クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    カテゴリ:芸能 > 女性タレント

    01164

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本の元タレント、元ファッションモデルである。期間限定ユニットPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクションに所属していたが、2020年7月6日を以って芸能界を引退した。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。


    切ないな・・・






    1 クラウン速報:2020/07/12(日) 14:09:58.50

    指原莉乃、木下優樹菜引退で衝撃発言 松本人志も「どえらいもの投下」と驚き

    12日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、6日に芸能界引退を発表した木下優樹菜の騒動が、大きく話題に。ゲストコメン
    テーターとして招かれた指原莉乃の持論に、注目が集まっている。

    ■「芸能界って恐ろしい」

    タピオカ騒動を受け「芸能界ってめっちゃ恐ろしい」と感じたという指原。その真意について、語り始める。

    「芸能界って運とかでバーって売れることがある」「昔ヤンチャしてましたって人とか、一般常識ないですよって人とか(が面白がられ
    たりする)」と話し、そのようにして持ち上げられていくことによって、感覚が麻痺していくことを示唆。

    最終的には一般社会との感覚のズレが生まれていくとし、「普通の社会の人と交わったらこんなことになってしまう(のか)」と驚いた
    という。

    関連記事:指原莉乃が語る“時期はずれ”の症状 「自分もなってる」と共感相次ぐ
    ■「憧れカップル」に疑問

    さらに藤本敏史と婚姻関係にあった時代に「憧れカップル」とされていたことを挙げ、「誰か本当に憧れてたんですかね」とスタジオに
    問いかける指原。この発言に松本人志も「最後にど偉いもの投下するの止めて」とツッコミ。

    笑いながらも指原は「メディアが持ち上げてるんじゃないかなって思うんですよ」と続ける。MCから「指原さんは一度も憧れたことはな
    いんですか?」と問われると、「芸能人としては憧れる」としながらも、「(夫婦としては)ない」ときっぱり。

    「メディアが持ち上げるからこんなことになっちゃう。気持ちが偉くなっちゃって」と持論を展開した。

    ■「すごいぶっちゃけ」

    松本も「ど偉い」と評した指原の衝撃発言に、視聴者からも「さっしーがすごいぶっちゃけてる」「そこに切り込むのはさすが」と驚き
    の声が。

    また指原と同様に、「あれは本当にメディア側が作り出したイメージだと思う」「正直、憧れってほどではなかったな…」といったコメ
    ントも見られた。

    ■憧れの芸能人夫婦はいる?

    かつては藤本とのツーショットをSNSなどにアップし、「仲良し」「理想の夫婦」といったコメントで溢れかえっていたコメント欄。こう
    したことから素直に憧れていた人は一定数いると思われるが、一方で「作られた印象」という側面もあるのかもしれない。

    では、そもそも「芸能人夫婦に憧れている人」というのはどれほどいるのだろうか。しらべぇ編集部が、全国10?60代の男女1,721名を対
    象に調査を実施したところ、その該当者は14.7%となった。
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0712/srb_200712_5504122532.html

    指原莉乃(27)

    (出典 imgur.com)


    【【指原莉乃】 「木下優樹菜夫妻に本当に誰か憧れてたんですか?」】の続きを読む

    3JnLSnNkHb4f8ak7sY3byo2TwcTFGVITVthwAWgv4Oc

    姦通 (不倫からのリダイレクト)
    姦通(かんつう)とは、社会的・道徳的に容認されない不貞行為・性交渉のことである。婚外性交渉とも。本来は、不倫・不義密通も同じ意味であるが、現代日本語では、既婚者が配偶者以外の者と性交渉を持つ行為を主に不倫と呼ぶようになった。 社会的に承認される性行為は通常、婚姻によるものであるが、世界の地域・時代によっ


    不倫不倫大変な一年だね

    1 クラウン速報:2020/07/08(水) 16:35:07.81


    「木下さんの復帰に向けて、事務所はかなり骨を折ったようです。ところが、活動再開宣言後に、あるメディアから、2人の男性との交際について問い合わせがあったそうです。男性はアスリートとミュージシャンで共に妻子ある身。不倫関係を問われた木下さんは、言いたいこともあったようですが、最終的には“もう辞めたい”と逆ギレしたとか。引退したらマスコミによる追及の声を黙らせることができるとも思ったのでしょう。

    事務所は守り切れないとさじを投げたんです。活動再開について関係各所に頭を下げていた事務所が、一転、信頼関係を維持できないと激怒する文書を発表しているんですから相当な怒りです」(芸能関係者)

    タピオカ騒動の当事者である姉は、妹の突然の引退を、どう受け止めているのだろうか。本誌・女性セブンが直撃すると「え!? そうなんですか?」と、木下とそっくりの声と口調で返してきた。しかし、その後は何を聞いても「わからない」の一点張り。

    木下は500万フォロワーもいたインスタグラムのアカウントを引退発表後、即削除した。“タピオカ騒動”に“縦読み不倫騒動”、そのすべての主戦場であり、かつての晴れ舞台であるインスタグラムで真相が語られることはついになかった。



    【【木下優樹菜】引退の裏に2人の男性との同時不倫か】の続きを読む

    EA5dLHEUcAACHTm

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本の元タレント、元ファッションモデルである。期間限定ユニットPaboおよびアラジンの元メンバー。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクションに所属していたが、2020年7月6日を以って芸能界を引退した。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。


    何があったんだ

    1 クラウン速報:2020/07/06(月) 16:34:52.67

    木下優樹菜(32)が芸能界引退

    「新たなリスク、事務所は守り切れない」

    7月1日付けで芸能活動再開を発表したタレントの木下優樹菜(32)が、芸能界を引退することが関係者への取材でわかった。


    木下は、実姉がアルバイトとして働いたタピオカ店の店長の妻に対して、SNSで“恫喝メッセージ”を送っていたことが発覚し、ネットを中心に大炎上。
    2019年11月18日には芸能活動自粛を発表した。

    「自粛期間中である2019年12月には、元夫であるFUJIWARAの藤本敏史(49)との離婚を発表。木下さんと藤本さんが同じマンション内の別階に住んでいることから“偽装離婚”ではないかと噂されていました。
    しかし7月4日、藤本自身が『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)で疑惑を否定している」(芸能記者)


    謹慎中も話題に事欠かなかったが、2019年7月1日付けで木下は芸能活動再開を所属事務所の公式サイトで発表。
    木下のコメントとして「芸能活動自粛中、沢山のご意見をいただき色んな事を考え、自分自身を見つめ直し反省する日々を過ごしてきました。今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたいと思っています」と綴られていた。


    事務所関係者が語る。

    「事務所と木下は復帰にあたっても話し合いを続けてきたが、復帰発表の後の各方面の批判的なリアクションが大きく、ふたたび話し合う中で、事務所の関知していなかった新たな問題も浮かび上がってきたようです。
    事務所としては『これ以上のリスクを抱えることはできない。何かあったときに守り切れない』ということで、本人としても今後の子供に対しての影響も心配だったという。事務所と本人が再度話し合い、引退を決めたといいます」



    (追記)事務所公式サイトでも6日16時過ぎにこう発表した。

    《弊社所属・木下優樹菜は7月1日に活動再開を発表いたしましたが、今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました。
    木下優樹菜とは14年間の長きに渡り苦楽を共にしてまいりましたが、このような結果になりまして、当社として誠に不本意であり、マネジメント会社としての責任を痛感しております。》




    【【文春】木下優樹菜の引退 事務所も関知していなかった新たな問題… 事務所関係者「新たなリスク、事務所は守り切れない」】の続きを読む

    i=

    1 クラウン速報:2020/07/06(月) 16:24:06.72

    2020-07-06 16:04
     7月1日に活動を再開したタレントの木下優樹菜(32)が6日、所属事務所・プラチナムプロダクションを通じて、芸能界引退を発表した。


     サイトでは「弊社所属・木下優樹菜は7月1日に活動再開を発表いたしましたが、今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました」と報告。

     「木下優樹菜とは14年間の長きに渡り苦楽を共にしてまいりましたが、このような結果になりまして、当社として誠に不本意であり、マネジメント会社としての責任を痛感しております」と伝え「長年にわたり、木下優樹菜を応援していていただいたファンの皆様、関係者の皆様には、このようなご報告となってしまい大変申し訳ございません。どうかご理解いただければと存じます」と呼びかけた。

    https://www.oricon.co.jp/news/2166276/amp/?utm_source=Twitter&utm_medium=social&ref_cd=tw&__twitter_impression=true

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1594019332/


    【【速報】木下優樹菜が芸能界引退を発表】の続きを読む

    kaminuma_emiko_1_line_Tw

    上沼 恵美子(かみぬま えみこ、1955年〈昭和30年〉4月13日 - )は日本の歌手、司会者、元漫才師である。 兵庫県三原郡南淡町(現:南あわじ市福良乙)出身。上沼事務所所属。帝国女子高等学校大和田校(現:大阪国際大和田高等学校)中退。 主に在阪準キー局の番組に出演している。1990年代後半辺り


    アホやこいつ

    1 クラウン速報:2020/07/04(土) 07:03:57.36

     関西の女帝の異名を取るタレントの上沼恵美子(65)が6月の番組収録で「キングコング」梶原雄太(39)を約20分にわたって罵倒し、降板に追い込む事態に発展。周囲のスタッフからは今後の“暴走”を心配する声が上がっている。

     上沼は関西で冠番組を多数持ち、主に可愛がっているタレントで周りを固めてきた。その中で突如、目をかけてきた梶原を集中攻撃。6月中旬に収録が行われた関西テレビ「快傑えみちゃんねる」の一部がお蔵入りとなった。

     スポニチ本紙では、その詳細な状況を確認。上沼は梶原に「何度もおごってきたのに義理を欠いている」と詰め寄り、1人10万円の高級料亭に招待するよう求めた。梶原が渋ると「あんた東京へ、はよ帰りや」などと激しい言葉を掛け続けた。「あなた、途中から入ってきた子やんか。この番組に最初からブッキングされた司会者ちゃうやんか」と吐き捨てる場面もあった。

     他の共演者も口を挟むことができず困った表情を浮かべるばかり。スタッフは「公開処刑のようでした。たまに笑いは挟むものの梶原さんは収録中、顔が引きつっていた。女帝にあれだけ言われたら精神的にかなりきつい」と証言した。

     関係者によると、この出来事を機に、梶原は自ら同番組と、隔週レギュラーを務めるABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」の降板を申し入れたという。すると6月29日の「…こころ晴天」で、上沼は梶原の降板を本人不在の場でいきなり発表。その理由を「東京から行ったり来たりがしんどいということで」と説明した。

     別のスタッフによると、「梶原は“そんな理由ではない。事実ではないので修正したい”とすぐに周囲に相談したそうです」。その後、梶原はSNSに上沼の発言を否定する書き込みをした。

     実はこの騒動「快傑…」の構成作家を務める上沼の次男が、上沼に「梶原はYouTubeでもうかって番組を適当にやっている。本気で向き合ってない」などと進言したことが引き金だったとみられる。別のスタッフは「次男は、上沼さんが梶原さんを可愛がるあまり嫉妬もあってそんな行動に出てしまったのでは」と指摘した。

     上沼は自らを番組で「コロナ鬱(うつ)」と表現。関係者は「上沼さんは笑いを大きくするため、あえて毒舌を吐いたりする。今回は、それがよくない形で出た。現在は精神状態も不安定。いつ矛先が向かうかと在阪各局も戦々恐々としている。次の被害者が出なければいいのですが…」。レギュラーを持つ各局は“暴発”を防ぐため情報共有を行う事態に陥っている。女帝の怒りが早急に収まることを願うばかりだ。

     ▽「快傑…」収録の詳細 「ごちそうになるときの作法」についてのトーク中、上沼が突如梶原に「一度私にごちそうすべき」などと厳しい表情で話し掛けた。高級料亭に20人のスタッフを招待し、200万円分をおごれと迫る場面も。梶原が承諾しても「あなたとは食事しない。嫌いやから」と突き放した。終盤はYouTubeで稼いだ梶原の態度が変わったと主張し「本気で怒ってる。イラついてんねん、君に!」と声を荒らげた。

    2020年07月04日 05:30
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/04/kiji/20200703s00041000460000c.html


    【【テレビ】上沼恵美子“暴走” キンコン梶原を集中口撃 降板に追い込む】の続きを読む

    2cef5777dffa68c6454ad559a1a0f226_1

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のタレント、ファッションモデルである。期間限定ユニットPaboおよびアラジンの元メンバー。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。 中華料理屋を営む家に、3人姉妹の三女として生まれた。


    できるんだああ

    1 クラウン速報:2020/07/01(水) 16:57:22.96


    木下優樹菜、芸能活動再開を発表 謝罪とファンに感謝「私らしく頑張っていきたい」【コメント全文】
    7/1(水) 16:00
    オリコン

     昨年11月18日に芸能活動自粛を発表していたタレントの木下優樹菜(32)が1日、所属事務所・プラチナムプロダクションを通じて活動を再開することを発表した。

     所属事務所は書面を通じて「木下優樹菜は、昨年11月18日付けで一切の芸能活動を自粛しておりましたが、本日7月1日をもって、芸能活動を再開させていただくこととなりました」と報告。「改めまして、多大なるご迷惑をおかけしたお相手の方、全ての関係者の皆様、そしてファンの皆様に対し、所属事務所として深くお詫び申し上げます」と、改めて謝罪。

     木下については「一般の方に対し極めて不適切かつ失礼な言動をしてしまったことを心より反省しております」と伝え「弊社も、木下優樹菜と協議を重ね、同人に対し、社会人として、そしてタレントとして常に自覚をもった行動を行い、絶対に周囲の方にご迷惑をおかけすることのないよう、再三にわたり厳しく指導して参りました」と、再開に至るまでの経緯をつづった。

     続けて「木下優樹菜とも、復帰について厳しいご意見があることは真摯に受け止めており、一度失った信頼を回復することが容易ではないことも重々承知しておりますが、今後二度とこのような事態を起こさないことはもちろんのこと、失われた信頼の回復のため、全力で努力して参りますので、どうかご理解をいただけますと幸甚です」とした。

     また、木下もコメントを発表。「この度は社会人として芸能人として私自身の自覚や配慮が足りず、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をお掛けしてしまい大変申し訳ございませんでした」と改めて謝罪。

     「不快な気持ちにさせてしまった皆様、本当にすみませんでした。芸能活動自粛中、沢山のご意見をいただき色んな事を考え、自分自身を見つめ直し反省する日々を過ごしてきました」と記し「今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたいと思っています」と決意を新たにしている。

     木下においては、昨年、実姉が勤務していたタピオカ店の経営者に対し、脅しまがいのダイレクトメッセージを送っていたことが判明し、ネットを中心に炎上。同年10月9日にはインスタグラムを通じて謝罪していたが、11月18日に事務所を通じて「自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました」と発表した。

    以下ソース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4d5a59b2c021490563a863a2ee0b918c023308ba


    【【芸能】木下優樹菜さん 芸能活動再開】の続きを読む

    このページのトップヘ