クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    タグ:東京オリンピック

    img_01

    林業(りんぎょう、英:forestry)とは、森林に入り、主として樹木を伐採することにより木材を生産する産業。第一次産業の一つ。 世界農林業センサスの定義によると、林業事業体のうち、1ヘクタール以上を所有する世帯を林家(りんか)と呼ぶ。


    森を整備しないと後々大変だからね・・・





    1 クラウン速報:2020/07/30(木) 21:49:31.85


    今、日本の林業がかつてないほどの「危機的状況」に陥っていることをご存知だろうか。

     日本は国土の3分の2、およそ2500万ヘクタールという広大な面積を森林に囲まれた世界有数の森林国である。ところが、林業に従事する人の割合はここ数十年で急激に減っているのだ。およそ30年で、10万人もの人数が林業から離れてしまった。これは高齢化や山林売買価格の減少などが一因とされている。  その一方で、国土を覆う樹木自体は、年を追うごとに増えている。以下のグラフを参照していただきたいが、今の森林資源はおよそ52億立方メートル、年間7000万立方メートル増加している計算になる。7000万立方メートルというとピンとこないかもしれないが、東京ドーム実に56個ぶんの体積が増えていると計算すると、驚くほかない。  しかも、人工林の多くは、伐採に適した主伐期」と呼ばれる樹齢50年を超えている。主伐期を過ぎた樹木は、太すぎて切り出しが難しく、用途も限られ、格安で取引されることも多い。そのため、伐採すればするだけ損をする可能性もゼロではなく、手を付けられないまま放置されているケースが多発しているのだ。
     

    img_a71bd3790bb63c8403159e6a76ac0b51505375


    https://news.yahoo.co.jp/articles/02ace9c4f3482e367ba7a2a848fb12b55e1ced75

    【日本の林業崩壊が止まらない。かつてないほどの「危機的状況」に陥っているわけ】の続きを読む


    12パスGGP_20191204_(1)_


    東京オリンピック(とうきょうオリンピック) 実際に開催された、もしくは開催される予定の大会 1964年東京オリンピック - 1964年に開催された第18回夏季オリンピック東京オリンピック (映画) - 1964年開催の東京オリンピックに関する記録映画。 1964東京オリンピック (テレビ番組)



    1 クラウン速報:2020/05/17(日) 07:20:40.43


    ■20年後の「日本終了」が現実を帯びてきた

    1968年に世界第2位の経済大国となった日本は、50年以上の長きにわたって繁栄してきた。先の大戦、いやその前から大変な問題を何度も乗り越えてきた。

    しかし、現在、直面している重大な問題に対して、目を背けすぎだ。日本の借金は日々膨れ上がっている一方で、人口は減り続けている。
    出生数も大きく減少していて、数年先はともかく20~30年後には大変な状況になる。

    日本の国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、2040年の日本の出生数は70万人前後にまで落ち込む見通しだ。
    2040年に70歳になる1970年生まれの出生数は200万人もいる。社会保障のサービス水準が変わらないとすると、数少ない若者に重税を課さない限り借金は増え続ける。
    これは私の意見や感想ではなく、データが示す事実なのだ。

    すぐに消滅することはないが、外資に買われまくるといったかたちで、実質的に国家が維持できなくなる可能性もゼロとは言えないだろう。

    ■「少子化対策」と「移民政策」が、日本の未来の鍵を握る

    日本の将来を考えたとき、ものすごい勢いで子供を増やすか、移民を受け入れるか、とんでもないスピードで借金を減らすかしない限り、
    日本が長期停滞から脱する見通しは絶望的だ。

    私がもし、日本の政治家だったら、一番に優先して取り組むのは少子化対策だ。どうすれば、女性が子供を産みたいようになるかを考える。
    そして、このことに大きな予算を使うべきだと主張する。

    そして、同時に、日本の財政の立て直しに取り組むだろう。日本の予算における歳出は、歳入をはるかに上回る状態が続いている。
    赤字国債の発行が常態化しており、財政赤字は毎年増え続けている。何度も言っているが、こんなことがいつまでも続けられるはずがない。

    財政は破綻しなくても経済は破綻する。財政を健全化させなければ、いつの日か国債の金利は跳ね上がり、日本の円は暴落してしまう。
    そうなれば、国民はこれまでのような豊かな暮らしを続けることは難しい。だから、無駄な歳出を思い切ってカットする。

    次に、移民政策に取り組む。私は移民政策が不可欠だと思っている。

    シンガポールのように、スキルの高い外国人に移住してもらうにはどうすればよいかを考える。
    優秀な外国人の人材を日本に呼び込むことで、高齢化がもたらすショックを緩和させることもできる。
    また、素晴らしいアイデアを持った外国人が日本に来てくれることで「変化」を起こし、イノベーションが起こりやすい社会に変えることができるかもしれないと思っている。

    私がもし日本で政治を行うなら、少子化対策と移民政策、この2つの問題にエネルギーを傾けたいと思う。


    ★東京オリンピック強行が「2040年の日本終了」をさらに早める理由 

    ソース本文で続きを読む
    https://president.jp/articles/-/35318 
     


    【【経済】東京オリンピック強行が「2040年の日本終了」をさらに早める理由 「少子化対策」と「移民政策」が、日本の未来の鍵を握る】の続きを読む

    hw414_AS20200324000446_comm

    2020年東京オリンピック2020ねんとうきょうオリンピック)は、2021(令和3)7月23日から8月8日までの17日間、日本の東京都で開催される予定のオリンピック競技大会。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行を受けて、2020夏の開催日程から1延期となった(後述)。
    143キロバイト (16,756 語) - 2020年5月2日 (土) 18:34



    1 クラウン速報 :2020/05/03(日) 17:54:51.79

    東京オリンピックが異例の1年延期になった。中止は過去5回あったが、延期は初。パラリンピックも同様に延期された。新しい日程は、オリンピックが2021年7月23日~年8月8日、パラリンピックが8月24日~9月5日。いずれも、もともとの日程と同じ曜日の開催とし、日付は1日早くなった。新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の世界的な拡大によるもので、やむをえない措置だ。しかし、たった1年の延期で、果たして開催できるのだろうか。

     国際オリンピック委員会(IOC)は3月30日、臨時理事会を開き延期を決めた。東京2020組織委員会の森喜朗会長が「選手の選考、予選、準備などには一定程度の期間を要する。輸送、ボランティア、そしてチケットホルダーにとっては夏休み期間中が望ましい。新型コロナウイルス感染症の状況などを勘案すると1年延期の夏開催が望ましい」と提案、IOCが受け入れた。


    ソース本文で全文を読む
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200503-00169566-bcn-sci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【新型コロナ】東京オリンピック 異例の一年延期決定】の続きを読む

    このページのトップヘ