37933
    2020/7/12

    お笑い芸人の有吉弘行(45)が12日、自らがパーソナリティーを務めるJFN「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」でゲストの島田秀平(42)に「霊が見える人」について「病院を受診した方がよくない?だって、見えないものが見えちゃうんだもん」と指摘した。

    「占い嫌い」で知られ、テレビ番組で認知症や幻視(幻覚を見る)と診断された蛭子能収(72)にエールを送った直後ということもあってか、有吉は「霊感ってなに? 」と切り出した。

    島田がこれに「霊を感じる感覚というか。もう『水』とかと同じぐらいの言葉じゃないですか」と返答すると、有吉は「ないよ、そんなもん」とバッサリ。

    さらに有吉は「それって、本当の病院でカウンセリング受けた方がよくない? 霊が見えるとかさ。脳神経のカウンセリング受けた方がいいんじゃない?だって、お化けが見えちゃうんだもん。見えないものが見えちゃうんだもん」。

    島田は「ガチでそんなこと言い始めます? それを仕事に僕、話をいっぱいしてるんで。そこをそういう切り口で言われてしまうと『可哀想だねぇ』ってなっちゃうじゃん、全部」と嘆いていた。

    e5c14f65



    【【有吉弘行】霊が見える人に指摘「病院を受診した方がよくない?見えないものが見えちゃうんだもん」】の続きを読む

    ca4a3f3a

    スポーツ漫画スポーツまんが)は、日本における漫画の区分のひとつで、スポーツを題材にしているものを言う。 日本では球技と格闘技(武道を含む)が多く、特に野球とサッカーはさらにサブジャンルが存在する。またマインドスポーツや日本ではマイナーな競技の漫画も一定数存在する。


    スラムダンクは最高だったわ







    1 クラウン速報:2020/07/13(月) 17:09:31.19

    人気バレーボール漫画『ハイキュー!!』が、20日発売の連載誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)33号で完結(第402話)することが、発表された。
    以前からクライマックスの告知はされていたが「次号、ついに最終回!!」とお知らせされ、約8年半の歴史に幕を下ろす。
    20日発売号で新連載の告知がない場合、スポーツ漫画が『ジャンプ』から消えることになり、ネット上では「ジャンプからスポーツ漫画が消える」「ジャンプからスポーツ物がなくなるね」「ジャンプ、スポーツ漫画0になるのか…」など悲しむ声が出ている。

    『ジャンプ』では、『キャプテン翼』(サッカー)、『スラムダンク』(バスケ)、『テニスの王子様』(テニス)、『アイシールド21』(アメフト)など数多くのスポーツ漫画を連載してきた実績がある。
    サッカー選手の中田英寿、川口能活、フェルナンド・トーレス、アレッサンドロ・デル・ピエロなどは『キャプテン翼』の漫画やアニメが、サッカー人生に影響を与えたことや思い出をインタビューなどで語っている。

    『スラムダンク』も、手に汗握る試合の描写やバスケに青春を懸ける登場人物、主人公・桜木花道が試合の中で才能を急速に開花させていく姿などが、読者の共感を呼び、その影響からバスケを始める少年少女が続出し社会現象になったと言われている。

    漫画で取り上げられたスポーツが世に大きな影響を与えることは少なくない。
    バレーボールを題材にした『ハイキュー!!』も全日本バレーボール高等学校選手権大会、天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会のポスターに採用されるなど、公的な意味でも支持を受けている。
    今回の完結にネット上では「常に上を向くスポーツを教えてくれてありがとう」「ほぼ誇張なしの、そのまんまのバレーボールがそこにあったと思う。毎週楽しく読んでました」「僕が高校でバレーを始めた時だから、あれから8年半も経ったのか。バレーの楽しさを教えてくれたのは『ハイキュー!!』です」と、バレーボールという競技に出会わせてくれたことに感謝の声があがった。

    しかし『ハイキュー!!』が完結することにより、少年・少女へ“スポーツ”の夢を与えてきた『ジャンプ』において、20日発売の同誌にて新連載告知がなく、あった場合でもスポーツ漫画ではない場合、『ジャンプ』でスポーツ漫画がなくなる事態が起きる。
    スポーツ漫画を必ず掲載しなくてはいけない理由はないが、これに対してネット上では「もうスポーツ漫画がないのか…」「ジャンプのスポーツ漫画が全滅」「ジャンプのスポーツ漫画ついに途切れちゃうかー」などの声が出ている。

    ■ジャンプの代表的なスポーツ漫画(連載期間)
    『アストロ球団』(1972年~76年)
    『リングにかけろ』(76年~81年)
    『キャプテン翼』(81年~88年)
    『スラムダンク』(90年~96年)
    『キャプテン翼 ワールドユース編』(94年~97年)
    『ROOKIES』(98年~03年)
    『ライジング インパクト』(98年~2002年 ※未連載期間含む)
    『テニスの王子様』(99年~08年)
    『アイシールド21』(02年~09年)
    『黒子のバスケ』(09年~14年)
    『ハイキュー!!』(12年~20年)

    http://news.yahoo.co.jp/articles/d75af4c0bb00c441d594766e859becb539a2c11c

    『ハイキュー!!』が表紙を飾った『週刊少年ジャンプ』32号

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【漫画】かつては「キャプテン翼・スラムダンクなど」少年ジャンプからスポーツ漫画が消える】の続きを読む

    20200712-00187789-roupeiro-000-18-view


    後遺症(こういしょう)とは、病気・怪我など急性期症状が治癒した後も、機能障害などの症状や傷痕が残ること。 脳梗塞が治癒した後も、手足の麻痺が残った。 自動車事故で頸椎損傷を起こし外科的治療で治癒したが、その後も低髄液圧症候群『脳脊髄液減少症』でめまいなどの症状が続く。 帯状疱疹が抗ウイルス薬で治癒したが、神経痛が継続して生じる。


    絶対に感染しないように予防しましょう






    1 クラウン速報:2020/07/13(月) 19:47:59.87

    ★新型コロナの後遺症にはどのような症状があるのか?
    忽那賢志 感染症専門医
    7/12(日) 16:54
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200712-00187789/

    ※一部抜粋、全文はリンク先へ

    ■新型コロナでも後遺症がみられることがある?

    新型コロナから回復された方を外来でフォローアップしていると、ときどき慢性症状に悩まされている患者さんがいらっしゃいます。

    「体がだるい」「胸が痛い」「息苦しい」「動悸がする」などといった症状を訴えられる患者さんが多い印象です。

    しかし、検査を行っても特に異常は見られず、新型コロナ後のいわゆる「コロナ後症候群(post-COVID-19 syndrome)」ではないかと仮診断し経過観察を行っていました。

    そんな中、2月下旬から3月にかけて大規模な流行がみられたイタリアから新型コロナの後遺症(コロナ後症候群)に関する報告が出ました。

    https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2768351

    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    これによると、新型コロナから回復した後(発症から平均2ヶ月後)も87.4%の患者が何らかの症状を訴えており、特に倦怠感や呼吸苦の症状が続いている方が多いようです。

    これは私の外来での実感と一致します。

    その他、関節痛、胸痛、咳、嗅覚障害、目や口の乾燥、鼻炎、結膜充血、味覚障害、頭痛、痰、食欲不振、ノドの痛み、めまい、筋肉痛、下痢など様々な症状がみられるようです。

    32%の患者で1~2つの症状があり、55%の患者で3つ以上の症状がみられたとのことです。

    4割の人が生活の質が低下していると答えており、新型コロナから回復した後も苦しんでいる方が多いことが分かります。


    【【新型コロナ】回復後も87%が後遺症(嗅覚・味覚障害、関節痛・胸痛など)】の続きを読む

    K10012512701_2007131802_2007131806_01_02

    疫学におけるクラスター(英: disease cluster、集団感染、疾患クラスター)は、時間的および地理的の両方の観点で、近接して発生する特定の疾患または障害が異常に高い発生率である集団(クラスター) 


    また増えちゃうね






    1 クラウン速報:2020/07/13(月) 19:37:46.17

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/13/kiji/20200713s00041000295000c.html
    2020年7月13日 19:09

     キャストやスタッフ、観客の新型コロナウイルス感染者が出た舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!―」の主催会社が13日、公式サイトを更新。6月30日から7月5日に公演した舞台について、保健所からの連絡で全観覧者(約800人)が濃厚接触者に指定されたと報告した。

     サイトでは観覧客の感染状況について「昨日、当社は、下記のご相談窓口を設置し、感染に関する情報のご提供をお願いしておりますが、当社の把握している限りで、本日の時点で、前記舞台において、ご観覧者様16名の方々に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されております」と発表。「感染経路に関しては、保健所と情報を共有し、引き続き調査を行っております」とした。

     「保健所からの連絡が遅くなってしまう可能性もございますので、ご観覧者様におかれましては、速やかに、お近くの保健所、帰国者・接触者相談センターにご相談くださいますようお願いいたします。大変なご心配とご負担をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます」と呼び掛けている。

     同舞台は6月30日~7月5日まで東京・新宿のシアターモリエールで12公演行われた舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!―」で、主演の山本裕翔(32)、企画プロデュースした映画評論家の有村昆氏(44)をはじめ、12日までにキャストやスタッフ、観客の新型コロナウイルスへの感染が判明。舞台のクラスターは初とみられる。

    新宿シアターモリエール

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【THE ★JINRO】クラスター発生の舞台に。約800人の全観覧者を濃厚接触者に指定】の続きを読む

    K10012511971_2007131517_2007131524_01_02

    BLM ブラック・ライヴズ・マター(Black Lives Matter)の略称 サン・バルテルミー島のISO 3166-1国名コード 無整流子電動機 (brushless motor) ラウターブルンネン・ミューレン鉄道 ブルーム症候群 (Bloom syndrome) 土地管理局 


    BLMやりたい放題じゃん。






    1 クラウン速報:2020/07/13(月) 19:00:39.84


    「All Lives Matter(全ての命が重要)」と発言のシングルマザー女性(24)、 BLM支持者に射*れる
    ★Young mother, 24, is ‘shot dead in front of her fiancé after saying “all lives matter” during an argument with Bla* Lives Matter supporters’

    PUBLISHED: 22:21 BST, 12 July 2020 | UPDATED: 00:14 BST, 13 July 2020
    https://www.dailymail.co.uk/news/article-8515507/Young-mother-24-shot-dead-fianc-saying-lives-matter.html

    (出典 i.dailymail.co.uk)

    Whitaker (pictured) was a home health nurse and had a three-year-old son named Greyson


    【【速報】All Lives Matter「全ての命が重要」と発言した女性がBLM支持者に射殺される】の続きを読む

    yoshimuraC-thumb-800x441-120

    橋本 (はしもと とおる、1934年(昭和9年)11月19日 - )は、日本の銀行家。富士銀行頭取、ドイツ証券会長、日本政策投資銀行社長のほか、国際基督教大学理事長も歴任した。 両親とも教員の子息として岡山県高梁町(現:高梁市)に生まれる。


    めんどくさ






    1 クラウン速報:2020/07/12(日) 15:56:10.24

     元大阪府知事、元大阪市長の橋下徹弁護士(50)が12日、フジテレビ「日曜報道 THE PRIME」に出演し、東京都の新型コロナウイルス感染者が、11日まで3日連続で200人を超えていることについてコメントした。

     この日は、東京に隣接する神奈川県の黒岩祐治知事(65)、埼玉県の大野元裕知事(56)がリモート出演。スタジオの橋下氏は、東京での感染者数について「200人超えが、大阪の方でもボンボン報じられて、兵庫県の知事が『諸悪の根源』って言って後で釈明してますけど、関西府県民の腹の中ではみんなああいう思いがあるんですよ」と関西人の本音を代弁した。

     一方で「200人という数字を絶対視して、これを恐怖の根源みたいにしてあおるのはよくない。検査数が増えれば陽性者数は増えるんですから、陽性率を見なければいけない」と冷静になる必要があることを説いた。自身が大阪府知事だった2009年に新型インフルエンザの流行があったことを引き合いに出し、注視していたのは感染者数よりも感染率だったとした。

     番組では5月19日には検査数が1257人で陽性率0・8%、今月9日は検査数3183人で陽性率5・9%だったというデータを提示。橋下氏「陽性率が上がり始めてるというのは、波が来始めてる(増加傾向にある)のかなってみんな感じるんじゃないでしょうか」と分析した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200712-00000066-dal-ent


    【【橋下徹】兵庫県知事の「東京が諸悪の根源」発言について、「関西府県民の腹の中ではみんなああいう思いがある」】の続きを読む

    このページのトップヘ