クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    カテゴリ:【ニュース】 > スポーツ情報

    20200224-OYT1I50040-1

    まっては、その本質を損なうとの反論もある。柏時代を築いた第47代横綱・柏戸剛などは、横綱昇進前3場所で優勝が1回もない33勝12敗の成績で、大関推挙の目安としてもギリギリとされるラインの勝ち星に留まっていたにも係わらずに横綱昇進を果たした。


    白鵬もそろそろ引退かも・・
     



    1 クラウン速報:2020/07/31(金) 10:52:51.11


    大相撲の横綱 白鵬が右ひざを痛めて7月場所13日目の31日から休場することになり、今場所は2日目から鶴竜も休場していて横綱不在となった。

    今年
    3月の春場所で44回目の優勝を果たした白鵬は、今場所は安定感のある相撲を見せて10日目までただ1人全勝で、優勝争いの単独トップに立っていた。しかし、11日目に小結 大栄翔に敗れ今場所初黒星を喫し、30日の12日目には関脇、御嶽海に敗れて2連敗となった。この取組のあと白鵬は、足を気にするようなしぐさを何度も見せて、花道を引きあげていった。

    白鵬の休場は、今年1月の初場所以来15回目で、31日に対戦する予定だった関脇 正代は不戦勝となります。今場所は鶴竜も2日目から休場していて、横綱不在の場所となりました。

    img_5a6d795365ede.png


    7月場所 横綱・白鵬がきょうから休場 横綱不在の場所に
    https://www3.nhk.or.jp/news/?utm_int=all_header_logo_news



    【【相撲】横綱・白鵬が今日から休場、横綱不在の7月場所に】の続きを読む

    6d1713c1ec1e4f4a89bbe2f8cf0e87e8

    məˈʎɔɾkə])は、スペイン・バレアレス諸島州パルマ・デ・マヨルカに本拠地を置くサッカークラブ。バレアレス諸島に本拠地を置くサッカークラブの中でもっとも歴史が古い。ラ・リーガ・プリメーラ・ディビシオンに所属。RCDマジョルカと表記されることもある。 その歴史はバレアレス諸島のサッカークラブで


    久保選手すごいな!!

    1 クラウン速報:2020/07/10(金) 06:42:20.39

    【マジョルカ 2-0 レバンテ リーガエスパニョーラ第35節】

     リーガエスパニョーラ第35節のマジョルカ対レバンテが現地時間9日に行われた。試合は2-0でホームのマジョルカが勝利した。マジョルカの久保建英は先発出場し、今季4点目を記録している。

     18位マジョルカは、残留のために勝たなければいけない状況が続く。久保はこの日ももちろん先発。マジョルカはホームで勝ち点3を目指す。

     マジョルカは開始早々の2分、久保が右サイドから左足でクロスを入れる。クチョ・エルナンデスの頭にピタリと合うが、シュートは枠の上に外れた。得点には至らなかったが、良い入り方を見せる。

     29分には久保が自らゴールを狙う。ペナルティーエリア右手前から左足を鋭く振り抜いた。シュートは枠内に飛んだが、GKにセーブされる。

     マジョルカは40分に先制点。右サイドのポソにボールが入ると、久保はエリア右のスペースに顔を出す。ポソのクロスは久保を越えてファー再度へ。クチョ・エルナンデスがヘディングで合わせて1-0となった。

     後半は1点差が続くが、終盤に久保が大きな仕事をする。84分、敵陣最前線でボールを持った久保は、味方の上がりをうかがいながら、ボールをキープ。自ら勝負することを選んで縦に運んで右足でシュートを放つと、これはGKがワンハンドでセーブ。こぼれたボールをマジョルカが拾うと、サルバ・セビージャが放ったシュートはGKに弾かれたが、こぼれ球を久保が左足で押し込み、マジョルカのリードは2点に広がった。

     勝利に大きく近づいて安堵するマジョルカ陣営は歓喜。久保はベンチにかけつけてお辞儀パフォーマンスをみせ、仲間と大きなゴールを喜んだ。

     久保の3月7日エイバル戦以来となる今季4得点が決まり、マジョルカは2-0で勝利。残留に望みをつなぐ、貴重な勝ち点3を手にした。

    【得点者】
    40分 1-0 クチョ・エルナンデス(マジョルカ)
    84分 2-0 久保建英(マジョルカ)

    maxresdefault-23



    【【サッカー】久保建英が今季4点目! マジョルカ、残留に望みつなぐ貴重な勝ち点】の続きを読む

    20200703-00819438-fullcount-000-1-view

    田中 将大(たなか まさひろ、1988年11月1日 - )は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのニューヨーク・ヤンキース所属。 2014年からはMLB移籍に伴い活動拠点を北米に移し、現地の代理人はエクセル・スポーツ・マネージメント社となっている。


    後遺症が残らないことを願います

    1 クラウン速報:2020/07/05(日) 06:17:25.86

    2020年07月05日 05:17野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/07/05/kiji/20200705s00001007174000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     ヤンキースの田中将大投手(31)は4日(日本時間5日)、ニューヨークのヤンキースタジアムで実戦形式の打撃練習に登板中、本塁打王2回のジャンカルロ・スタントン外野手(30)が打ったライナーが右側頭部付近に直撃、マウンド上に倒れた。

     しばらく倒れたままだったが、その後立ち上がると、トレーナー2人に付き添われながら歩き、一塁側ベンチに下がった。

    20200705-07050047-sph-000-2-view
    20200705-00821634-fullcount-000-17-view
     

    【【動画あり】ヤンキース田中将大 頭部付近に打球直撃 マウンドで倒れる】の続きを読む

    gw

    サッカーの国際大会一覧 女子サッカーの国際大会一覧 日本のサッカー大会一覧 世界のサッカーサッカーリーグの一覧) 国際サッカー連盟(FIFA) アジアサッカー連盟(AFC) アフリカサッカー連盟(CAF) 北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF) 南米サッカー連盟(CONMEBOL)


    頑張ってください

    1 クラウン速報:2020/07/04(土) 08:28:07.15

    【アトレティコ・マドリード 3-0 マジョルカ リーガ・エスパニョーラ第34節】

     リーガ・エスパニョーラ第34節、アトレティコ・マドリード対マジョルカが現地時間3日に行われた。試合はアウェイのマジョルカが0-3の敗戦を喫した。

     マジョルカに所属する日本代表MF久保建英はこの日も先発に名を連ね、10試合連続の先発出場となった。得点こそなかったものの、得意のドリブル突破でサンチェスやコケを交わすなど好プレーを連発した。

     先制したのはアトレティコ。25分、ペナルティエリア右で受けたモラタがセドラルに後ろから倒され、PKを獲得。モラタ自らがPKキッカーを務めるも、レイナがビッグセーブ。最後はセドラルがクリアし、難を逃れた。しかし、VARの介入でPKはやり直し。今度はモラタがきっちり決め、アトレティコが先制に成功した。

     1点ビハインドのマジョルカは久保にボールを集める。42分、久保は右サイドでボールを受けると、サンチェスとコケの二人を交わし、右サイドを突破。中央にパスを供給したが、ヒメネスが最後クリア。右CKを獲得するも、得点には繋がらなかった。

     前半AT、フェリックスのミスでボールを奪われたアトレティコだったが、ペナルティエリア内でボールを奪い返し、最後はジョレンテのグラウンダーのクロスにモラタがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。

     後半に入ると、アトレティコのロディ投入により、守備に回る時間が多くなり久保は中々自由にプレーさせてもらえない。すると79分、飲水タイム直後にコケが右足で決め、アトレティコがリードを3点に広げた。

     試合はこのまま終了し、マジョルカは0-3の敗戦を喫した。敗れたマジョルカは連勝を逃した。

    【得点者】
    29分 1-0 モラタ(アトレティコ・マドリード)
    45+4分 2-0 モラタ(アトレティコ・マドリード)
    79分 3-0 コケ(アトレティコ・マドリード) 


    https://news.yahoo.co.jp/articles/c9b6b5434d777558b86cf27e25d90ecec20ef83d


    【【サッカー】久保建英、アトレティコ相手に好プレー連発。マジョルカは0-3敗戦で連勝ならず】の続きを読む

    13-14-CHAMPIONS_VARANE_RM_AT-MADRID__HES5591Thumb

    レアル・マドリード・カスティージャ(Real Madrid Castilla Club de Fútbol)は、レアル・マドリードのリザーブチームである。スペインサッカーリーグ、セグンダ・ディビシオンB(3部相当)に所属している。 レアル・マドリードの下部組織(カンテラ)の選手達が所属している。


    すげぇええええええ

    1 クラウン速報:2020/06/27(土) 09:11:27.59

    6/27(土) 7:23
    SOCCER DIGEST Web
    久保復帰の障害となるのは?

    「久保建英とハメスを入れ替えたい」ジダン監督の意向をスペイン・メディアが報じる!「驚異的なペースで成長」

     ピッチでの活躍とともに現地メディアを賑わしているのが、久保建英の去就だ。レアル・マドリーからマジョルカにレンタル中の19歳は、ラ・リーガ1年目ながら、ここまで28試合に出場して3ゴール・2アシスト。降格圏の18位に沈むチームで、明らかに違いを作り出している。


     現地時間6月24日に開催されたラ・リーガ第31節のマドリー戦でも、“保有元”を相手に“3人抜き”を披露するなど、特大のインパクトを残した。

     こうした活躍を受けて、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、「クボとハメスを“交換”できるのを喜んでいる」という見出しの記事を掲載したのが、地元メディアの『Defensa Central』だ。

     記事によれば、このフランス人指揮官とコロンビア代表MFの関係は破綻しており、今夏に袂を分かつのは確実。ジダンが21日のレアル・ソシエダ戦でラ・リーガでは約8か月ぶりにチャンスをハメスに与えたものの、そのパフォーマンスに満足できず、放出は決定的になったと綴っている。
     
     そして、そのハメスの抜けた場所に久保を組み込むというアイデアに「ジダンは賛成票を投じた」という。同メディアはこの“日本の至宝”について、「驚異的なペースでパフォーマンスが向上している」と称えている。

     ただ、それには問題があるとも指摘。「EU圏外枠」だ。ラ・リーガで登録できる「EU圏外選手」は3人だけだが、記事によると、現在登録されているディエゴ・ミリトン、ヴィニシウス・ジュニオール、そしてロドリゴのセレソン3人衆は、いずれも来季のジダンの構想に入っており(Bチームにはブラジルの逸材レイニエールもいる)、久保がその枠に入るには、ヴィニシウスがスペイン国籍を取得するしかないようだ。

     このブラジル代表FWは、次の冬にもEUパスポートを取得するとも言われている。いずれにしても、マドリーの中で久保の評価が上がっているという事実は間違いないだろう。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7340dde1595dcd38f1bc7282f4d68b9b931c2b30

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー】「久保建英とハメスを入れ替えたい」ジダン監督の意向をスペイン・メディアが報じる!】の続きを読む

    img_e99dd4cb9b46d10d866e1e517efe8a50410022

    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。プリメーラ・ディビシオン・RCDマヨルカ所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 2004年3歳の時、父もコーチとして参加していた東京都稲城市の坂浜サッカークラブでサッカーを始める。


    がんばれ久保選手!!

    1 クラウン速報:2020/06/25(木) 06:56:23.52

    リーガ・エスパニョーラ第31節が24日に行われ、MF久保建英が所属するマジョルカはアウェイでレアル・マドリードと対戦。レアル・マドリードからレンタル移籍中の久保は再開後4試合連続のスタメンとなった。

     立ち上がりから押し込んだレアル・マドリードはマジョルカGKマノロ・レイナにセーブを強いていく。19分にはダニエル・カルバハルのボール奪取から、ルカ・モドリッチへとつなぎ、スルーパスに抜け出したヴィニシウス・ジュニオールが決めて先制する。

     マジョルカも久保の動きから散発的ながらゴールを目指したが、後半に入っての56分にゴール正面からFKをセルヒオ・ラモスが鮮やかに直接決めて、レアル・マドリードが点差を広げた。62分に久保はトニ・クロースを反転からはがすと、ペナルティエリア内でセルヒオ・ラモスとフェルランド・メンディの間をダブルタッチで強引に突破して右足を振ったが、わずかにニアサイドに外れた。

     久保が奮闘する形のマジョルカは82分に、リーガデビューとなる15歳のU-17アルゼンチン代表MFルカ・ロメロを投入するなどしたが、スコアは動かず。レアル・マドリードが2-0で勝利した。久保はフル出場している。

     暫定ながらバルセロナに首位を明け渡していたレアル・マドリードは、首位に返り咲いた。次節は28日にアウェイでエスパニョールと対戦。マジョルカは27日にホームでアスレティック・ビルバオと対戦する。

    【スコア】
    レアル・マドリード 2-0 マジョルカ

    【得点者】
    1-0 19分 ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)
    2-0 56分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/47f3df939b4caf6743fa564e278c71328bfdf33b


    【【サッカー】久保建英が所属元相手に鮮やかプレー見せるも…レアル2発で勝利で首位返り咲き】の続きを読む

    このページのトップヘ