20200730-035753863_thum800

UKUSA協定 (ファイブアイズからのリダイレクト)
主張は多方面から根強く存在している[1][2])。2000年代は従来の衛星通信やマイクロ波通信の他に、インターネットやデジタル携帯電話が普及し、光ファイバーや光波長多重通信(WDM)を用いた海底ケーブルの利用や暗号化が進み、盗聴の難易度が上がった。


ファf

1 クラウン速報


英米圏5カ国の軍事・情報共同体に日本合流の可能性に…中国「絶対許さない」

2020-7-31_5eyes


日本が英米圏の軍事・情報共同体である『ファイブ・アイズ(Five Eyes)』に加入するかもしれない」という報道が出るや、中国メディアは「絶対許さない」と敏感に反応した。
1941年に結成されたファイブ・アイズは米国・英国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの5カ国が加入する軍事・情報協力国の集まりだ。
ファイブ・アイズは先日の中国による香港国家安全維持法制定に反対し、香港との犯罪人引き渡し協定を中止するなど、足並みをそろえている。


英紙ガーディアンは先月29日(現地時間)、議会で対中国政策にかかわっている議員たちの話として、ファイブ・アイズに日本を含めて「シックス・アイズ(Six Eyes)」に改編し、協力分野も軍事・情報だけでなくレアアース(希土類)や医療物品の共同管理などに拡大する可能性があると報道した。


同紙は「オーストラリア議会でもこのような主張が提起されている。日本の河野太郎防衛相も先週行われたセミナーで中国の対外拡張を懸念し、ファイブ・アイズ加入の意向を明らかにした」と伝えた。


トム・トゥゲンハート英下院外務委員長は「ファイブ・アイズは数十年にわたって情報・国防分野で重要な役割を果たしてきた。(加入国間の)連携を強化するため、信頼できるパートナーを探さねばならず、日本は重要な戦略的パートナーだ」と語った。


中国共産党系の英字紙・環球時報は先月31日の社説で、日本のファイブ・アイズ加入の可能性について、「米国が中国相手に繰り広げている、いわゆる『新冷戦』の先鋒(せんぽう)になろうという意味」「中国人たちは絶対に日本のそのような行動を許さないだろう」と猛非難した。


DwjK8AxVsAAan-f


http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020080180003




14 フソバクテリウム(福岡県) [EU]


中国も頼んでみたらどうだ?w




37 イグナヴィバクテリウム(静岡県) [US]


中国が人民軍を解体して憲法に「戦争の放棄」を明記すれば解決しますよ。

 


59 プニセイコックス(光) [MX]


「中国人は許さない」じゃなくて「中国共産党は許さない」だろ。

 


62 カルディオバクテリウム(茸) [ニダ]


コロナを世界にばらまいた中国を
世界はぜったい許さない


 


68 クロオコックス(神奈川県) [US]


引き込み方がうまいなあイギリス

 


88 ディクチオグロムス(やわらか銀行) [US]


内政干渉
 
 


2 エンテロバクター(兵庫県) [CA]


なんでいちいちお前らにお許し貰わないといけないの?




74 ストレプトミセス(空) [ニダ]


>>2

仕方ないんじゃね
だってアベさんのおかげで日本国内には200万人以上のチャイニーズがいるんだもん




73 カルディセリクム(東京都) [CN]


支那人と朝鮮人は、日本人の本当の怖さをまだ知らない

 


94 マイコプラズマ(千葉県) [FR]


>>73

見てるこっちが恥ずかしいからやめてくれ