クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    タグ:フジもん

    01164

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本の元タレント、元ファッションモデルである。期間限定ユニットPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクションに所属していたが、2020年7月6日を以って芸能界を引退した。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。


    切ないな・・・






    1 クラウン速報:2020/07/12(日) 14:09:58.50

    指原莉乃、木下優樹菜引退で衝撃発言 松本人志も「どえらいもの投下」と驚き

    12日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、6日に芸能界引退を発表した木下優樹菜の騒動が、大きく話題に。ゲストコメン
    テーターとして招かれた指原莉乃の持論に、注目が集まっている。

    ■「芸能界って恐ろしい」

    タピオカ騒動を受け「芸能界ってめっちゃ恐ろしい」と感じたという指原。その真意について、語り始める。

    「芸能界って運とかでバーって売れることがある」「昔ヤンチャしてましたって人とか、一般常識ないですよって人とか(が面白がられ
    たりする)」と話し、そのようにして持ち上げられていくことによって、感覚が麻痺していくことを示唆。

    最終的には一般社会との感覚のズレが生まれていくとし、「普通の社会の人と交わったらこんなことになってしまう(のか)」と驚いた
    という。

    関連記事:指原莉乃が語る“時期はずれ”の症状 「自分もなってる」と共感相次ぐ
    ■「憧れカップル」に疑問

    さらに藤本敏史と婚姻関係にあった時代に「憧れカップル」とされていたことを挙げ、「誰か本当に憧れてたんですかね」とスタジオに
    問いかける指原。この発言に松本人志も「最後にど偉いもの投下するの止めて」とツッコミ。

    笑いながらも指原は「メディアが持ち上げてるんじゃないかなって思うんですよ」と続ける。MCから「指原さんは一度も憧れたことはな
    いんですか?」と問われると、「芸能人としては憧れる」としながらも、「(夫婦としては)ない」ときっぱり。

    「メディアが持ち上げるからこんなことになっちゃう。気持ちが偉くなっちゃって」と持論を展開した。

    ■「すごいぶっちゃけ」

    松本も「ど偉い」と評した指原の衝撃発言に、視聴者からも「さっしーがすごいぶっちゃけてる」「そこに切り込むのはさすが」と驚き
    の声が。

    また指原と同様に、「あれは本当にメディア側が作り出したイメージだと思う」「正直、憧れってほどではなかったな…」といったコメ
    ントも見られた。

    ■憧れの芸能人夫婦はいる?

    かつては藤本とのツーショットをSNSなどにアップし、「仲良し」「理想の夫婦」といったコメントで溢れかえっていたコメント欄。こう
    したことから素直に憧れていた人は一定数いると思われるが、一方で「作られた印象」という側面もあるのかもしれない。

    では、そもそも「芸能人夫婦に憧れている人」というのはどれほどいるのだろうか。しらべぇ編集部が、全国10?60代の男女1,721名を対
    象に調査を実施したところ、その該当者は14.7%となった。
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0712/srb_200712_5504122532.html

    指原莉乃(27)

    (出典 imgur.com)


    【【指原莉乃】 「木下優樹菜夫妻に本当に誰か憧れてたんですか?」】の続きを読む

    3JnLSnNkHb4f8ak7sY3byo2TwcTFGVITVthwAWgv4Oc

    姦通 (不倫からのリダイレクト)
    姦通(かんつう)とは、社会的・道徳的に容認されない不貞行為・性交渉のことである。婚外性交渉とも。本来は、不倫・不義密通も同じ意味であるが、現代日本語では、既婚者が配偶者以外の者と性交渉を持つ行為を主に不倫と呼ぶようになった。 社会的に承認される性行為は通常、婚姻によるものであるが、世界の地域・時代によっ


    不倫不倫大変な一年だね

    1 クラウン速報:2020/07/08(水) 16:35:07.81


    「木下さんの復帰に向けて、事務所はかなり骨を折ったようです。ところが、活動再開宣言後に、あるメディアから、2人の男性との交際について問い合わせがあったそうです。男性はアスリートとミュージシャンで共に妻子ある身。不倫関係を問われた木下さんは、言いたいこともあったようですが、最終的には“もう辞めたい”と逆ギレしたとか。引退したらマスコミによる追及の声を黙らせることができるとも思ったのでしょう。

    事務所は守り切れないとさじを投げたんです。活動再開について関係各所に頭を下げていた事務所が、一転、信頼関係を維持できないと激怒する文書を発表しているんですから相当な怒りです」(芸能関係者)

    タピオカ騒動の当事者である姉は、妹の突然の引退を、どう受け止めているのだろうか。本誌・女性セブンが直撃すると「え!? そうなんですか?」と、木下とそっくりの声と口調で返してきた。しかし、その後は何を聞いても「わからない」の一点張り。

    木下は500万フォロワーもいたインスタグラムのアカウントを引退発表後、即削除した。“タピオカ騒動”に“縦読み不倫騒動”、そのすべての主戦場であり、かつての晴れ舞台であるインスタグラムで真相が語られることはついになかった。



    【【木下優樹菜】引退の裏に2人の男性との同時不倫か】の続きを読む

    このページのトップヘ