customer-service-manners

(mannerism) から) 公共 小笠原流礼法 ネチケット コード化 上座 新社会人の為のビジネスマナー通信 異業種交流会で役に立つビジネスマナー JR西日本 駅や車内でのマナー啓発 国際興業バス バスに乗る時のマナー 携帯電話のマナー NTT 携帯電話のマナー au ケータイマナー SoftBank


教育でちゃんと教えたか?

1 クラウン速報:2020/07/07(火) 14:43:38.65

「ご注文は以上でよろしかったでしょうか?」
「HIROさんに~していただいた」(EXILE TRIBE)
「卒業させていただく」

 こういった敬語の表現を、最近よく耳にします。

 「ご注文は以上でよろしかったでしょうか?」は、いわゆる“ファミレス敬語“です。ファミリーレストランなどでよく聞かれる表現であるために、俗語としてこう呼ばれるようになりました。そして、身内の行為にもかかわらず、EXILE TRIBEの人たちが「HIROさんに~していただいた」、若者が「母に買っていただきました」と言ったり、別に特に許可がいる場面でもないのに「卒業させていただく」と言ったりする“謙譲語もどき”も増えています。

敬語の「乱れ」ではなく「変化」
 これらを「敬語の過剰化」、あるいは「敬語の乱れ」だと思う大人は少なくないでしょう。

 日本語の敬語はそもそも複雑で、習得に時間がかかります。だから、子供が使うのは難しいですし、難しいからこそきちんと使えることが教養の証として賞賛され、「新用法」が糾弾されます。

 しかし実は、言語学者たちはそうは見ていません。「日本語が変化している」のだと見ています。そもそも敬語そのもののあり方が変わってきていて、若者たちはその目的や機能、そして日本語の文法規則において、ある意味、自然な使い方をしていることが多いので、こんなにも素早く変化し、浸透してきているのです。

 まずは、21世紀に入ってから目立ってきた、「よろしかったでしょうか」という、いわゆる「ファミレス言葉」について考えてみましょう。

1.「部長。先ほど部長がおっしゃっていた方が見えたので、応接室へお通ししておきましたが、よろしかったでしょうか」
 2.「ご注文は、カフェ・オレとハーブティーでよろしかったでしょうか」
 3.「本日は、店内でお召し上がりでよろしかったでしょうか」

長いので以下
https://news.yahoo.co.jp/articles/532c5b73d67aae7d5e79a0e9333eb4599f22f510


【【日本語】若者の敬語が「過剰化」している】の続きを読む