クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    タグ:会社

    0703_Porsche911-GT2-RS_04

    初採用。エアフィルターボックスはカーボン製。発熱量の増大に対応するために、開口部を拡大した専用バンパーを採用。6MTのみ発売。2,607万円。 GT2RS 620PS/6,500rpm、71.4kg・m/2,250-5,500rpm インタークーラーを改良し15%の効率アップ。


    もう二度と運転して欲しくないね・・
    法定速度制限あるんだし、カーメーカーも車そのものにリミッターつけないとよ。。




     

    1 クラウン速報


    2020年8月2日、首都高速湾岸線で会社役員の彦田嘉之容疑者(50)が運転するスポーツカーが追突し、夫婦2人が亡くなった事故。

    隣を走行していたトラックのドライブレコーダーの動画が公開されましたが、200km/hは超えていたのではないかという速度で突っ込む様子が映し出されていました。



    【【ドラレコ】首都高速湾岸線で暴走した殺人ポルシェの追突事故の動画】の続きを読む

    S1554698484694_1

    ら指導する。指導者の指名については該当者の業務実績以上に指導力を考慮する必要があり、特に指導力は新入社員のその後の運命すら左右する可能性がある。


    社会人として寝坊を肯定したらいかんだろ・・・
     




    【【炎上】新入社員女性が書いた漫画が話題にwwwwwwwwwww】の続きを読む

    calculator06_w900

    管財人に債務者の財産を包括的に管理・換価、また総債権に公平に分配してもらうことで、経済的破綻状況から離脱することをいう。日本では、破産法により、破産について非懲戒主義(公法上での資格制限を科すなどの建前上の不利益を否定すること)や免責主義(破産者の責任、特に債務について、原則としてその責任を免除すること)を採っている。


    破産者情報サイトはルール違反だよな・・・





    1 クラウン速報:2020/07/30(木) 06:03:47.01


    破産者情報サイトに停止命令 公開データの悪用認めず 


    政府の個人情報保護委員会は29日、破産者の氏名や住所などの個人情報を公開しているインターネット上の2サイトに対し、運営停止を命令した。本人の同意取得や利用目的の通知なしでサイトに情報を掲載し、誰でも見られるデータベースにしたことなどが個人情報保護法に違反すると判断した。同委員会が命令を出したのは初で、事実上の閉鎖命令となる。

    問題のサイトは海外のサーバーを使い、運営者は現時点で特定されていない。委員会は運営者を「氏名不詳」のまま命令を出した。約1カ月以内に対応がない場合は警視庁に刑事告発する。 個人情報保護法は、個人情報をデータベース化して第三者に提供する事業者について、まず本人から同意を取るよう義務づけている(23条)。個人情報を取り扱う際は、利用目的を本人に通知することも義務づける(18条)。委員会は、サイト運営者がこの2つの義務に違反したと判断した。

    問題のサイトに掲載された個人情報は、インターネットの「官報」で公開されたものをプログラムが自動収集したとみられる。破産者情報の公開は破産法が定める。手続きが始まると債権回収が制限され、多くの債権者を平等に扱う必要があり、破産の事実を広く知らせる必要があるからだ。

    本来は誰でも見られる公開情報をまとめたサイトに運営停止を命じたことについて、同委員会の松本秀一参事官は29日の会見で、公開された個々の情報が一覧性あるデータベースとして簡単に検索できると、破産法の趣旨を超え「(プライバシーなど)権利侵害を生む恐れがある」とした。

    委員会の判断には支持と同時に慎重意見もある。国立情報学研究所の佐藤一郎教授は「個人情報は本来保護されるべきで、著しい権利侵害への対応は必要だ」としつつ、「命令を全面的に肯定するつもりはなく、乱発すれば弊害もある。研究目的のデータ利用などが難しくなる可能性もあり、慎重な運用が必要だ」と指摘する。

    個人情報保護法は、報道や学術研究を同意取得などの義務の例外とするが、判断は難しい。

    フィンランドでは2003年、税務当局から得た120万人の氏名や所得などのデータを、そのままメールで配信した企業に対し、データ保護当局が禁止手続きを取った。どんな場合に報道目的にあたるかなどが論点となり、同国最高行政裁判所や欧州人権裁判所などで長期の裁判となった。

    17年の欧州人権裁判決は、このサービスは報道目的と認められないとした。「何も分析を加えず、加工していない生データを一括で広げることに『公共の利益』が自動的に認められるわけではない」とした。ただ、どのような個人情報の利用が報道目的や研究目的に当たるかの線引きは、国ごとに事例の集積が必要な面がある。

    東大の宍戸常寿教授は「報道や信用調査などで、破産者の情報が必要になるケースがあるのは理解できる。悪意の利用には制裁を設けた条件付き公開など、官の持つ情報の社会への公表のあり方を探るべきだ」と話す。


     https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62059910Z20C20A7EE8000/ 
     

    【破産者情報サイトに停止命令「公開データの悪用を認めず」】の続きを読む

    01-8

    石原まき子や舘ひろし、神田正輝ら石原プロモーションの俳優たちとファン約600人が参列。法要終了後には、同年8月22日より2年間、全国8箇所を巡り石原裕次郎ゆかりの品々を展示する、「石原裕次郎の軌跡」展を開催することを発表した。 


    残念です・・・






    1 クラウン速報:2020/07/14(火) 18:46:45.36

    エンタメ 芸能 週刊新潮 2020年7月23日号掲載

     故・石原裕次郎が設立し、個性豊かな「石原軍団」のエピソードに彩られた「石原プロモーション」が、その歴史に幕を下ろそうとしている。いくつかの関連会社はすでに清算され、来年1月頃の「解散」に向けての準備が進められているという。
     ***
     石原プロは1963年に設立され、裕次郎自身が社長に就任。渡哲也や舘ひろしが合流し、所属タレントたちは「石原軍団」と呼ばれるようになったのは知られた通り。裕次郎亡き後も事務所は存続となったが、これには異論もあったようだ。石原プロ関係者はこう振り返る。
    「もともと裕次郎さんは『自分が*だら石原プロを閉じろ』との遺言を残していたと言われており、渡さんをはじめとする『石原軍団』のメンバーにも、“なるべく早く会社を畳むべき”だとの考えを持つ人が多かった」
     とはいえ、石原プロを存続させることが“裕ママ”ことまき子未亡人の生活を支えることになるとの考えから、会社は残されてきたのだ。
     それでも、これまで女性誌などで幾度も「解散説」が報じられてきたが、今回、それが最終決定されたという。
    「会社を完全に閉じるのは来年1月頃の予定。その際、会見を開くことは今のところ考えていません」(同)
     そのきっかけの一つになったと目されるのが、昨年の裕次郎の「弔い上げ」だ。
    「昨年、横浜の総持寺で裕次郎さんの三十三回忌の法要が営まれた際に、まき子さんから『今年をもって弔い上げとします』との話がありました」 

    mainvisual_3


    【【芸能】「石原プロモーション」解散へ。裕次郎の“弔い上げ”機に…関連会社も精算済み】の続きを読む

    このページのトップヘ