クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    カテゴリ:芸能 > 男性お笑い芸人

    img_06fa50c1668e9b747efa85f4d76091d586538

    岡村 隆史(おかむら たかし、1970年〈昭和45年〉7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、ラジオパーソナリティ、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ、ネタ製作担当。相方は矢部浩之。 大阪府大阪市東淀川区出身。吉本興業(東京本社)所属。吉本総合芸能学院(NSC)の第9期生。


    嫌なら謝るな

    1 クラウン速報:2020/07/10(金) 12:34:33.94


     お笑いコンビ「ナインティナイン」が9日深夜放送のニッポン放「ナインティナインのオールナイトニッポン」(毎週木曜深夜1・00)でタレント・上沼恵美子(65)の“罵倒騒動”について触れた。

     上沼は、キングコングの梶原雄太(39)を関西ローカルの番組収録で20分以上も罵倒し、降板に追い込んだと取り沙汰されている。岡村隆史(50)は、「カジが上沼さんに怒られてしまいましてね、もうエライことになって」と語り出し、「めちゃくちゃかわいがってもらってたのにな。こんなことあんねんで」と驚きを語った。

     矢部浩之(48)も「それぐらい愛情があるから。ちょっとしたことで真逆に触れるっていうね。すごいよね、振れ方が」と、梶原に目をかけていた上沼の行動にはビックリ。

     騒動について、梶原から電話で説明を受けた岡村は「カジから(番組を)“やめる、っていうふうに言うたことありません”と言うとった」と明かした。

     一方で、「これ、難しいところありますよね。しっかりとしたベテランの方とお仕事するという時は、一個間違ったら、もうそりゃ地獄ですから。可愛いからこその、何でそんなことすんの?というのとか」と語ると、矢部も「良いところ、悪いところが出てくるからね」と同調。

     梶原が上沼から時計をもらうなど、息子のようにかわいがられていた関係を紹介しながら岡村は「カジの場合はずっと長いことかわいがってもろうてて。しばらくたったらね、“すいません”言うて謝りに行ってもいいんちゃうかな」と謝罪を勧めると、矢部は「そりゃもう、カジが感じて決めることだからね」と話した。

    180920_2-1
     

    【【岡村隆史】 上沼恵美子から罵倒報道の梶原雄太に謝罪勧める「一個間違ったら地獄」】の続きを読む

    2019080800009_1

    黒沢 年雄(くろさわ としお、19442月4日 - )は、日本の俳優・歌手。本名・旧芸名(2000に改名)、黒沢 男(読み同じ)。株式会社プロダクション・クロ代表取締役。弟は黒沢博(元ヒロシ&キーボー)。妻は街田リーヌ(本名・街子、旧姓・宮崎)、娘は元女優の黒沢レイラ(旧芸名・三井万裕美、本名・裕美)。


    事情を説明しないと分かんなよ

    1 クラウン速報:2020/07/07(火) 17:02:47.70

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202007070000510.html
    2020年7月7日16時16分

    ユーチューバー「カジサック」としても活躍するお笑いコンビ、キングコングの梶原雄太(39)が、ABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」の卒業をめぐり、俳優の黒沢年雄(76)の発言に「非常に悲しいですね」と思いをつづった。

    黒沢は6日のブログで、「上沼恵美子さんと、キングコングの梶原君(何度も、ご一緒しています)が、番組内の事で、ゴチャゴチャしている」と言及し、「梶原君は、お笑い芸人なんだから、上沼さんに、何を言われようが、受けてたって、会話で負けたら、最後に、本気でワンワン泣いて演技したら、番組が盛り上がり、その後の上沼さんの、フォローが見事にハマり、梶原君の、芸人の素晴らしさが評価されたと思う…。折角の芸人としての、立場のチャンスを逃したね。その場を、上手く演技して、振る舞えてたら…。上沼さんの性格からして、益々君を、いじり倒して、今後も、君を起用したと思う。上沼さんと梶原君の、器の差が出たね」と私見を述べた。

    梶原は7日、ツイッターで黒沢の発言に触れ、「事情を知らなくて、現場にも居なくて、芸人でもないのに、、このような事を言われると非常に悲しいですね」とつづった。

    「ーこころ晴天」の6月29日放送で、パーソナリティーの上沼恵美子が、隔週出演していた梶原の卒業を発表。卒業理由は「梶原くんが『ちょっと東京から(通うのが)しんどい』っていうことで」と説明したが、梶原は同日ツイッターで「多くのスタッフさんが携わって下さっているので、僕から全て語る事はできないのですが ABC-R『上沼恵美子のこころ晴天』を卒業させて頂くのは事実です」とした上で、「『忙しくなって東京から行くのがしんどくなったから卒業した』と僕が言った事実はございません」と否定し、ネット上ではさまざまな臆測が広がっている。


    【【キンコン梶原】黒沢年雄 の「上沼さんと器の差出たね」投稿に発言「芸人でもないのに、このような事を言われ非常に悲しい」】の続きを読む

    2018081000084_1

    爆笑問題(ばくしょうもんだい)は、太田光と田中裕二からなる日本のお笑いコンビ。所属事務所はタイタン。略称は爆笑、爆問など。 日本大学芸術学部(日芸)演劇学科の在学中に出会い、中退後の1988年3月に結成。 暦年の年齢は同じだが、田中の方が早生まれであるため、1学年上となっている。太田は大東文化大学


    あらら

    1 クラウン速報:2020/07/04(土) 09:49:00.51

    お笑いコンビ「霜降り明星」のせいやと粗品が3日深夜放送のニッポン放送「霜降り明星のオールナイトニッポンZERO」(金曜・深夜3時)に生出演した。

    せいやはテレビ会議アプリ「Zoom」を使った一般女性との飲み会で、下半身を露出するセクハラ行為をしたと「文春オンライン」で報じられ、先月28日に報道後、初めてコンビでTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)に生出演し、
    MCで「爆笑問題」の太田光から「せいや、わかっていると思うけど、生放送なんで変なもの出さないで」などといじられまくった。

    この日の放送では、「サンジャポ」出演を振り返り、せいやは太田について「あの人、やっぱおかしい。変や。あんな人、長年テレビがほったらかしにしてたらダメです」と明かした。これに粗品も「しつこかったな」とうなずいた。

    さらに出演前に楽屋で太田にあいさつした時に「きょうは、生だから出すなよ。おかきいる?」などといじられたことを明かした。その上で番組スタッフから「太田さんにはクギを刺しといたんで」と言われたという。
    これにせいやは「僕は半分、どっちなんやろうなって。来てくれても芸人としてはありがたいし、こうへんならそれが普通かって思ってて」と思ったという。

    さらに放送前にトイレで太田と会った時に「お前、ここで出すんじゃないんだろうな」と再び突っ込まれ、せいやが「出していいでしょ、ここは」と返したという。
    こうした放送前のやりとりがあったにもかかわらず本番スタート直後に太田が「Zoom」ネタをいじったことに「スタッフも笑ってなかったもんな」と振り返った。

    太田からいじられまくったことに「ありがたいけどね。散々、おかしいよ。ずっと違う人がニコルンとか粗品とかが、ぼけたりして受けてる時もチラッチラッ、
    オレの方を見て下半身を手で隠して出てないなって」と太田の突っ込みをネタにしていた。

    2020年7月4日 8時55分 スポーツ報知
    https://news.livedoor.com/article/detail/18519093/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【霜降り明星】爆笑問題 太田光について「あの人、やっぱおかしい。あんな人、長年テレビがほったらかしにしてたらダメ」】の続きを読む

    bfb20a60dba93b3580fb2eaf4ffff408_photo

    梶原 雄太(かじわら ゆうた、1980年(昭和55年)8月7日 - )は、日本のお笑いタレント、YouTuberである。 漫才コンビ・キンコングのボケ担当。相方は西野亮廣。 吉本興業所属。 大阪府大阪市都島区出身、太成高等学校(現太成学院大学高等学校)卒業。身長163センチメートル、体重48キログラム、血液型B型。5児の父親。


    出ましたお得意の上沼恵美子さん。関西人がまた怒ります。

    1 クラウン速報:2020/07/02(木) 16:22:20.63

     YouTuber・カジサックとしても活躍しているキングコング・梶原雄太(39才)が、レギュラー出演していた『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と、隔週レギュラーだった『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)から降板することとなった。

     梶原といえば、上沼恵美子(65才)の寵愛を受けており、だからこそ両番組に出演していたはず。それなのに急な降板の裏に、何があったのだろうか?
     6月26日放送の『快傑えみちゃんねる』に、梶原降板の理由が隠されていた。この日の放送で、梶原が話した時間は、1時間のうち、わずか70秒。梶原が2か月ぶりにスタジオに登場したことに触れるわけでもなく番組は進んでいく。あまりにも短すぎるのではないか。
    「実は話していないわけじゃないんですよ」とは、在阪テレビ局関係者。
    「それなりに上沼さんと梶原さんのやり取りもあったのですが、放送に耐えられない空気になってしまい、お蔵入りになったんです。上沼さんも調子が狂っていたのか、歯止めがきかなくなっていて、聞いていてしんどかったですね」
     お蔵入りになったシーンでは何が起きていたのか。
    「序盤は上沼さんお得意の毒舌トークで緊張をさせてから、フッと気の抜けた発言をして緩和させる、さすがのトーク術で場を回していたんです。しかし、『ごちそうになるときの作法』について話が及んだとき、スタジオの空気が変わっていったんです」(前出・在阪テレビ局関係者)
     以下は放送されなかった、いや、できなかったお蔵入りシーンの話である。
    「これまで何度もおごってきた自分に対しての義理を欠いている。だから一度私にごちそうしなさい、と上沼さんが言ったのです。ここまでは、いつも通りの愛のあるいじりでした。しかし、『あんたこの番組に途中から来た子やんか。最初からブッキングされた出演者ちゃうやん』と表情を変えて批判し始めたあたりから、空気が変わりました。
     共演者が一度止めに入るも、それを制止して梶原さんへの口撃を強めていったのです。彼が笑いに変えようとしても、思うようにいかない。梶原さんは明らかに動揺し、笑いも消え、涙目になっているのが見て取れました。それでもスタッフは上沼さんが怖くて途中で収録を止めることなんてできません」(前出・在阪テレビ局関係者)

     1人10万円の高級料亭でスタッフ含め200万円ぶんをおごれと詰め寄る一幕も。
    「『おごれ』と言ったと思ったら、『おごられたら次の日病気になるからいいわ』と言ったり、梶原さん抜きでスタッフ全員で食事会をしようと提案したり…。現場のスタッフも共演者もいつもの空気と違うのは感じていました。スタジオ内には盛り上げ用のスタッフの笑い声だけが響き、それが一層、雰囲気を恐ろしいものにしていた。そんななか、梶原さんが『なんでこんなに嫌われたんやろ』って絞り出すように話したのが印象的でした」
     それに対する上沼の返しで、ついに現場の空気が凍った。
    「『ほんまに怒ってんねんで。コロナでみんながイライラしてんねん。バラエティーやから笑わそう思って、って思ってるやろ?』と聞いた後、少し間を置いて、憤怒の表情で梶原さんの方を向きながら一言、『ちゃうで』と言い放ち、『イラついてんねん。キミに!』と続けたんです」(前出・在阪テレビ局関係者)
    「ちゃうで」ではなく、「そやで」と言えば緩和だったが、スタジオに緊張を走らせ続ける上沼。その間、ゲストは言葉を挟むことができず、ずっと苦笑いをするのみだったという。
    「その後は、聞きたくもなく、耳をふさいでしまったのであまり覚えていませんが、コロナが終息した頃にいなくなる芸人の代表として梶原さんを名指ししたりしていました。どう見てもパワハラです。意地悪いのが、最後に『コロナうつだからごめんな。ほんまはちゃうねん』と言っていたこと。あの一言で、“パワハラ”が“いじり”に変わるのでしょうか。正面から受け取って傷つく方が*を見る空気感でしたね」(前出・在阪テレビ局関係者)
     その後、梶原は上沼とのラジオ収録もあったが、「急性胃腸炎」という理由で出演を取りやめた。

    以下全文
    https://news.yahoo.co.jp/articles/08c24a99a4087cac3ccb65222f44b72c87a802a8
    https://news.yahoo.co.jp/articles/08c24a99a4087cac3ccb65222f44b72c87a802a8?page=2


    【【芸能】キンコン梶原の降板裏側に上沼恵美子が言い放った苛烈批判】の続きを読む

    20200630-00000322-oric-000-33-view

    カズレーザー(1984年(昭和59年)7月4日 - )は、日本のお笑いタレント。メイプル超合金のボケ担当。埼玉県加須市出身。本名は金子 和令(かねこ かずのり)。クイズを得意としており、芸人たちからはカズと呼ばれることが多い。サンミュージックプロダクション所属。 赤い服に金髪がトレードマーク。兄と妹がいる。実家はイチゴ農家。


    プライベートくらい地味にしとけやwwwww

    1 クラウン速報:2020/06/30(火) 09:21:37.65


    (出典 data.smart-flash.jp)


    (出典 data.smart-flash.jp)


    (出典 data.smart-flash.jp)



    カズレーザー、美人元棋士と「赤い紅い」デート現場
    芸能・女子アナ 投稿日:2020.06.30 06:00
    https://smart-flash.jp/showbiz/106520

     「エレベーターで、女性連れのカズレーザーさんと乗り合わせたんです。笑顔で開ボタンを押してくださって、とても紳士的でした」(居合わせた客)

     6月下旬、東京・六本木ヒルズ。通り過ぎる客が続々と振り返るなか、全身赤ずくめの金髪ヘアで堂々と歩く、カズレーザー(35)がいた。隣には、ワンピース姿の美女が。

     マスクまで赤いカズレーザーのみならず、彼女のほうも、赤いサンダルで赤いカーディガンを携え、まるでペアルックでのお出ましなのだ。

     そして、お名前まで赤かった。この美女、元女流棋士で、タレントとしても活躍する竹俣紅(22)なのである。

    「14歳でプロ入りし、女流棋士として将来を嘱望されましたが、2019年3月に引退しています。将棋以外での仕事の依頼も多かったし、そんな環境と自分の将棋の才能を鑑み、引退の道を選んだのかもしれませんね」(将棋関係者)

     現在、竹俣は早稲田大学政治経済学部の4年生。卒業後の来春入社で、フジテレビのアナウンサー職に内定しているとの報道もある注目の才女。名前が「紅い」から、カズレーザーは惚れたのか?

    「カズレーザーといえば、お笑い界きってのクイズ通です。クイズの勉強会を主宰しており、現在は10人以上のメンバーが参加。クイズ番組に多数出演している竹俣さんも、その会の常連という接点がありますよ。むしろ、もともと彼女のほうが、『カズ様一筋』を公言するカズレーザーの大ファンです」(テレビ誌ライター)

     話をデートに戻そう。15時過ぎに、まず訪れたのはワインバー。隣り合って座ると、1時間以上おしゃべりに夢中な様子。その後は、2時間近くウインドーショッピングを楽しむと、タクシーに乗り込んで赤坂方面へ走っていった。

     はたして、デートの真相は。竹俣の所属事務所は、「仲良くさせていただいている先輩のひとりだと、本人からは聞いております」と回答を寄せた。

     続いて、カズレーザーからは、本人のコメントが届いた。

    「水族館で13時13分からのイルカショーを観て、誕生日のプレゼントを買いに行き、ご飯を一緒に食べて解散しました。残念ながら、交際はしておりません(笑)。ご期待に添えず申し訳ございません!」

     じつはデート数日後の6月27日が、竹俣の誕生日。本誌が目撃したのは、“誕プレ” ショッピング中だったというわけか。業界騒然のビッグカップルの誕生も時間の問題。「紅い運命」を、勝手に期待しています!


    (週刊FLASH 2020年7月14日号)


    【【カズレーザー】美人元棋士と「赤い紅い」デート現場】の続きを読む

    200207tokyo00_o


    東京人(とうきょうじん) 東京に住む、あるいは、東京出身の。英語ではTokyoite。 都市出版(株)が出版する雑誌 →東京人 (雑誌) 写真家 高梨豊の写真集 →東京人 (高梨豊)


    そんなの人それぞれでしょ〜東京という価値観で決めつけるのはどうなんだ〜

    1 クラウン速報:2020/06/26(金) 17:32:41.65

    6月25日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、松本人志が“東京の考え方”に苦言を呈する場面があった。

    【写真を見る】“うどん愛”について語り合う中、つれない感じの発言をする品川祐

    「秘密のケンミンSHOW極&ダウンタウンDX超豪華合体スペシャル!」として放送されたこの日は、福岡、名古屋、大阪、東京の地元あるあるや地元自慢をネタに出身芸能人たちがトークを繰り広げた。

    その土地ならではのグルメを紹介するコーナーでは、名古屋の味噌煮込みうどん、福岡のごぼう天うどんなど、うどんにまつわる論争が勃発する。

    うどんのルーツについては諸説あるが、福岡出身の陣内孝則は「福岡は発祥の地ですから。お偉いお坊さんが中国から持ってきた」と力説。

    その後、大阪出身の久本雅美も「言わせてください、きつねうどんの発祥は大阪です」と断言する。

    各県が“うどん愛”を見せる中、浜田雅功が東京出身の品川祐(品川庄司)に「東京の人はどう感じてるか」と話を振ると、品川は「別にどこが発祥でもいいじゃん?」とつれない感じで返答。

    品川の冷たい態度に各県出身のゲストたちが文句を言いながら詰め寄る中、松本人志も眉間にしわを寄せながら「そういう東京の考え方嫌いやわ~」と苦言を呈していた。

    放送終了後のネット上では「東京の人ってそういうところあるよね」「うどんとかB級グルメって子どもの頃から食べてるから忘れられない」「この手の話題は私も『地元が一番』って言いたくなっちゃう」など、芸能人たちの地元愛に共感するメッセージが数多く寄せられていた。

    2020/06/26 15:15
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw7518216?news_ref=50_50

    (出典 i.imgur.com)


    【【松本人志】東京人のクールな対応に「そういう東京の考え方嫌いやわ~」】の続きを読む

    このページのトップヘ