クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    タグ:イベント

    ishidajunichi_blog_thumbnail

    石田 純一(いしだ じゅんいち、1954年(昭和29年)1月14日 - )は日本の男性タレント、俳優。本名、石田 太郎(いしだ たろう)。 東京都目黒区出身。血液型はA型。メロン所属。リクコーポレーション提携。 1954年1月14日、NHKアナウンサー


    彼に関しては自業自得、みんな状況は同じ





    1 クラウン速報


     新型コロナウイルス感染から回復し、俳優の石田純一(66)が30日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」の取材に応じた模様が31日の同番組で放送された。

     石田は緊急事態宣言中の4月10日に沖縄へ。滞在中に倦怠感など体調に異変があり、帰京後にPCR検査を受け、4月15日に感染が判明。5月12日に退院した。

     誹謗中傷を受けたことを明かした石田は、「イベントとか講演会とか(の仕事)が一つもないんで。新しい仕事が一つもないんですけど。日々の入ってくるお金が全くないので、困ってます。いつまで持つか…」と今回の騒動で仕事がキャンセルとなり、新たな仕事も全く入ってこず、生活に困るほどだと訴えていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200731-00000070-dal-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1596293001/


    【【わがまま石田純一】「今回の騒動で仕事がキャンセルになり、お金が全くないので困ってます…」】の続きを読む

    266fb253d1f4f8fa050da3a581e03c7d63861c1f

    Museum) 1838年に創立されたユトレヒトで最大の博物館で、美術工芸品の他、ユトレヒトの歴史に関する展示や、ミッフィーの作者ディック・ブルーナの出身地であることからミッフィーに関する展示スペースも存在する。このほかにも広場などの公共スペースには作品に関連する像が設置されている。 


    行ってみたいな!!

    1 クラウン速報 :2020/07/23(木) 09:13:09.93 ID:vJmf3TOW9.net




    上白石はミッフィーと触れ合い、童心に帰ったような気分を楽しんだ=東京・銀座

     女優で歌手、上白石萌音(22)が22日、東京・松屋銀座で23日に開幕する「誕生65周年記念 ミッフィー展」のオープニングイベントに出席した。

     上白石はミッフィーのイメージカラーのオレンジとブルーのアクセントが入った衣装で登場。巨大なミッフィーの着ぐるみにエスコートされ報道陣の前に姿を見せた。

     幼少期にミッフィーの絵本やぬいぐるみを大切にしていたといい「家はミッフィーだらけです」という上白石。「こうやってミッフィーを見ると実家に帰ってきたような安心感や童心にかえったような感じ」と目を輝かせながら原画やスケッチ、創作メモなど約250点を鑑賞した。

     特に、原作者のディック・ブルーナが残したスケッチに興味を持った様子で「下書きが新鮮でした。制作の過程を見るとブルーナさんがいかに丁寧にミッフィーを生み出したのかが分かります」と声を弾ませた。

     本展は4月に開幕予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により開催が延期されていた。入場をすべて事前予約による日時指定制にするなどの対策を敷き、7月23日から8月10日までの新会期での開催が実現した。

     上白石は「日々いろんなことが起きて不安を感じたり、心が暗くなったりする方もいると思いますが、温かいものに触れると心が軽くなる。十分に対策されている空間なので、癒されにきてください」とアピールし、最後は故郷・鹿児島の方言で「ミッフィー展、待っちょっどー!」と来場を呼び掛けた。


     https://www.sanspo.com/geino/news/20200723/geo20072305020006-n1.html 
    【【芸能】上白石萌音『ミッフィー展』にご満悦。「実家に帰ってきた安心感でる」】の続きを読む

    20200710-00000504-san-000-2-view

    吉村 洋文(よしむら ひろふみ、1975年〈昭和50年〉6月17日 - )は、日本の政治家、弁護士(登録番号28290、大阪弁護士会所属)、税理士。大阪府知事(公選第20代)、日本維新の会副代表、大阪維新の会代表代行。大阪市長(1期)、衆議院議員(1期)、大阪市会議員(1期)、おおさか維新の会政務


    これは叩きまくられるwwwwww

    1 クラウン速報:2020/07/10(金) 13:54:39.60

     
     大阪府の吉村洋文知事が10日、大阪府庁で会見し、大阪府内で9日に新型コロナウイルス感染者が30人と急増したことに関連し、イベント入場者を緩和することについて「感染者は増えているが、ルールを守りながら社会経済活動を進めることも重要」と、緩和を中止する意向はないとした。

     大阪府では感染拡大防止のガイドラインとして、10日以降は5000人以下の屋内・屋外イベント観客動員を認めている。収容率は客席の50%以下。吉村知事は「収容人員の50%、距離を取る、マスク着用などをしながら進めたい」と話し「大規模イベントで5000人収容したからといって、マスクをして静かにしているなら5000人全員が感染するわけではない」と説明。

     さらに「例えば4人でも5人でも、密な状況で大声で話しながら飲食すれば感染する可能性がある。人数が多いからといって一挙に広がる可能性はない。それよりも見えないところで、夜の街の行動などに対策をすべき」と、イベントでもルールを守れば感染の可能性は薄いことを強調した。

     また、30人の感染者について「18~30歳が80%。形態をみても、夜の街が舞台になっている」と分析結果を示した。「昨日、若い人に向けて『狭い空間で集まって大声で話すことを控える』『大皿料理、回し飲みを控える』『感染対策を取っている店を選ぶ』と3つのお願いをした。人に移さないことを考えてもらいたい」と引き続き呼びかけていく考えを示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200710-00000062-dal-ent


    【【吉村知事】 感染者急増もイベント緩和止めず「5000人全員感染するわけでない」】の続きを読む

    このページのトップヘ