クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    タグ:中国

    11016_l

    中国新聞を発行する新聞社)とは無関係である。 華僑向け通信社であり、海外メディア中国関連ニュースの配信を行うことが主な業務である。また、同社は中国で最初にインターネットのウェブサイトを開設した会社でもある。


    なぜか中国から怒りの矛先が向いている・・・
     



    1 クラウン速報


    「日本にひざを屈した」中国メディアが周庭さん酷評

    xi-jinping-screen-w960


     香港で民主活動家の周庭さんが逮捕されたことを受けて、中国メディアは「日本にひざを屈した反中国の政治屋」と酷評しました。

    1517983999-810x422


     中国共産党の機関紙「人民日報」の海外版は、日本語で香港の民主化を訴える周庭さんについて「日本にひざを屈した反中国の政治屋」と言われていると酷評しました。そのうえで、「暴力的で無謀で外国にこびるというのが香港のネットでの一般的な評価だ」と非難しました。
     
     また、共産党系の「環球時報」は今回の民主活動家らの一斉逮捕について「アメリカの圧力に対して中国は弱腰を見せず、香港は弱腰を見せない」とし、「中国社会全体の自信をさらに深めた」と論評しました。


    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    【【悲報】中国「日本にひざを屈した反中国の政治屋」と周庭さんを酷評】の続きを読む

    e1f7abaed17882297a69176f66006a11

    種子 (しゅし、〈たね〉) とは種子植物で有性生殖によって形成される散布体である。一般には、単に種(たね)と呼ばれることが多い。 種子は親植物の組織起源の種皮(しゅひ)という皮に包まれ、その中には受精卵から発育した幼い植物体、すなわち胚が入っている。種子はめしべにある胚珠から発達する。

    植えちゃつまらんだろう・・・
     



    1 クラウン速報


    「すごい速さで狂ったように成長していったんです」

    謎の種から芽を出した植物はグングン成長。カボチャに似たオレンジ色の花を咲かせ、その後、白くて大きな謎の野菜が実った。

    「カボチャとかズッキーニの仲間じゃないか?」との意見もありますが、白くて大きな野菜が具体的に何なのかは明言されていません。

    アーカンソー州農業局のスコット・ブレイ氏は「私達が懸念しているのは、害虫や植物への疫病が侵入することです」と、コメント。
    謎の種を植えた男としてニュースに取り上げられたドイルさんに対しては「何でこんなバカなことするんだ!!!」「中国の思うつぼじゃないか!!」と非難の声も多数。

    何が起きるかわからないので、皆さんの家に中国から謎の種が届いても植えないように!


    (出典 i.imgur.com)


    【中国から届いた「謎の種」植えてみたんだが・・・グングン成長してどうすればいいのか分からん】の続きを読む

    rectangle_large_type_2_bfc77d79676a2ba3125c88d32f308030.png

    (しゅう てい、(英: Agnes Chow Ting、アグネス・チョウ、1996年12月3日 - )は、香港の元政治運動家。民主派政党・香港衆志の創始者の一人として常務委員などを務めた。自決派(中国語版)、大学生。香港では「学民の女神」と呼ばれた。 2017年までイギリス国籍を保有した。


    国内問題の域を越して、国際問題になりますね。



     

    1 クラウン速報


    香港警察 民主活動家の周庭氏を逮捕 香港複数のメディア

    香港の複数のメディアは日本でも知られる民主活動家の周庭氏が香港国家安全維持法に違反した疑いで逮捕されたと伝えました。警察は周氏を含め、中国に批判的な論調で知られる新聞の創業者など、1日で合わせて10人を逮捕していて、国際社会の批判がさらに強まることが予想されます。

    香港の警察は10日、23歳から72歳までの男女10人を香港国家安全維持法に違反した疑いなどで逮捕したと明らかにしました。

    警察は10人が、香港や中国の政府に制裁を科すよう、外国に呼びかけたり、こうした活動を支援したりしたとして、外国の勢力と結託して国家の安全に危害を加えた疑いがあるなどとしています。

    香港の複数のメディアは、この10人の中に、民主派団体「香港衆志」の元メンバー、周庭氏が含まれていると伝えています。

    周氏は流ちょうな日本語で香港の民主化運動への支援を訴えてきたことで日本でも知られていますが、所属していた団体はことし6月末に香港国家安全維持法が施行された当日に解散を発表しています。

    また、逮捕者には、中国に批判的な論調で知られる香港の新聞「リンゴ日報」の創業者、黎智英氏も含まれていて警察官およそ200人が、新聞社内を捜索しました。

    香港国家安全維持法の施行後、政治活動や抗議活動への締めつけが強まっており、今回、著名な活動家や実業家が逮捕されたことで、国際社会の批判がさらに強まることが予想されます。

    ■民主活動家 羅氏「日本の皆様のサポートが必要」

    周庭氏が、香港国家安全維持法に違反した疑いで逮捕されたと複数の香港メディアが報じたことについて、法律の施行に反対してイギリスに渡った民主活動家の羅冠聡氏は、ツイッターに「世界は何が起きているのかを注視してほしい」と投稿しました。

    さらに日本語でも、「彼女は無罪だが、無期刑を受ける可能性がある。日本の皆様のサポートが必要です」と投稿して、日本からの支援を呼びかけました。


    (出典 www3.nhk.or.jp)



    【【香港】民主活動家の周庭氏が逮捕。羅冠聡氏「彼女は無期刑を受ける可能性。日本の皆様のサポートが必要です」】の続きを読む

    IMG_8738

    自衛隊(じえいたい、英: Japan Self-Defense Forces、略称:JSDF、SDF)は、自衛隊法に基づき、日本の平和と独立を守り、国の安全を保つために設置された部隊および機関。 事実上の軍事組織であり、国際法上は軍隊として扱われる。陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊

    憲法改正しないとまずそう


     

    1 クラウン速報


     河野太郎防衛相は4日午前の記者会見で沖縄県・尖閣諸島周辺海域で中国公船が平成24年9月の尖閣国有化以降、最長の111日間、連続航行したことに関し「必要な場合、自衛隊として海上保安庁と連携し、しっかり行動したい」と述べた。一義的には海保が対処するとの考えも示した。

     どういう事態が発生すれば自衛隊が行動するのかなどの問いには「手の内は明かさない」として回答を避けた。

     尖閣の接続水域では30年1月、潜った状態の外国の潜水艦1隻と中国海軍のフリゲート艦1隻が航行。海上自衛隊が情報収集と警戒監視に当たった。防衛省は潜水艦も中国海軍のものと判断している。  

    https://www.sankei.com/smp/politics/news/200804/plt2008040013-s1.html


    【【河野防衛相】尖閣への対処について「必要なら自衛隊を行動させる」】の続きを読む

    20200730-035753863_thum800

    UKUSA協定 (ファイブアイズからのリダイレクト)
    主張は多方面から根強く存在している[1][2])。2000年代は従来の衛星通信やマイクロ波通信の他に、インターネットやデジタル携帯電話が普及し、光ファイバーや光波長多重通信(WDM)を用いた海底ケーブルの利用や暗号化が進み、盗聴の難易度が上がった。


    ファf

    1 クラウン速報


    英米圏5カ国の軍事・情報共同体に日本合流の可能性に…中国「絶対許さない」

    2020-7-31_5eyes


    日本が英米圏の軍事・情報共同体である『ファイブ・アイズ(Five Eyes)』に加入するかもしれない」という報道が出るや、中国メディアは「絶対許さない」と敏感に反応した。
    1941年に結成されたファイブ・アイズは米国・英国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの5カ国が加入する軍事・情報協力国の集まりだ。
    ファイブ・アイズは先日の中国による香港国家安全維持法制定に反対し、香港との犯罪人引き渡し協定を中止するなど、足並みをそろえている。


    英紙ガーディアンは先月29日(現地時間)、議会で対中国政策にかかわっている議員たちの話として、ファイブ・アイズに日本を含めて「シックス・アイズ(Six Eyes)」に改編し、協力分野も軍事・情報だけでなくレアアース(希土類)や医療物品の共同管理などに拡大する可能性があると報道した。


    同紙は「オーストラリア議会でもこのような主張が提起されている。日本の河野太郎防衛相も先週行われたセミナーで中国の対外拡張を懸念し、ファイブ・アイズ加入の意向を明らかにした」と伝えた。


    トム・トゥゲンハート英下院外務委員長は「ファイブ・アイズは数十年にわたって情報・国防分野で重要な役割を果たしてきた。(加入国間の)連携を強化するため、信頼できるパートナーを探さねばならず、日本は重要な戦略的パートナーだ」と語った。


    中国共産党系の英字紙・環球時報は先月31日の社説で、日本のファイブ・アイズ加入の可能性について、「米国が中国相手に繰り広げている、いわゆる『新冷戦』の先鋒(せんぽう)になろうという意味」「中国人たちは絶対に日本のそのような行動を許さないだろう」と猛非難した。


    DwjK8AxVsAAan-f


    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020080180003

    【中国メディア「日本がファイブアイズに参加なら中国は日本を絶対に許さない」】の続きを読む

    75C5C1F5F12540619677D495D036DFDB_L

    国内総生産 (GDPからのリダイレクト)
    GDPも一人当たり名目国内総生産と一人当たり実質GDPがある。 現在の国別一人当たりGDPについては国の国内総生産順リスト (一人当り為替レート)を参照。 名目GDPを実質GDPで割ったものをGDPデフレーターと呼ぶ。


    コロナショックに関しては、どこの国も似たようなもんだよな・・




     

    1 クラウン速報:2020/07/30(木) 21:40:36.27


    アメリカのことし4月から6月までのGDP=国内総生産の伸び率は、年率に換算した実質で、前の3か月に比べて、マイナス32.9%でした。これは四半期の統計を取り始めた1947年以来、最悪の水準で、新型コロナウイルスがアメリカ経済に極めて大きな打撃を与えたことが示されました。

    アメリカでは新型ウイルスの感染拡大に今も歯止めがかからず、失業率も10%以上で高止まりしていて、トランプ政権が目指す景気の回復に向けた、追加の経済対策に関心が高まっています。

     https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012542211000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 

    【アメリカ大打撃「統計開始以来最悪の水準 」4〜6月GDP/年率ー32.9%に】の続きを読む

    このページのトップヘ