クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    カテゴリ:芸能 > 国内女性モデル

    IMG_8063

    佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と


    渡部さんこんなに強い奥さんいるんだから正式に記者会見しないと

    1 クラウン速報:2020/06/17(水) 20:29:48.85

    「週刊文春」6月11日発売号が報じたアンジャッシュ渡部建(47)の不倫疑惑 。
    妻で女優の佐々木希(32)の動向に注目が集まっているが、彼女は「離婚の意思がない」
    「私が支えていく」などと周囲に語っていることが「週刊文春」の取材で分かった。

    佐々木の事務所関係者が明*。

    「ちょっと意外かもしれませんが、元々家庭内では渡部さんの方が立場は上。佐々木さんの方が渡部さんをリスペクトしているのです。
    この騒動の間、彼女は『夫が憔悴しているのでずっと一緒にいます』と付きっ切りの状態。

    彼女を心配する知人には『私が彼を立ち直らせる』と気丈に振る舞っている。すでに彼女は『離婚しない』という決断を下しています」

    6月18日(木)発売の「週刊文春」では、小誌取材後、全番組出演自粛に至る過程で何があったのか、
    佐々木との夫婦関係、渡部の他の女性関係、コンビを組む児嶋一哉(47)との関係性など「渡部不倫」の全内幕を報じる。
    https://bunshun.jp/articles/-/38462

    ★1が立った日時:2020/06/17(水) 16:04:54.04

    【週刊文春】 #佐々木希 夫・渡部不倫でも 「離婚しない」 「私が支えていく」 ★2 [muffin★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592383470/


    【【佐々木希】渡部不倫でも 「離婚しない」 「私が支えていく」】の続きを読む

    20200121-00010010-bfj-000-1-view

    水原 希子(みずはら きこ、1990年10月15日 - )は、主に日本で活動する女性ファッションモデル、女優。本名は、オードリー・希子・ダニエル。アメリカ合衆国テキサス州ダラス生まれ、兵庫県神戸市育ち。妹はモデルの水原佑果。 1990年、アメリカ合衆国テキサス州ダラスでアメリカ人の父と日本生まれの


    炎上しているようですね

    1 クラウン速報:2020/06/16(火) 11:18:53.59

    Kiko Mizuhara 🌱 水原希子
    @kikoxxx

    私がいつ日本人感出しましたか?日本国籍じゃなかったら何か問題ありますか?29年間、日本で育って、日本で教育を受けてきました。何が問題なのか全く分かりません。

    hqdefault-9

    午前2:13 · 2020年6月16日·Twitter for iPhone
    https://twitter.com/kikoxxx/status/1272578002795114496?s=20

    ★1が立った日時:2020/06/16(火) 06:36:19.46

    【Twitter】#水原希子 「私がいつ日本人感出しましたか?日本国籍じゃなかったら何か問題ありますか?」 [鉄チーズ烏★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592256979/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【水原希子】 「私がいつ日本人感出しましたか?日本国籍じゃなかったら何か問題ありますか?」】の続きを読む

    20200615-00000036-spnannex-000-6-view

    道端 アンジェリカ(みちばた アンジェリカ、1985年12月5日 - )は、日本の女性ファッションモデル。福井県出身。ワイエムエヌ所属。 道端ジェシカと道端カレンとそして自身とからなる『道端三姉妹』の三女で、雑誌『S Cawaii!』への露出が特に著名。 父親がスペインやイタリアにルーツを持ったア


    頑張ってください

    1 クラウン速報:2020/06/15(月) 05:59:59.27

     夫の恐喝事件から“美人局(つつもたせ)疑惑”が浮上し休業していたモデルの道端アンジェリカ(34)が、芸能活動を再開させることが14日、分かった。本紙のインタビューに明らかにしたもので、夫とは別居し、離婚協議に入ったことも涙ながらに告白。仕事復帰の理由は1歳11カ月の長男の存在で「私が育てます。シングルマザーとして頑張ります」と明かした。 

     「夫とは離婚協議中で、離婚届は1カ月前に判を押して送ってます。小さい子供がいるので生活していかなきゃならない。私一人で育てていくので仕事を再開したいと思うようになったんです」

     メディアへの登場は8カ月ぶり。この間に新型コロナの感染拡大もあり「芸能人の友達がSNSでメッセージを出して社会貢献している中、それをやっちゃいけないような存在になっている自分がつらかった」と明かした。

     事件があったのは昨年8月。飲食店経営の夫(38)が会社役員の知人男性を「おまえの家族をめちゃくちゃにしてやる」などと脅し、指定口座に35万円を振り込ませた疑い。2カ月後に夫は逮捕されたが、恐喝現場に道端も同席していたことが判明。事件前日に道端とこの男性が夫の飲食店個室でイチャついていたことも分かり“美人局疑惑”に発展した。

     「あれは全くの誤解で事実ではありません」と、疑惑の当事者である道端が初めて真相を明*。

     「友人女性を含めた4人でランチに行き、その後カラオケに行こうとなり、夫のお店に4人全員で行ったんです。だから部屋には夫も何度も来たし、密会なんかしていない」と強調。男性とイチャついていたことは「イチャついていたのではなく子供を産んでからほとんどお酒を飲んでいなかったので、はっちゃけ過ぎてしまった。夫はそんな私の姿を初めて見たので怒ったんです。その場で夫婦ゲンカになり、それを見てみんな帰っちゃったんです。その一部始終が写った部屋の防犯カメラを警察に提出したので、私は事件に一切関係がないとして不起訴になりました」。

     その翌日、男性を恫喝(どうかつ)した現場に同席したことについては「夫に男性との浮気を翌朝までずっと疑われ“直接アイツに聞く。おまえも来い!”と連れていかれた」という。その場では、お金を請求する場面は一切なかったそうで「録音が全部残っていたので、夫も不起訴になったのだと思います。でも、私が夫を怒らせたことが原因であることに変わりはないです」と反省。ただ、離婚にまで発展したことには「夫にケータイを取られ、連絡先も全部消され、彼が逮捕されるまでの2カ月間は夫の怒りで大変でした。詳しいことは協議中なので…」と声を震わせ、涙がこぼれ出た。

     既に出版社から仕事の依頼が来ているという。「シングルマザーだった母からは“息子という字は自分の心と書く。子供のお手本になれるようにしなさい”と言われました。その言葉を胸に歩んでいきたい」と話した。

     ◆道端の夫逮捕 韓国籍の夫が昨年10月3日、知人男性への恐喝容疑で警視庁組織犯罪対策2課に逮捕された。事件の端緒となった同8月6日に、この男性と道端が夫の経営する飲食店でイチャついていたことが判明。美人局疑惑が報じられたものの「なぜ、わざわざ夫の店で密会したのか」などの疑問が浮上。夫との共謀が疑われた道端も、逮捕された夫も不起訴に。道端は育児に専念したいなどの理由で休業した。

     ◆道端 アンジェリカ(みちばた・あんじぇりか)1985年(昭60)12月5日生まれ、福井県出身の34歳。アルゼンチン人の父親と日本人の母親を持ち、全員がモデルとして活躍する「道端3姉妹」の三女。05年から起用された雑誌「S Cawaii!」で人気に。日本テレビ「ヒルナンデス!」などのテレビでも活躍。夫とは17年12月に結婚。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e3fe3600382def10c273159842c68c5b2aa776bf
    6/15(月) 5:30配信


    【【道端アンジェリカ】離婚協議中 美人局疑惑から8カ月…涙の激白、芸能活動再開へ 「シングルマザーとして」】の続きを読む

    20200514-00000004-friday-000-2-view-2

    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、Youtuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。なお、「健」は誤り。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。妻は女優の佐々木希で、1児の父。妻の佐々木からは「わっくん」と呼ばれている。


    これだから口うるさい男は好きになれない

    1 クラウン速報:2020/06/15(月) 07:39:41.65

    「あなた酷いですね。今の会話、録音していますから。嘘をついたら大変ですよ」

    そう低い声で電話越しの相手を“威嚇”したのは女優の佐々木希だ。

    テレビ復帰は絶望的…佐々木希を怒らせた不倫夫・渡部建の落とし前

    夫は「週刊文春」で複数女性との不倫疑惑が報じられ、大炎上中の「アンジャッシュ」渡部建。2人は‘17年に結婚し、翌年9月に第一子となる男児をもうけた。

    同誌によれば、渡部は佐々木と結婚前から不特定多数の女性と乱倫生活を送ってきたという。結婚、出産後もそれはおさまらず、六本木ヒルズ地下の多目的トイレに女性を呼びつけ、肉体関係を持っていたというのだから、道義的にもアウトと言わざるを得ない。

    渡部は不倫の事実を認め、芸能活動の無期限自粛を表明。テレビ、ラジオを含め8本のレギュラー番組を持つ売れっ子だが、それもすべて失う可能性が高い。

    「妻の佐々木さんと一緒にCMにも出ていて、夫婦円満のイメージが強かった。それだけに今回のスキャンダルは致命的。復帰は絶望的で、このまま芸能界からフェードアウトすることも考えられます」

    とはテレビ局関係者。そんななか、気になるのは冒頭の佐々木の発言だ。

    電話越しの相手は渡部と“関係”を持ち、文春の取材に応じたAさん。渡部は文春記者の直撃取材に取り乱し、現場から逃走。その後、Aさんら関係を結んだ相手に事実確認の電話をしていたというが、その際、渡部が妻に電話を代わる場面もあったという。

    「夫から電話を代わった佐々木さんは怒りを押し*ように、相手女性に事実関係を問い質したそうです。『幸せな家庭をめちゃくちゃにしやがって!』という気持ちもあったのかもしれません」(スポーツ紙記者)

    さて、ここでわかるのが、初期段階で渡部がどのようにスキャンダルを妻に報告していたか、だ。発売された文春を読む限り、渡部に対する情状酌量の余地は微塵もない。

    だが、電話越しに話す佐々木は夫よりも、相手女性に対し怒りをあらわにしている。これが一体何を意味するかと言えば……。

    「佐々木さんは当初は美人局を疑っていたようです。渡部さんは最初、『ハメられた』『ハニートラップだ』という主旨の話で報告したそうですから。その中にセクシー女優がいたことからも、渡部さんは『仕事の関係でいろいろあったと誤魔化せる』と思ったのでしょう。佐々木さんはひとまず夫の言い分を信じ、相手女性に訴訟をチラつかせて詰問したのです。

    しかし、実際はハメたわけでも何でもなく、渡部さんの行為がゲス過ぎて、恨みを買っていただけ。文春砲の中身がわかると、夫の説明と齟齬が生じ、佐々木さんは二度傷つくことになりました」(同・スポーツ紙記者)

    渡部は所属事務所を通じて、

    《今回の報道に関しましては、私の不徳の致すところであり、 家族を深く傷つけ、また、普段お世話になっている仕事関係の皆様、応援をしてくださる皆様に対し多大なご迷惑をおかけしたと大変猛省しております。 妻にも説明し、謝罪しました。 誠に申し訳ございませんでした》

    とコメント。「妻に説明し、謝罪しました」のくだりは、文春の中身を知り、観念したかのようにみえる。

    一部報道によれば、佐々木は深く傷つき、現実を受け入れられない状況という。他方で「女性セブン」(小学館)では「離婚も別居もしない」と報じられている。

    「佐々木さんの所属事務所には、不倫スキャンダルを起こした東出昌大さんの妻・杏さんがいる。杏さんも最初は『離婚はしない』という報道が先行したが、その後に潮目が変わり、現在は離婚が濃厚と言われる。佐々木さんも1歳半になる息子のことを思えば、心変わりがあってもおかしくはありません」(ワイドショー関係者)

    渡部の“自己保身”がすべて裏目に出てしまったようだ――。

    6/15(月) 7:02
    https://news.yahoo.co.jp/articles/03bd8d12353dae4f4926da4e29fc1d0b1b9ad357

    写真
    /im_siggGu1EH_EOHSWOidr7pBVF9g


    【【FRIDAY】佐々木希を二度傷つけたウソの“ハニートラップ”釈明!】の続きを読む

    img_0173d96ba1830596286da2d7f91f575b2348497

    佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラスに出店していたショップ「流行屋」の店員として勤務していたと


    二人でよく話し合って欲しいですね

    1 クラウン速報:2020/06/13(土) 17:05:57.60

    複数の女性との不倫問題で芸能活動を自粛している笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)の妻で
    女優の佐々木希(32)が12日、インスタグラムを更新し、謝罪した。
    騒動後、佐々木がコメントするのは初めて。夫の不倫が明らかになった10日から、わずか2日でのコメント発表となった。

    「夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います」。
    佐々木は、写真のない文字だけのインスタグラムに、渡部と時間をかけて向き合っていく決意をつづった。

     10日に渡部の不倫が報じられてからわずか2日での対応。関係者は「子供への配慮ではないか」と指摘した。
    インスタグラムにも過熱する報道に配慮を求める言葉が記され、1歳の長男を守るため、
    一日も早く静かな生活を取り戻したい意思の表れのようだ。

     佐々木は渡部が週刊文春の直撃を受けた6日深夜、複数の不倫相手の女性に渡部経由で電話をかけた。
    同誌には佐々木がその際に逆上し、裁判も匂わせたと報じられたが、
    知人によると「渡部さんが曖昧なことしか言わなかったので、事実関係を確認したかっただけ。

    結婚する前だったのか、後だったのか。事実を淡々と、冷静に確認していった」
    詳細をごまかそうとする渡部に不信感を抱いてとった行動だったようだ。

    それでも佐々木は関係者に「まだ彼のことが好き」と吐露したという。

    だが、11日に渡部の不倫を報じた同誌が発売され、
    不倫の状況が当事者の証言とともに生々しく明らかになると複雑な感情を抱き、周囲から励まされているという。

    現在も2人は都内のマンションに同居していることも判明。
    近隣住民によると「佐々木さんの親族の方が間に入り、サポートされているようです」と明かした。

    「私自身としては、今後もお仕事を続けさせていただければと思っておりますので、どうぞ宜(よろ)しくお願いいたします」と、
    プライベートでの騒動が、仕事に及ばないことを望んでいた。


    (出典 wezz-y.com)

    https://news.livedoor.com/article/detail/18409793/

    前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592030668/

    関連スレ
    「一人の女性として扱って欲しかった」渡部建を暴露しトータルで30回以上の関係を持った女、報酬は1回1万円
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591939298/
    村西とおる監督、渡部建に「せめて2万円だったらタレ込まれることもなかった」気配り不足を指摘
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591924198/
    武井壮、渡部の便所騒動に「相手の女性も被害者ですってんなわけない」「人との性行為を第三者に話す下劣な行為」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592020703/


    【【佐々木希】渡部の騒動でコメントを発表 「まだ彼のことが好き」と関係者に吐露】の続きを読む

    img_41b59063bb60d4e923ebbf2f7baac54c799511

    『偽装不倫』(ぎそうふりん)は、東村アキコによる日本のWeb漫画。2017年11月より「XOY」で連載していたが、2018年11月から「LINEマンガ」に移籍し、2019年9月28日まで連載された。 2019年7月期に日本テレビ系の「水曜ドラマ」でテレビドラマ化。


    その女性も気にはなりますが、佐々木希さんには政権がありますからね・・

    1 クラウン速報:2020/06/12(金) 18:06:36.31

    渡部さんが『週刊文春』の取材に対して、女性たちが語った内容を認めたことを考えれば、たしかに事前にレギュラー番組の全降板を決めたのも頷けます。
    日本一の美女ともいわれる女優の佐々木希さんを妻に持ち、1歳になる男の子がいる父親…少なくとも、テレビの視聴者の多くを占める主婦を中心とした女性たちから、“総スカン”を食らうことは目に見えています。

    では、肝心の妻である佐々木さんはどんな反応を示したのでしょうか。
    渡部さんは「妻にも説明し、謝罪した」と伝えられていますが、『週刊文春』の記事では、佐々木さんが「激怒」して「逆上」したともとれる内容が記されています。それは『週刊文春』が渡部さんに直撃取材した時の様子です。

    ――六本木ヒルズの身体障碍者用のトイレで女性と性行為を行っていたという話があります。

    「(早口になって)知りません。知りません」

    ――性行為でトイレをお使いになったことは?

    「知りません、はい」

    ――結婚後にも女性に1万円を渡して、そういう行為をしていた?

    「いや……」

    ここで絶句した渡部さんは虚空を眺めて、「ちょっと車を停めてきていいですか」と記者に伝えたまま、戻ってくることはありませんでした。

    その数時間後、渡部さんから不倫相手の女性たちに次々と電話が…。

    「今日、文春の人が来て色々言われたんだけど、俺らが最後に会った日にちは覚えてる?」そう、冷静な口調で渡部さんは「奥さんが隣にいるんだけど代わるね」と告げ、妻の佐々木さんが直接、電話口に出たそうです。

    「あなた酷いですね。今の会話、録音してますから。嘘をついたら大変ですよ。彼と最後に会ったのはいつ? …最後に彼と会ったのはいつなのか、そこはっきりして。私たちが結婚したのが17年だから。その前なんですか、後なんですか?」

    当然激怒し、逆上しているであろう妻の佐々木さんから、そう問い詰められ、裁判もちらつかせられ、女性は恐怖を覚えたといいます。

    「結婚後に何度も肉体関係を迫ってきたのは渡部さんのほうで、彼女から誘ったことは一度もない。それはLINEの履歴にもしっかり残っています」

    冒頭の女性の知人は『週刊文春』にそう語っています。

    ひょっとしたら、渡部さんも「結婚前の出来事」にしたかったのかもしれませんが、『週刊文春』が握っているであろう「証拠」が一つや二つとは思えません。
    頭の回転が速いであろう渡部さんであれば、この状況がすでに「詰んでいる」と、容易に想像できるでしょう。

    だからこそ、記事が出る前に、テレビ及びラジオ番組、全レギュラー番組降板という前代未聞の決断に及んだのかもしれません。

    ここまできたら、とことん落ちるところまで落ちて、本来の職業である「芸人」として、いつしか「笑い」の力に変えてもらいたいものです。(文◎編集部)

    全文はソースで
    2020年6月12日
    https://tablo.jp/archives/25270/3
    https://tablo.jp/archives/25270/4
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591947673/


    【【佐々木希】渡部建を文春に売った不倫相手に電話で問い詰める。裁判をチラつかせる】の続きを読む

    このページのトップヘ