クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    カテゴリ: 【定期更新】

    02_img_01

    監査法人 公認会計士・監査審査会 日本公認会計士協会 米国公認会計士(CPA) 英国勅許会計士(ACA) 英国勅許公認会計士(ACCA) 公認会計士 (日本)(JPCPA) 公認会計士試験 公認会計士制度 金融庁 日本の法律・会計に関する資格一覧 国際会計士連盟(IFAC) アジア太平洋会計士連盟(CAPA)


    管理人も興味あり!!!



     

    1 クラウン速報


    頼む、、、おまいら教えてくれ!!!!


    【【資格】理系資格で税理士・公認会計士に並ぶものって何?】の続きを読む

    S1554698484694_1

    ら指導する。指導者の指名については該当者の業務実績以上に指導力を考慮する必要があり、特に指導力は新入社員のその後の運命すら左右する可能性がある。


    社会人として寝坊を肯定したらいかんだろ・・・
     




    【【炎上】新入社員女性が書いた漫画が話題にwwwwwwwwwww】の続きを読む

    137248_01

    曲の「どこか未完成でまだまだ上達する余地のある少年」というイメージにぴったりだったからと述べ、実際、望み通りのピアノになったと自らコメントしている。1999年9月24日に行われた陽水のシークレットライヴにおいて、初めて同曲での共演が実現した。 


    台風の日に限って、荒なった海の波で海水浴よくやった

    1 クラウン速報:2020/07/26(日) 08:35:17.638


    なにかある?書いてってくれや

    kids_menko
     

    【今思い返してみて、ガキの頃の遊びで危険だったもの書いていけwww】の続きを読む

    mv_overseas_sp

    海外旅行(かいがいりょこう、英: overseas travel)は、国土の全てが海に囲まれた国家(島国)において、「外国旅行」(英: traveling abroad)や「国際旅行」(英: international travel)の同義語として使用される用語。


    言語が話せたら問題ないけど。
    一人で行くっていうのはなあ。一度勇気出したら後は楽そう 






    1 クラウン速報:2020/07/08(水) 14:52:13.63

    言葉のよくわからない国に行って空港やホテルでの何やらも済ませて
    ちゃんと帰るところまでやれる気がしないわ


    90000
     

    【一人で海外旅行に行ける人ってすごくね?勇気ください】の続きを読む

     

    クラウン速報:2020/07/27(月) 00:00:03.10



    1990年5月2日に岐阜新聞が発行した新聞。

    82DB31F9-A747-418C-B982-96B9162C98D1



    記事掲載:クラウン速報
    写真提供:クラウン速報





    hiroshi-nakajima-2

    (出典:http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/hiroshima_nagasaki/fukushima/hiroshi_nakajima.html

    中嶋 (なかじま ひろし、1928年5月16日 - 2013年1月26日)は、日本の医師、神経精神医学者。世界保健機関(WHO)事務局長(第4代)を務め、国連傘下の国際機構を率いる長としては初めての日本人であった。東京医科大学難病治療研究所所長、国際医療福祉大学国際医療福祉総合研究所所長なども歴任した。
    【新型コロナウイルスの大流行は、1990年にWHOで予測されていた】の続きを読む

    pixta_23460494_S-min

    投資信託(とうししんたく)は、多数の投資家から販売会社を通じて出資・拠出されてプールされた資金を、運用会社に属する資産運用の専門家(ファンドマネージャー、ポートフォリオマネージャー)が、株式や債券、金融派生商品などの金融資産、あるいは不動産などに投資するよう指図し、運用成果を投資する


    こんな素人同然の投資信託じゃ自分でした方がましだろ
     



    1 クラウン速報:2020/07/26(日) 03:39:56.88


     今この瞬間も、「郵便局」で、あなたのお金が危険に晒されているかもしれない。かんぽ生命の不適切販売が記憶に新しい日本郵政グループ、傘下のゆうちょ銀行では、貯金運用のリスク高騰に加え、投資信託販売でも不正が多くあったと報じられる。老後の「年金」がわりに加入している高齢者も多い郵便局の投資信託で気をつけるべき点は何か。経済ジャーナリスト荻原博子氏の著書『「郵便局」が破綻する』(朝日新聞出版)から、一部抜粋・再構成して紹介する。



    ■高まり続ける貯金の運用リスク

    「ゆうちょ銀行」は、206兆円もの貯金を集めながら、貸し出しができないので、集めたお金は運用するしかありませんが、リスクが日に日に高まっています。

     今まで、「ゆうちょ銀行」も「かんぽ生命」も、みなさんから預かった大切な貯金や保険料を目減りさせないように、安全な国債で運用していました。2007年の「郵政民営化」時点で「貯金」の約9割は、リスクのない国債で運用されていました。

     ところが、2019年3月末で見ると、国債の運用割合は28.3%まで減り、代わりに、外国債券や外国の投資信託などが30.3%と増えています。なぜ、こんなにリスク運用が増えたのかといえば、日銀のマイナス金利政策で国債の金利もマイナスになり(10年日本国債の利回りマイナス0.017%=2020年3月31日現在)、国債で運用すればするほど、損してしまうからです。

     国債運用とは、国債を買って満期が来たらまたそのお金で国債を買うというものですが、高い金利の国債は、次々と満期を迎える(償還)のに、今はマイナス金利なので買える国債がない。そうなると、為替リスクはあるけれど、日本の国債よりも金利が高いアメリカ国債など外国債券を買うしかないのです。

     すでに日銀の金融政策は後戻りできないところにまで来ており「郵便局」の運用も、この先、日本国債で安定して金利を得る正常な状況に戻れるかは疑問です。

    20200713-00000026-sasahi-000-9-view



    41本中39本が元本割れ!「年金代わり」に郵便局の投資信託は要注意〈dot.〉 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f8f83d14da85bfda8eae11cf96c3797f3fbfa5ce 

    【【郵便局】投資信託の商品「41本中39本が元本割れ」】の続きを読む

    このページのトップヘ