クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    タグ:吉村知事

    IMG_8741

    イソジン」ブランドのマスコットキャラクターとして、イヌをモチーフとした「イソくん」と「イソジンファミリー」を発表し、9月から使用するとした。 明治うがい薬【第3類医薬品】 - ポビドンヨードを配合したうがい薬。2016年3月までは「イソジンうがい薬」として発売されていた。(製造販売元:健栄製薬)


    知事がこんな発言して大丈夫なのか?



     

    1 クラウン速報


    大阪府の吉村洋文知事が4日、会見を開き、イソジンなど殺菌効果のある「ポビドンヨード」を含む、うがい薬を使用し、うがいをすると、唾液の中の新型コロナウイルスが減少し、ある程度、他人に移しにくくなる可能性があり、本格的な研究を進めると明らかにした。

    大阪府と、はびきの医療センターが、府内の新型コロナウイルス宿泊療養所で、軽症者41人に対し、殺菌効果のある「ポビドンヨード」を含む、うがい薬でうがいを1日4回したところ、唾液のPCR検査の陽性率が9%になった。一方、うがいをしなかった患者は、陽性率が40%だったという。

    吉村氏は研究段階のため、確定的に言えないとした上で「ポビドンヨードによるうがいをする事によって、このコロナに、ある意味打ち勝てるんじゃないかというふううにすら思っている」と話した。その上で、軽症の段階で中等症や、重症化することを防ぐことや、市中感染を抑えるために、20日まで、府民に対し、集中的にうがいの励行を呼び掛けた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8269fb59a8efb030ccc51a352f5f6e1b354985ea

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【吉村知事】イソジンでうがいを推奨「うがいで、コロナに打ち勝てるんじゃないか?」】の続きを読む

    img_32e47d948d7d5b0b22ec27f78450f0941994452

    和主義を謳う日本国憲法が制定され、民主制国家となった。戦後復興ののち、1960年代から高度経済成長期に入り、工業化が加速し科学技術立国が推進された結果経済大国にもなったが、1980年代末のバブル経済崩壊後は経済停滞期に入った。現代日本社会は少子化が進んでおり、超高齢社会であるとされる。

    そんなんでええんか!?しっかりしてくれよ・・






    1 クラウン速報:2020/07/23(木) 12:31:22.74

    22日、大阪府・吉村知事の記者会見の概要は次の通り。

    病床の状況、医療体制ですが、今は重症者の数もそれほど多くない。
    重症病床の使用率は第一波と比べれば、それほど高くない状況ですが、やはり、感染者の数が増えてくれば増えるほど、
    社会との接触があるわけですから、年配の方にも感染が当然広がってきます。

    本日120名前後ということになりますので、第一波と比較して、第一波の最高の一日の陽性者数が92名でしたから、
    本日これまでの第一波を含めた中でも過去最高の数になろうかと思います。

    ただ、中身をみますと、若者中心。無症状、軽症が多い。そこから徐々に広がりつつあるという傾向です。
    第一波はすべての年代にまんべんなく感染者が多い、重症者も多いという状況でしたが、
    今、数の面でいくと、第一波の時よりもすでに一日の最高陽性者数は増えている。

    東京において、300弱出ているという状況ですから、大阪と比較しても、東京の人口は大阪の約1.5倍なので、東京で300近く出るなら、
    大阪で200近く出ても、これは構造上はおかしくないと思ってます。まだ増えてくる可能性は十分ある。

    黄色信号を今つけていますが、黄色信号のステージ(2)の時に何をするか。
    感染が出た時に協力しますというところと、そうでないところは区別しないといけない。
    そうじゃない店に休業要請をするということも黄色ステージの(2)に入ってきたら実行しますので、検討に入ると。
    感染症対策をとらない店への対策はしっかり考えていきたい。まず、感染症対策をとっていただきたいというのが、一番の思いです。

    ――前回のようなすべての社会システムを停止させる休業要請を

    もう一度やっても、5月から、1か月足らずで、また同じ状況になっている。
    休業要請をかけて、いったん下がっても、また9月に同じように広がってくるので、社会経済に与えるダメージを考えると、
    持続可能なやり方ではないのは明らかなので、社会を動かしながら、医療の範囲内で抑え込めるということを目指していきたい。

    感染者数が増えてきて、医療崩壊につながる可能性が出てくる…という状況になれば、外出自粛といった策も含めて考えたいと思います。
    移動だけで感染リスクになるとは思っていなくて、外に出て何をするかが重要。

    社会経済を営んでいるみなさんの活動からするとものすごく強烈な犠牲も伴うことになるので、ここは感染者の数プラス、
    大阪の医療体制も考えた上で、社会全体の方向性として判断していきたい。感染症対策と、社会経済を動*、
    これを両立させることを、ゲームチェンジャーであるワクチンや治療薬ができるまではやっていかないといけない、
    これを医療体制と、感染者数、内訳…を見極めてかじ取りをしなかいけない。単純に数だけで判断するものではない。

    bd6a656c1fc74afc6347b71b4096939a-640x568



    https://news.yahoo.co.jp/articles/4e18109c3b80c4a5164957143e7444ad672dddb9



    【【吉村知事】休業要請は経済ダメージを考えると持続可能ではない】の続きを読む

    20200710-00000504-san-000-2-view

    吉村 洋文(よしむら ひろふみ、1975年〈昭和50年〉6月17日 - )は、日本の政治家、弁護士(登録番号28290、大阪弁護士会所属)、税理士。大阪府知事(公選第20代)、日本維新の会副代表、大阪維新の会代表代行。大阪市長(1期)、衆議院議員(1期)、大阪市会議員(1期)、おおさか維新の会政務


    これは叩きまくられるwwwwww

    1 クラウン速報:2020/07/10(金) 13:54:39.60

     
     大阪府の吉村洋文知事が10日、大阪府庁で会見し、大阪府内で9日に新型コロナウイルス感染者が30人と急増したことに関連し、イベント入場者を緩和することについて「感染者は増えているが、ルールを守りながら社会経済活動を進めることも重要」と、緩和を中止する意向はないとした。

     大阪府では感染拡大防止のガイドラインとして、10日以降は5000人以下の屋内・屋外イベント観客動員を認めている。収容率は客席の50%以下。吉村知事は「収容人員の50%、距離を取る、マスク着用などをしながら進めたい」と話し「大規模イベントで5000人収容したからといって、マスクをして静かにしているなら5000人全員が感染するわけではない」と説明。

     さらに「例えば4人でも5人でも、密な状況で大声で話しながら飲食すれば感染する可能性がある。人数が多いからといって一挙に広がる可能性はない。それよりも見えないところで、夜の街の行動などに対策をすべき」と、イベントでもルールを守れば感染の可能性は薄いことを強調した。

     また、30人の感染者について「18~30歳が80%。形態をみても、夜の街が舞台になっている」と分析結果を示した。「昨日、若い人に向けて『狭い空間で集まって大声で話すことを控える』『大皿料理、回し飲みを控える』『感染対策を取っている店を選ぶ』と3つのお願いをした。人に移さないことを考えてもらいたい」と引き続き呼びかけていく考えを示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200710-00000062-dal-ent


    【【吉村知事】 感染者急増もイベント緩和止めず「5000人全員感染するわけでない」】の続きを読む

    fb9674c6aefc895c40958f1ca373eb9e_1

    まあ東京みたいにならなくて済んだので良かったと思う

    1 クラウン速報:2020/06/25(木) 06:30:41.26

    人との接触8割減を迫り、42万人が*と脅した「8割おじさん」こと北海道大の西浦教授。

    その数理モデルは間違っていたと本誌(「週刊新潮」)は書いてきたが、それをデータとともに突きつけられた大阪府の吉村知事は、
    天を仰いだという。事実、ツケは大きすぎるので――。

    新型コロナが未知のウイルスであった以上、警戒しすぎも、ある程度は致し方なかったのだろうか。

    たとえば、安倍総理は緊急事態宣言を発令した4月7日、「人と人との接触機会を最低7割、
    極力8割削減できれば、2週間後には感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができる」と発言。
    言うまでもなく、8割削減という目標は、厚生労働省クラスター対策班に所属する北海道大学の西浦博教授(理論疫学)による試算を根拠にしていた。

    しかし、安倍総理の言葉には「緩み」があったようで、西浦教授はすぐに「この7割は政治側が勝手に言っていることで、
    私は一切言及したことがありません」とツイート。8割でなければダメだ、と強調したのである。

    西浦教授はさらに畳みかけ、4月15日には、接触を減らすなどの対策をまったくとらなければ、
    国内で約85万人が重症化、うち約42万人が死亡する恐れがある、という試算を公表した。

    テレビも加勢し、翌16日のTBS系「ひるおび!」を例にとれば、八代英輝弁護士が「政治はそれ(科学的知見)に従うということが大前提で、
    科学的知見が8割であったら、それを政治で7割に調整するということは、本来許されない」と発言。

    専門家とメディアがスクラムを組み、政治的判断の先をいく自粛ムードを作っていった。

    日本で欧米のように感染が広がらなかったのは、過剰な警戒の賜物なのか。
    ところが、大阪府の吉村洋文知事は6月12日、「第2回大阪府新型コロナウイルス対策本部専門家会議」終了後の囲み会見で、次のように語った。

    これは3月半ばに初回が開かれ、今回、第2波に備え、国に先がけこれまでを検証すべく、再招集されたものだ。

    「西浦モデルだけを信じて突き進むのは違うんじゃないか。大阪と兵庫の往来自粛をしたときも、
    西浦先生の数字で、兵庫と大阪は2週間後に感染者が3千人になる、とありましたが、事実としてそうはならなかったです。
    緊急事態宣言が出されたときも、8割の接触削減をしないと感染者が右肩上がりになるということでしたが、事実と適合してないわけですよね」

    そして、こう繋いだ。

    「40万人亡くなるというのも、4月15日に出ましたが、ああいうのを僕ら政治家が見せられると、すごく影響が強い。
    命を守らなきゃいけない立場になったときに、40万人死にますと言われると、全部抑えなければならない、となってきます。
    でも、40万人*でいません。現実には900人。すべて西浦モデルが出発点になって、国の方針が示されてきました。

    それをやっても副作用がなければ全然いいけど、休業要請などもすべてにかけていくと、
    副作用、出血、犠牲があまりに大きすぎるので、国を挙げて批判的検証をしないと間違った方向に進むんじゃないか」

    いわば「8割おじさんに騙された」と、白状した恰好だった。

    実際、「騙された」ことによる「副作用」は、治癒できるレベルではない。

    第一生命経済研究所首席エコノミストの永濱利廣氏は、「8割削減にかぎってのダメージを測るのは難しい」
    としながら、そこが出発点になった緊急事態宣言に伴う経済への影響について、
    「GDPベースで最大12兆円の損失が生じ、今後も含め、失業者が60万人程度出ます」と見るのである。

    吉村知事が先のように語ったのも、会議の席でオブザーバー参加した2人の学者から、
    緊急事態宣言も、西浦教授の予測を信じて行った大阪と兵庫の間の往来自粛も、多方面への営業自粛要請にも、効果がなかったと断じられたからだ。
    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/06250601/?all=1


    【【週刊新潮】 吉村知事が8割おじさんに騙された!】の続きを読む


    吉村 洋文(よしむら ひろふみ、1975年〈昭和50年〉6月17日 - )は、日本の政治家、弁護士(登録番号28290、大阪弁護士会所属)、税理士。大阪府知事(公選第20代)、日本維新の会副代表、大阪維新の会代表代行。大阪市長(1期)、衆議院議員(1期)、大阪市会議員(1期)、おおさか維新の会政務
    41キロバイト (5,829 語) - 2020年5月9日 (土) 13:49


    吉村知事頑張ってください!!

    1 緑の人 ★ :2020/05/10(日) 11:27:38.12

    吉村洋文大阪府知事(44)が7日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に生出演し、
    大阪府が新型コロナウイルス特措法に基づく府民への外出自粛要請や休業要請などの措置を段階的に解除する基準を独自に示したことについて言及した。
    この独自基準は、PCR検査で判明した陽性者の割合や、感染者向けの病床使用率など3項目で目標値を設定し、1週間連続で達成することを条件としている。

    吉村知事は
    「コロナの怖いところは感染爆発が爆発拡大して、ニューヨークや欧州のようになると手に負えなくなること。
    そういう怖い側面のあるウイルス。だから何とか感染症を抑えないといけません。これは命を守らないといけない。
    医療崩壊を防がないといけない。そういうことです」と強調。

    その上で「一方でこの1カ月間、緊急事態宣言で本当にまさに出血を伴うようなお願いっていうのを民間の事業者の皆さん、
    商売されている皆さん、それから国民の皆さんにお願いしてきて何とかやってきて、徐々にですけど抑え込んできているっていう現状がある」と説明した。

    「経済を*せてしまうと、倒産も増えてくる、失業者も増えてくる。あってはならないんですが、
    それで命を落とされる方も増えてくる。これはあってはならないんですが、事実です。
    であるならば、こちらの命を誰が守るんですかっていうのも考えなけれなならない」

    「その時に緊急事態宣言を延長するのであれば、どういう時にそれが出口戦略として示されて、
    徐々に解消されていくのか、結局、命対命なんですよ」と強調。

    「命対経済とか命対お金、じゃなくて命対命であって、それをどう守るのか。経済の方の命を完全に守りますっていうと全部補償しないとだめです。
    でも全部っていうのは無理だし、実際には休業補償はしないというのが大きな方針」とし、

    「経済的に守るべき命と感染症で守るべき命、これを両立させていくことを考えるのが政治の役割だと思っている。
    だから出口戦略も大阪でつくったということです」と説明した。


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4d766caed615a538502d4f92bfb6fb19195d3a13

    吉村知事は
    「経済対命のはかりと言われるんですけど、命と命のはかりなんです。失業して経済が崩壊したときに、
    お金の問題はいくらでも解決できるわけですよ。でも、そこでどうしても失業や倒産が増えてくると命を落としてしまう人がいる。
    あってはならないことですけど、これを防がないといけない。ここの命を守らないといけない。ここの命は報道されないんですよ」

    「そっちの命も守らないといけない。命と命の比較なんです。どっちも守らないといけない。
    だからこそ、みんなが納得いく基準がいるというのが一番の問題意識です」と、

    感染拡大防止だけではなく、命を守るための経済活動再開とのバランスを強く訴えた。

    https://www.sanspo.com/geino/news/20200506/pol20050618540005-n1.html

    関連スレ
    三浦瑠麗「経済vs命ではなく、命vs命」「コロナで*命と経済で*命は同じ」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1586574493/
    三浦瑠麗、小池知事は「感染症専門家の意見に引きずられている」「ライフラインをどう維持するかを、彼らは知らない」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1586405995/
    小林よしのり「他国は数万人の死者が出ても、経済活動を再開する。経済の死は、人間の死である。」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1588155296/
    小林よしのり「ようやくテレビが経済は大丈夫?と視点を入れてきた。失業者の苦しみが分からぬテレビ局は今ごろ遅すぎる!」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1588497683/
    ビートたけし「自殺者やがんで亡くなる人が一日何百人いる」「一つの病気で考えコロナだけに焦点を当てるべきではなくて」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1589070948/
    爆問・太田、コロナ緊急宣言に「命と経済ではない、命と命で対立してる。分断を避けてほしい」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1588473767/
    デーブ・スペクター、緊急宣言延長に異論「例えば車の速度制限を30kにしたら事故が無くなるが非現実だからやらない」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1588481889/
    堀江貴文、コロナ自粛に「経済が停滞すると自殺者が増える。どこかで折り合いをつけないと社会は崩壊する」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1586403517/


    【【大阪】吉村知事「命対経済じゃなくて命対命。経済的に守るべき命と感染症で守るべき命、これを両立させていく」】の続きを読む


    西村 英一(にしむら えいいち、1897年8月28日 - 1987年9月15日)は、日本の政治家。自由民主党衆議院議員(当選11回)。 閣僚として厚生大臣、建設大臣など、また党職として自民党副総裁を務めた。田中派(七日会)初代会長。「おじいちゃん」の愛称で知られ、佐藤栄作、田中角栄両元首相に対するご意見番的存在であった。
    11キロバイト (945 語) - 2019年10月30日 (水) 05:36


    政府は発言に対して責任感がありませんね。八方美人といいますか・・

    1 みなみ ★ :2020/05/06(水) 20:12:34.68

    2020年5月6日 18時53分
    https://news.livedoor.com/article/detail/18223348/

     西村経済再生担当大臣は6日、緊急事態宣言の延長をめぐる大阪府・吉村知事の発言に「何か勘違いをされているのではないか」と反論した。

    【映像】西村大臣「吉村知事は勘違いをされている」

     大阪府は5日、緊急事態宣言の延長を受けて、自粛解除に向けた独自の“大阪モデル”を公表した。発表に際して吉村知事は「大事なのはまず数値で示すということなので、まず数値で出口戦略をする」「本来は国で示して頂きたかったが、それが示されないということになったので、府としてのモデルを決定したいと思う」と説明していた。

     この件に関する受け止めを聞かれた西村大臣は「報道で承知している」とした上で、「何か勘違いをされているのではないかと、強い違和感を覚える。各都道府県の裁量で休業要請なり解除なりを行っていただくわけなので、その説明責任を果たすのは当然。都道府県の知事の権限・裁量を増やしてほしいと要請や主張をされながら、『休業要請を解除する要件の基準は国が示してくれないから』というのは大きな矛盾だと思う」と反論。

    以下ソースで
    ★1 2020/05/06(水) 19:31:45.59
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1588761105/-100


    【【新型コロナ】西村大臣「何か勘違いをされている」吉村知事の「大阪モデル」公表の経緯に反論】の続きを読む

    このページのトップヘ