クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    カテゴリ:エンタメ > マンガ

    ca4a3f3a

    スポーツ漫画スポーツまんが)は、日本における漫画の区分のひとつで、スポーツを題材にしているものを言う。 日本では球技と格闘技(武道を含む)が多く、特に野球とサッカーはさらにサブジャンルが存在する。またマインドスポーツや日本ではマイナーな競技の漫画も一定数存在する。


    スラムダンクは最高だったわ







    1 クラウン速報:2020/07/13(月) 17:09:31.19

    人気バレーボール漫画『ハイキュー!!』が、20日発売の連載誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)33号で完結(第402話)することが、発表された。
    以前からクライマックスの告知はされていたが「次号、ついに最終回!!」とお知らせされ、約8年半の歴史に幕を下ろす。
    20日発売号で新連載の告知がない場合、スポーツ漫画が『ジャンプ』から消えることになり、ネット上では「ジャンプからスポーツ漫画が消える」「ジャンプからスポーツ物がなくなるね」「ジャンプ、スポーツ漫画0になるのか…」など悲しむ声が出ている。

    『ジャンプ』では、『キャプテン翼』(サッカー)、『スラムダンク』(バスケ)、『テニスの王子様』(テニス)、『アイシールド21』(アメフト)など数多くのスポーツ漫画を連載してきた実績がある。
    サッカー選手の中田英寿、川口能活、フェルナンド・トーレス、アレッサンドロ・デル・ピエロなどは『キャプテン翼』の漫画やアニメが、サッカー人生に影響を与えたことや思い出をインタビューなどで語っている。

    『スラムダンク』も、手に汗握る試合の描写やバスケに青春を懸ける登場人物、主人公・桜木花道が試合の中で才能を急速に開花させていく姿などが、読者の共感を呼び、その影響からバスケを始める少年少女が続出し社会現象になったと言われている。

    漫画で取り上げられたスポーツが世に大きな影響を与えることは少なくない。
    バレーボールを題材にした『ハイキュー!!』も全日本バレーボール高等学校選手権大会、天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会のポスターに採用されるなど、公的な意味でも支持を受けている。
    今回の完結にネット上では「常に上を向くスポーツを教えてくれてありがとう」「ほぼ誇張なしの、そのまんまのバレーボールがそこにあったと思う。毎週楽しく読んでました」「僕が高校でバレーを始めた時だから、あれから8年半も経ったのか。バレーの楽しさを教えてくれたのは『ハイキュー!!』です」と、バレーボールという競技に出会わせてくれたことに感謝の声があがった。

    しかし『ハイキュー!!』が完結することにより、少年・少女へ“スポーツ”の夢を与えてきた『ジャンプ』において、20日発売の同誌にて新連載告知がなく、あった場合でもスポーツ漫画ではない場合、『ジャンプ』でスポーツ漫画がなくなる事態が起きる。
    スポーツ漫画を必ず掲載しなくてはいけない理由はないが、これに対してネット上では「もうスポーツ漫画がないのか…」「ジャンプのスポーツ漫画が全滅」「ジャンプのスポーツ漫画ついに途切れちゃうかー」などの声が出ている。

    ■ジャンプの代表的なスポーツ漫画(連載期間)
    『アストロ球団』(1972年~76年)
    『リングにかけろ』(76年~81年)
    『キャプテン翼』(81年~88年)
    『スラムダンク』(90年~96年)
    『キャプテン翼 ワールドユース編』(94年~97年)
    『ROOKIES』(98年~03年)
    『ライジング インパクト』(98年~2002年 ※未連載期間含む)
    『テニスの王子様』(99年~08年)
    『アイシールド21』(02年~09年)
    『黒子のバスケ』(09年~14年)
    『ハイキュー!!』(12年~20年)

    http://news.yahoo.co.jp/articles/d75af4c0bb00c441d594766e859becb539a2c11c

    『ハイキュー!!』が表紙を飾った『週刊少年ジャンプ』32号

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【漫画】かつては「キャプテン翼・スラムダンクなど」少年ジャンプからスポーツ漫画が消える】の続きを読む

    img_fcd7b1ea4f6c82b90cdd59e3265ca028100288

    少年向け - 『週刊少年ジャンプ』、『月刊少年ジャンプ』、『フレッシュジャンプ』、『Vジャンプ』、『ジャンプスクエア』など ファミコンジャンプ - 日本のゲーム作品。上記のうち、『週刊少年ジャンプ』のキャラクターが共演。『ファミコンジャンプ 英雄列伝』、および『ファミコンジャンプII 最強の7人』が発売された。


    鬼滅の刃本当に面白かったな

    1 クラウン速報:2020/06/15(月) 08:09:44.44

     人気漫画『約束のネバーランド』(略称:約ネバ)が、15日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)28号で最終回を迎え、約4年の連載に幕を下ろした。最近の同誌は、5月18日に『鬼滅の刃』、6月8日に『ゆらぎ荘の幽奈さん』が、ともに連載約4年で完結しており、アニメ化もされた人気作品の終了が、この1ヶ月で続いていることから、ネット上では「長期連載が立て続けに終了はちょっとジャンプが心配」「連載終了続きでジャンプ大丈夫?」などと心配する声があがっている。

     同号の『約ネバ』は、センターカラー27ページで掲載。最近のストーリーは最終章として、怒涛の展開を見せており、5月25日発売号(25号)から3週にわたって「次号、クライマックス」「完結間近」などと物語が近いうちに終わることを事前に示唆していた。

     2016年8月から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載がスタートした同作は、現在、コミックス累計発行部数2100万部を突破しており、『このマンガがすごい!2018 オトコ編1位』(宝島社)や『第63回小学館漫画賞』少年向け部門など、さまざまな賞を受賞。12月18日には浜辺美波主演で実写映画の公開、テレビアニメ第2期の放送が来年1月に控えており、海外実写ドラマ化も決まっているなど、人気や話題が続いている。

     また、最近の同誌では人気作品の連載終了が続いている。『鬼滅の刃』(連載期間:16年2月~20年5月)、『ゆらぎ荘の幽奈さん』(連載期間:16年2月~20年6月)が、『約ネバ』と同じく連載約4年で完結しており、この1ヶ月の間で、テレビアニメ化もされた人気作品である“連載4年組”が連載終了となった。

     そして今回、『約ネバ』の連載終了に「先週読んだ感じだと、もう少し続くと思っていたけど…」「続けようと思えば続けられそうなストーリーだけど…」「毎週楽しみに読んでいたので、ちょっと寂しいな」と惜しむ声が。それと同時に、この1ヶ月で最終回を迎えた作品が続いていることから「ジャンプ大丈夫か!?」「この連載終了の流れは、さすがにヤバイでしょ!」、「最近、週刊少年ジャンプの人気作品の完結が続き寂しく想います…」などと心配する声が出ている。

     また、『鬼滅の刃』、『ゆらぎ荘の幽奈さん』、『約ネバ』の連載がスタートした2016年は、テレビアニメ化もされた人気作品である『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『BLEACH』『トリコ』『ニセコイ』『暗殺教室』の連載が終了している。そのことから「それにしても鬼滅も幽奈さんも約ネバも同じ2016年に始まって同じ年に終わるとはね」「人気作品が立て続けに終わると、なんか感慨深いな」「2016年以来の人気作品終了ラッシュ」「立て続けに長期連載が終わるのってニセコイ、BLEACH、こち亀の時以来かなぁ」と連載の終了ラッシュに驚きの声もあがっている。

    6/15(月) 7:58 オリコン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1dd640f4d61650c179e2b275bd647eed1bffb088

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【ジャンプ】人気作の連載終了続き心配の声…「鬼滅の刃」「ゆらぎ荘の幽奈さん」1ヶ月で3作品…2016年並の終了ラッシュ】の続きを読む

    d22901-281-872900-0

    『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ、英: WEEKLY JUMP)は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名。 1968年7月11日に『少年ジャンプ


    最近暗いニュースばかりなので、たまには少年心をくすぐるこんな記事もどうぞ☺️懐かしい気持ちに戻れたら幸いです。

    1 クラウン速報:2020/06/09(火) 20:17:33.62

    少年漫画とは切っても切り離せない関係にあるのが必殺技だ。敵味方、主役脇役問わずバリエーション豊かな技の数々を、小学校の掃除の時間にホウキや傘を剣に見立てて真似した方も少なくないはず。そこで今回は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)が最高発行部数653万部を記録した1995年に購読世代だったと思われる30~40代の男性200人を対象に、「ジャンプ漫画の好きな必殺技」についてアンケートを実施した。(アンケートサイト「ボイスノート」協力)

    まず全体の6%の票を集め、第5位に選ばれたのは荒木飛呂彦氏の『ジョジョの奇妙な冒険』から、第3部のボス・DIOが使う「ザ・ワールド(世界)」。

    第3部『スターダストクルセイダース』以降の『ジョジョ』の主人公たちは「スタンド」と呼ばれる守護霊のような特殊能力を使役して戦う。「ザ・ワールド」は、当初は第3部のラスボス・DIOの持つスタンドとして登場。「数秒間、時間を止める」というシンプルながらも恐ろしい能力で、主人公・空条承太郎たちを窮地に陥れたが、追い詰められた承太郎の爆発的な精神力により、自身のスタンド「スタープラチナ(星の白金)」が「スタープラチナ・ザ・ワールド」に覚醒。以降は、承太郎も時を止める能力を身につけ、以降数々のピンチを救った。

    「時よ止まれ」と発した瞬間に時間が止まり、間髪入れずに敵にスタープラチナの連続パンチ(通称:オラオラのラッシュ)を叩きこむのが、代表的な使われ方。人命救助に使用したり攻撃をかわしたりと、応用力のある技でもある。

    続く第4位(6.5%)は、嶋田隆司氏と中井義則氏によるユニット・ゆでたまごによる『キン肉マン』に登場する、主人公・キン肉マンの必殺技「キン肉バスター」。

    相手をつかんだまま上空へ飛びあがり、相手を逆さにして両足を腕で、相手の頭部をクビと肩を利用して挟み込んで固定し、そのまま着地するというこの技。拘束力が弱いため、それを克服する派生技が作られたり、6本の腕を持つ敵アシュラマンに応用技「阿修羅バスター」を作られたりと、バリエーション豊かな技でもある。

    初登場は、『超人オリンピック ザ・ビッグファイト』の決勝戦での、ソ連代表のロボ超人・ウォーズマン戦。キン肉マンの師匠であるプリンス・カメハメの“48の必殺技のひとつ”として登場した。以降は、続編『キン肉マンII世』でキン肉マンの息子・キン肉万太郎も継承していたりと、まさにキン肉マンを象徴する必殺技となっている。

    ちなみに、今回のアンケートでは『キン肉マン』に登場する「キン肉ドライバー」や「パロスペシャル」といった技へも票が集まった。「パロスペシャル」は、ウォーズマンによる相手の背後から両足を内側から引っかけて両手を上へ絞り上げる強烈な関節技で、作中に登場するのは実際に存在するジャッキーパロ考案の「パロスペシャル」とは体の向きが反対となる“リバース”バージョン。新日本プロレスの柴田勝頼は、2014年10月の両国国技館大会で中邑真輔を相手に『キン肉マン』のパロスペシャルを初披露。後に雑誌『BIG FIGHT』(スコラマガジン)での対談で、嶋田氏から「技のかけ方が理にかなってる」と“作者公認”を得ていた。実際のレスラーも真似したくなる必殺技のリアルなカッコよさこそが、『キン肉マン』の人気の理由なのだろう。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/ふたまん
    https://futabanet.jp/articles/-/81277?page=1

    ベスト10

    (出典 futabanet.ismcdn.jp)


    前スレ(★1の立った時間 2020/06/09(火) 18:10:51.22)
    【マンガ】かめはめ波にキン肉バスターに天翔龍閃!ジャンプ黄金期世代読者に聞いた「好きな必殺技」BEST5 [あずささん★]
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1591693851/


    【【マンガ】「かめはめ波・キン肉バスター・天翔龍閃!」ジャンプ黄金期世代読者に聞いた「好きな必殺技」BEST5★】の続きを読む


    001_size6-2


    鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載された。大正時代を舞台に、主人公が家族を殺した「」と呼ばれる敵やと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。略称は『鬼滅』。



    1 クラウン速報:2020/05/18(月) 01:15:59.80

    <鬼滅の刃>人気絶頂でも完結 4年3カ月の連載に幕

     吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」が、5月18日発売の連載誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)24号に掲載された第205話で完結し、約4年3カ月の連載に幕を下ろした。コミックス最新20巻の特装版を含む初版の発行部数は約280万部で、電子版を含むコミックスのシリーズ累計発行部数が6000万部を突破するなど人気絶頂の中ではあるが、最終回を迎えた。

     「鬼滅の刃」は、家族を鬼に*れた竈門炭治郎が、凶暴な鬼に変異した妹を元に戻し、家族を*た鬼を討つために旅立つ……というストーリー。2016年2月に「週刊少年ジャンプ」で連載が始まった。

    ※続きはソースからご覧ください

    「鬼滅の刃」が最終回を迎えた「週刊少年ジャンプ」24号


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200517-00000016-mantan-ent
    5/18(月) 0:00配信MANTANWEB

    ↓前スレ(1の立った時間 2020/05/18(月) 00:06:44.57)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1589728004/

    関連スレ
    【漫画】『鬼滅の刃』最終回 今後は人気キャラ、炎柱・煉獄杏寿郎の新たな物語を描くスピンオフ短編『煉獄外伝』掲載発表  [muffin★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1589728806/


    【【鬼滅の刃】人気絶頂でも完結 4年3カ月の連載に幕】の続きを読む


    鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号より連載中。大正時代を舞台に、主人公が家族を殺した「」と呼ばれる敵やと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。略称は『鬼滅』。
    296キロバイト (47,569 語) - 2020年5月6日 (水) 18:28



    1 muffin ★ :2020/05/07(木) 00:58:43.63

    https://www.oricon.co.jp/news/2161532/full/
    2020-05-07

    人気漫画『鬼滅の刃』(集英社)が、13日発売のコミックス第20巻をもってシリーズ累計発行部数が6000万部(電子版含む)を突破することが7日、発表された。初版は280万部。シリーズ累計は今年2月時点で4000万部、昨年5月時点で500万部だったため、3ヶ月で1.5倍、1年で12倍と驚異的なペースで売り伸ばしており、勢いが止まらない。

    2016年2月より『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした同作(作者:吾峠呼世晴)は、昨年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、今年は1月に舞台公演したほか、10月16日に続編となる劇場版の公開が控えている人気作。コミックス1巻は16年6月に発売され、18年6月にテレビアニメ化されることが発表された際の累計発行部数は11巻までで250万部を超えるくらいだったが、アニメ放送の影響で大きく人気に火が付いた。

    最近のシリーズ累計発行部数は、テレビアニメが放送された昨年4月6日時点で350万部(※3日後に発売された15巻で500万部、5月時点も500万部)、終了した9月末時点で1200万部と公表されており、12月4日に発売された18巻は、ヒットの指標と言える初版発行部数がシリーズ初の100万部となって2500万部を突破。約2ヶ月(9月末から12月上旬)で2倍以上の発行部数を記録したが、その2ヶ月後に発売された19巻では4000万部を突破し、驚異的なペースで売り伸ばしていた。

    そして今回、初版280万部とシリーズ初となる初版200万部を突破し、累計が6000万部と2000万部増加。この3ヶ月で1.5倍、1年で12倍と勢いが止まらない結果になった。

    ■『鬼滅の刃』最近の累計発行部数の流れ(集英社発表)
    19年4月6日:350万部(テレビアニメ放送時)※4月9日発売巻で500万部
    19年9月末:1200万部(テレビアニメ終了時)
    19年12月4日:2500万部
    20年2月4日:4000万部
    20年5月13日:6000万部


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【漫画】『鬼滅の刃』累計6000万部突破 1年で12倍 最新20巻は初版280万部】の続きを読む

    このページのトップヘ