クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    カテゴリ:芸能 > 男性タレント

    istockphoto-1255420772-170667a

    幽霊(ゆうれい)とは、 死んだ者が成仏できず姿を現したもの 死者の霊が現れたもの 幽霊というのは、小学館『日本大百科全書』でも、平凡社『世界大百科事典』でも「幽霊」の項目に、日本の幽霊と西洋の幽霊が並置する形で扱われている。


    いつかは証明できる日がやってくるのかな?





    1 クラウン速報:2020/07/13(月) 18:21:17.18

    http://gforum.jp/news/detail/37933
    2020/7/12

    お笑い芸人の有吉弘行(45)が12日、自らがパーソナリティーを務めるJFN「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」でゲストの島田秀平(42)に「霊が見える人」について「病院を受診した方がよくない?だって、見えないものが見えちゃうんだもん」と指摘した。

    「占い嫌い」で知られ、テレビ番組で認知症や幻視(幻覚を見る)と診断された蛭子能収(72)にエールを送った直後ということもあってか、有吉は「霊感ってなに? 」と切り出した。

    島田がこれに「霊を感じる感覚というか。もう『水』とかと同じぐらいの言葉じゃないですか」と返答すると、有吉は「ないよ、そんなもん」とバッサリ。

    さらに有吉は「それって、本当の病院でカウンセリング受けた方がよくない? 霊が見えるとかさ。脳神経のカウンセリング受けた方がいいんじゃない?だって、お化けが見えちゃうんだもん。見えないものが見えちゃうんだもん」。

    島田は「ガチでそんなこと言い始めます? それを仕事に僕、話をいっぱいしてるんで。そこをそういう切り口で言われてしまうと『可哀想だねぇ』ってなっちゃうじゃん、全部」と嘆いていた。

    e5c14f65



    【【有吉弘行】霊が見える人に指摘「病院を受診した方がよくない?見えないものが見えちゃうんだもん」】の続きを読む

    img_bf31279cdb0ef3c51cff8c87f4770ff7277296

    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。左利き。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ・ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。


    まっちゃんはやめないだろうな






    1 クラウン速報:2020/07/12(日) 15:43:31.21


    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(56歳)が、7月12日に放送されたバラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。お笑いコンビ・さまぁ~ずとの飲み会の席で「俺ももう辞めるで」と引退について口にしたと語った。

    この日、芸能人の副業や転職の話題が取り上げられ、松本は「男タレントはこれはこれで辞めどきが難しいのよ。だから本気で辞めたくなったら、タピオカ屋にけんか売って辞めたろうかな、と」とボケる。

    他の出演者から「松本さんは自分から引き際を決められる人。真剣に答えて」と質問されると、松本は「この間もね、さまぁ~ずとずっと飲んでて。その話ですよ。もう俺は、もうそろそろ辞めるよって。(明石家)さんまさんが60歳になったら辞めるといったのがちょうど俺ぐらいの時やからね」と、明石家さんまが60歳になったら引退すると宣言していたことに触れ、自身も引退を考えることはあると語った。

    そして、松本は「俺ももう辞めるで、と。こんな面白くもないし、女遊びもでけへんし、もう辞めるでって」と、冗談とも本気ともつかない引退理由を述べると、スタジオから「辞めたからって女遊びができるわけではない」とツッコミが入った。


    (出典 cdn.narinari.com)


    【松本人志 が引退宣言か「もうそろそろ辞めるよ」】の続きを読む

    enn2007110003-m1

    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優の佐々木希 


    情けないとしか言いようがない。今までの自信はどこ行ったんだ






    1 クラウン速報:2020/07/12(日) 15:50:47.90



     アンジャッシュ・渡部建(47)が「週刊文春」に“トイレ不倫”を暴露されてから1カ月が経過した。この間、渡部は同誌の独占インタビューに応じ、涙ながらに「今でも妻のことを愛しています」と語ったが、その後は自宅で籠城を続けている。

     渡部には複数の関係者が「このままではいつまで経ってもラチが明かない。謝罪会見を開いたらどうか」と提案したというが、本人が「とても耐えられそうにありません」と弱音を吐いており、嵐が過ぎ去るのをじっと待つ構えだという。

    世間からあのいまいましいスキャンダルの記憶が消えれば、いつか元のポジションに戻れると考えている節もあるそうだ。



    【【アンジャ渡部建】謝罪会見の提案に弱音か「とても耐えられそうにありません」】の続きを読む

    tokusetsu_link_layout_045_1


    東京都知事選挙(とうきょうとちじせんきょ)は、東京都知事を選出する選挙。 東京都の首長である東京都知事を決めるための選挙である。都民(東京都に住所をおく人)の投票によって決める。 都道府県の首長の任期については地方自治法において規定されており、東京都知事の任期は4年とされている。


    もっと自分の影響力を考えてメディアで発言するべき。
     



    1 クラウン速報:2020/07/12(日) 13:56:46.08

     お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志、タレントの指原莉乃が12日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。指原は5日に投開票が行われた都知事選の低投票率をなげいた。

     東京都選挙管理委員会によると、投票率は55・00%で、前回(16年)の59・73%を4・73ポイント下回った。指原は「自分が大人になって関心も上がってる。(SNSで都知事選の話題を)目に入る回数も、いつもよりずっと多いような気がした。『これは、みんな投票に行くんじゃないか』と思ったけど、やっぱりそんなことはなかった」とぽつり。

     「前より芸能人の方も『行きましょう』『勉強しましょう』という人が増えてきている。でも、やっぱりまだ若者には届かない」と現状への思いを語る。そして「(新型コロナウイルスで)人が集まるのが怖いというのもあるけど、結局、これから自分たちがどう生きやすくするか。自分たちの世代で、みんなで変えていこうという気持ちがあるなら行ってほしかった」となげいていた。

     一方の松本は「お叱りを受けるかもしれない」と前置きをした上で「『行こうよ、選挙』と、みんな言うんでしょうが、消去法的な選挙に意味があるのか、と。僕は今回、都知事選という選挙を消去した」と投票に行かなかったことを告白。「『なし』を設けてくれたら行くけどね」と持論を展開していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200712-00000318-oric-ent


    20190721_110702_size640wh_4792


    【【松本人志】都知事選は投票せず「消去法的な選挙に意味があるのか?僕は今回、都知事選という選挙を消去した」】の続きを読む

    2020-06-27_07h48_19

    長嶋 一茂(ながしま かずしげ、1966年(昭和41年)1月26日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手)、元読売ジャイアンツ野球振興アドバイザー。引退後はタレント、スポーツキャスター、野球評論家、俳優、空手家として活動している。血液型はB型。カトリック教徒で、洗礼名は「パウロ」。


    外国はチップというものがあってね・・・

    1 クラウン速報:2020/06/27(土) 09:16:15.96



    (出典 image.news.livedoor.com)


    元プロ野球選手で、タレントの長嶋一茂が26日、レギュラーを務めるテレビ朝日系「ザワつく!金曜日」に出演。ハワイの有名ステーキ店での「差別」体験を明かした。

     子供から「やめて」と言われること、というテーマでのトークで、一茂は「ウチの娘は外食行った時に俺がいろんな意見するのが嫌みたい。『パパ、黙って食べて』みたいな」と苦笑いしながら、2、3年前、ハワイの有名ステーキハウスを訪れた時のことを挙げた。一茂は99年9月、個人事務所のマネジャーだった女性と結婚。04年6月に双子の女児を授かっている。

     その店は、一茂によると「ウェイターもウェイトレスも全員白人。お客はほぼ日本人」。そんな中、「たまたま白人の客が俺の隣に座った」。すると「ホスピタリティーが全然違う。完璧に差別。もうあからさまな差別」だったと訴える。

     「白人の客」には「お水はどうですか?」「次何飲みますか?」「焼き加減どうですか?」「おいしいですか?」などとウェイターが気を配っていたが、自分たちには何も言わなかったそうで、「頭にきた」一茂は、チップを払わずに店を出たという。

     するとそのウェイターが追いかけてきて「何で(チップが)ないんだ!」と訴えた。一茂は「お前、サービスしてないんだから払わない」と一歩も引かず。もめそうになっている状況に、娘たちが「パパ、払ってあげて」と懇願し、ウェイターが謝ったこともあり、そのときは「分かりました」とチップを払った。ただし、本来なら15%払うところを、10%にしたという。

     この“騒動”について「そこから本当にホスピタリティーが全部変わった。俺のおかげだ、ってわけじゃないんだけど(笑)、ま、自慢なんだけどね」と笑顔で話していた。

    2020年6月26日 19時56分 ディリースポーツ
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18480548/?type=ranking&category=&rank=1


    【【長嶋一茂】ハワイの有名店で「あからさまな差別」…「頭にきた」】の続きを読む

    1199805

    加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年(昭和44年)4月26日 - )は日本のお笑いタレント、俳優、司会者、ニュースキャスター。お笑いコンビ・極楽とんぼのパワハラ担当。 北海道小樽市出身。小樽ふれあい観光大使。 吉本興業(東京吉本)とエージェント契約で在籍。所属は個人事務所、有限会社加藤タクシー。


    価値観の変化だよ

    1 クラウン速報:2020/06/26(金) 17:01:22.03

    https://www.narinari.com/Nd/20200660445.html
    2020/06/26 11:11

    お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(51歳)が、6月25日に放送されたラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演。年齢を重ねて聞く音楽の傾向が変わり、「いまロックしんどいんだよ」と告白した。

    この日、車の中で聞く音楽に関するトークが進む中で、「何聞いてる?」との質問を受けたバイきんぐ・小峠英二(44歳)は、「僕はでもほんと、パンクばっかりですよ。パンクばっかりですね。ほぼパンクです」と回答。すると、加藤は「44(歳)くらいになってきたら、パンクとかしんどくない?」と質問を重ねた。

    これに小峠は「いや、これがね、しんどくないっすねぇ」と、若い頃と変わらずにパンクが好きだと語ると、加藤は「すごい、それ生粋だな、小峠は」と感心した上で、「オレもう、いまロックしんどいんだよ。聞いてるの」と告白。同世代の相方・山本圭壱(52歳)に「わかるだろ?」と同意を求めたが、山本は「いや、俺はいろいろ聞くもん、ほんと雑食だから」と受け入れない。

    加藤はさらに、いまはバラードを好んで聞くようになったと明かし、小峠から「(曲調が)速いのしんどいですか?」と聞かれると、「速いのしんどいの(笑)。それね、ビックリなの」と回答、小峠は「“速いのしんどい”なんかあんのかよ(笑)」とツッコんだ。

    加藤はもともとロックが好きだったにも関わらず、そうした変化が自分に訪れていることに驚いているようで、「20代、30代のときに、俺もロック結構好きだったから、ロックしか聴かないだろうな。大人になって、ゆったりした演歌とかね、演歌が悪いわけじゃないけど、趣味として聞かないだろうなと思ってたら、やっぱりどんどんスローリーな、遅いテンポのやつが好きになってくるの」と語り、小峠は「マジっすか…」と絶句。

    そして、加藤は「ほんとに45(歳)を過ぎて、ユーミン聞き出したから。若い頃、一切聞いてない」と明*と、ここで山本が「わかるわ。オレ、だっていま一番聞いてるの(松田)聖子ちゃんだもん。マジで。30年よりもっと前くらいに、デビュー当時くらいの聖子ちゃんを最近聞き出したら止まらなくなっちゃって」と一部同意したが、「だけど、そうはいっても小峠じゃないけど、パンクっぽい、ジャパニーズ・ラップなのも聞いたりするよ」と続けると、加藤は「無理すんなよ…無理は山本さん、やめてくれ。赤っ恥だぜ」と笑った。

    ★1が立った日時:2020/06/26(金) 13:28:49.12
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1593145729/


    【【加藤浩次】年齢を重ねて聞く音楽に変化「いまロックしんどい」「パンクとかしんどくない?45過ぎてユーミン聞き出した」】の続きを読む

    このページのトップヘ