クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    タグ:投資

    pixta_23460494_S-min

    投資信託(とうししんたく)は、多数の投資家から販売会社を通じて出資・拠出されてプールされた資金を、運用会社に属する資産運用の専門家(ファンドマネージャー、ポートフォリオマネージャー)が、株式や債券、金融派生商品などの金融資産、あるいは不動産などに投資するよう指図し、運用成果を投資する


    こんな素人同然の投資信託じゃ自分でした方がましだろ
     



    1 クラウン速報:2020/07/26(日) 03:39:56.88


     今この瞬間も、「郵便局」で、あなたのお金が危険に晒されているかもしれない。かんぽ生命の不適切販売が記憶に新しい日本郵政グループ、傘下のゆうちょ銀行では、貯金運用のリスク高騰に加え、投資信託販売でも不正が多くあったと報じられる。老後の「年金」がわりに加入している高齢者も多い郵便局の投資信託で気をつけるべき点は何か。経済ジャーナリスト荻原博子氏の著書『「郵便局」が破綻する』(朝日新聞出版)から、一部抜粋・再構成して紹介する。



    ■高まり続ける貯金の運用リスク

    「ゆうちょ銀行」は、206兆円もの貯金を集めながら、貸し出しができないので、集めたお金は運用するしかありませんが、リスクが日に日に高まっています。

     今まで、「ゆうちょ銀行」も「かんぽ生命」も、みなさんから預かった大切な貯金や保険料を目減りさせないように、安全な国債で運用していました。2007年の「郵政民営化」時点で「貯金」の約9割は、リスクのない国債で運用されていました。

     ところが、2019年3月末で見ると、国債の運用割合は28.3%まで減り、代わりに、外国債券や外国の投資信託などが30.3%と増えています。なぜ、こんなにリスク運用が増えたのかといえば、日銀のマイナス金利政策で国債の金利もマイナスになり(10年日本国債の利回りマイナス0.017%=2020年3月31日現在)、国債で運用すればするほど、損してしまうからです。

     国債運用とは、国債を買って満期が来たらまたそのお金で国債を買うというものですが、高い金利の国債は、次々と満期を迎える(償還)のに、今はマイナス金利なので買える国債がない。そうなると、為替リスクはあるけれど、日本の国債よりも金利が高いアメリカ国債など外国債券を買うしかないのです。

     すでに日銀の金融政策は後戻りできないところにまで来ており「郵便局」の運用も、この先、日本国債で安定して金利を得る正常な状況に戻れるかは疑問です。

    20200713-00000026-sasahi-000-9-view



    41本中39本が元本割れ!「年金代わり」に郵便局の投資信託は要注意〈dot.〉 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f8f83d14da85bfda8eae11cf96c3797f3fbfa5ce 

    【【郵便局】投資信託の商品「41本中39本が元本割れ」】の続きを読む

    739_ext_01_0

    投資が必要となるのは、経済または経営主体が、自己資本に加えて、追加的な他人資本を調達することで、より大きな投資機会に投資が可能となるからである。低い投資収益の投資機会を削減してより高い投資収益率に集中することで経済全体の投資


    これからの時代は個人ブランティングで乗り越えなきゃね
    それが出来なければ本当に厳しい現実が待っている 





    1 クラウン速報:2020/07/23(木) 13:57:34.94


    「コロナショック」による株価の急落以降、相場は上昇と下落を繰り返すような展開が続いている。そうした株価の上下動に一喜一憂しないためには、どのような投資法を心がければよいだろうか。

     そのひとつが「株主優待」投資だ。株主優待とは、企業が株主に向けて自社商品やサービスなどの「優待品」を贈る任意の制度のこと。外食産業ならお食事券、食品メーカーなら詰め合わせセットなどがあり、その他、クオカードや株主優待専用の共通ギフトサービスのポイントなどを優待品としているケースもある。

     優待を受け取るためには、各銘柄ごとに設定されている権利確定月にその銘柄を保有しておく必要がある。300以上の優待銘柄を持つ主婦ブロガーのようこりんさんが解説する。

    「株を一定期間保有し、配当や優待がきちんと出ていれば、株価が多少落ちても元は取れます」

     株主優待は保有期間や保有株数などでもらえる優待品にも差が出るが、100株や1000株ずつなど最低単元数で所有することが最も「お得」になることが多い。そのため、家族全員で最低単位ずつ持つスタイルも選択肢のひとつだという。

    「実は最近、配当と利益で家を購入したんです。家具をそろえているところなんですが、急ぎではないので、優待で少しずつそろえています」(ようこりんさん)

     塵も積もれば山となる。ようこりんさん注目の優待銘柄は、別掲の表にまとめた。投資で家を買う、とまではいかなくとも、生活に潤いを与えてくれる優待は少なくないだろう。


    s_shutterstock_684115012-1024x683


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200722-00000004-moneypost-bus_all

    【【コロナ危機】株主優待目当てに投資する主婦ブロガー「利益で家を購入」】の続きを読む

    1497025

    年版の放送開始に伴い、同じく放送が延期されていた2013年版の特別総集編が7月5日、7月12日の2週にわたり放送された。 半沢直樹は、「上を目指す」と公言する有能な銀行マン。半沢がバンカーとして頭取を目指すことには、ある理由があった。


    香川照之と堺雅人のコラボは好きだな〜
    加賀健斗もなかなかいいキャラしてるな





    1 クラウン速報:2020/07/15(水) 08:43:47.23

    ◇半沢直樹 令和の倍返しだ!

     前作で半沢直樹の最大の敵となったのが、香川照之(54)が演じた東京中央銀行・大和田暁常務。クライマックスで半沢の倍返しを食らい、銀行の役員がそろった会議室で半沢にひれ伏した。平均視聴率42・2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した最終話の中でも、最も視聴者の目をくぎ付けにした名シーンだった。

    【写真】敵視、バトル、信頼…「半沢直樹」人物相関図

     「僕は“土下座はしたくない”と監督に言ったんですね。僕が知ってる大和田のような人は、絶対に土下座はしませんよ、と」。意外な裏話を明かした。

     大和田は冷静かつ大胆なやり方で、最年少常務にのし上がった男。駆け引き上手で、裏切る時も情けはかけない。「ああいう人は絶対に土下座しないんですよ。リアルではしないのに、ドラマだからするのはどうかと。だから“土下座をしないという選択肢がある”と言ったんですよ」

     福澤克雄監督はその意見を聞いてジッと考え込んだ。出した答えは「してください」。香川は「分かりました」と応じた。ただし、一つ注文もつけた。「僕がイメージしてる人は土下座をしない。だから、土下座をするまでに限りなく時間かかりますよ。すっごいかかりますから。それでいいですか?」。この言葉が、あの土下座につながった。

     シーンは実に20分以上に及んだ。土下座をすべく膝に付いた手と、そうはしまいとなかなか折れない膝との戦い。歯を食いしばっても、忸怩(じくじ)たる思いがあふれ出る。見下ろす半沢が憎らしい。涙もよだれもほとばしった。誰がやっても同じ演技にはならなかっただろう。台本には「土下座をする」と一文が書いてあるだけなのだ。

     今作の第1話は、あの土下座のシーンの、その後の生きざまも描かれる。そして、香川のいとこである歌舞伎俳優市川猿之助(44)演じる伊佐山が、大和田のあだ討ちとばかりに半沢の敵になる。「今度は、いとこまで連れてきて半沢を倒そうって、TBSもよく考えたものですよ」と笑う。

     「土下座はたまたまあの時起こったこと」。確かにドラマの一つの場面にすぎない。だが、一つの土下座でここまで語り継がれた俳優は後にも先にもいないだろう。「土下座を一つのコンテンツにしてしまったのは私の芝居。今回も誰かがやっても面白いし、プロデューサーには“土下座する人はこの人とこの人かな。この人にはさせちゃダメ”って言ってますから。その時は、指導しなくては」とニヤリと笑った。

     《半沢との関係性?「着地点が楽しみ」》大和田は前作で半沢の倍返しを受け、常務取締役から平の取締役に降格。今作の原作小説には登場しておらずドラマ独自で大和田のその後が描かれる。12日の制作発表会見では「原作が完璧で入る余地がない」と思ったと明かした。今作での半沢との関係性は謎に包まれており「途中まで台本ができていますけど、今のところいい感じ。着地点が楽しみ」と話している。

    半沢直樹1-1


    https://news.yahoo.co.jp/articles/e4882a559fea2e5f272c8e05bd8dd39df2c63249

    【【半沢直樹】香川照之「土下座はしたくない」台本のわずか一文が20分超えした伝説シーン】の続きを読む

    このページのトップヘ