クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    タグ:注文

    photo_intro

    種子 (しゅし、〈たね〉) とは種子植物で有性生殖によって形成される散布体である。一般には、単に種(たね)と呼ばれることが多い。 種子は親植物の組織起源の種皮(しゅひ)という皮に包まれ、その中には受精卵から発育した幼い植物体、すなわち胚が入っている。種子はめしべにある胚珠から発達する。


    怖すぎるわ・・



     

    1 クラウン速報:2020/07/31(金) 07:04:11.18


    日本の農林水産省植物防疫所は30日、「海外から注文していない植物が郵送された場合は、植物防疫所にご相談ください」とする文書を公開した。

    文書では、「最近、注文をしていないのに海外から種子が郵便などで送られてくる事例があるようです」として、こうした事例では輸入時に植物検疫を受けていない場合が多いものの、植物防疫法の規定により検査を受けていない植物は輸入できないことを説明。

    輸入時に検査を受けた場合は、パッケージに「植物検査合格証印」という合格のスタンプが押されるため、「もし、輸入検査を受けていない(外装に合格のスタンプのない)植物が届いたら、そのままの状態で、最寄りの植物防疫所にご相談ください」と呼びかけている。

    米では数日前から話題に 全州で警戒呼びかけ
    数日前からアメリカでは、注文していない植物の種が中国と見られる地域から送り付けられる事例が取りざたされていた。送られた郵便物には中国語が書かれているほか、「China Post(中国郵政)」という文字も見られたといい、全州で住民に警戒を呼びかけたことが伝えられている。

    CNNによると、中国外務省の報道官はこの郵便物について、宛名のラベルが偽造されているとし、調査のために郵便物を提供するよう米側に要請していると説明したという。

    文書では、「最近、注文をしていないのに海外から種子が郵便などで送られてくる事例があるようです」として、こうした事例では輸入時に植物検疫を受けていない場合が多いものの、植物防疫法の規定により検査を受けていない植物は輸入できないことを説明。

    輸入時に検査を受けた場合は、パッケージに「植物検査合格証印」という合格のスタンプが押されるため、「もし、輸入検査を受けていない(外装に合格のスタンプのない)植物が届いたら、そのままの状態で、最寄りの植物防疫所にご相談ください」と呼びかけている。

    米では数日前から話題に 全州で警戒呼びかけ
    数日前からアメリカでは、注文していない植物の種が中国と見られる地域から送り付けられる事例が取りざたされていた。送られた郵便物には中国語が書かれているほか、「China Post(中国郵政)」という文字も見られたといい、全州で住民に警戒を呼びかけたことが伝えられている。

    CNNによると、中国外務省の報道官はこの郵便物について、宛名のラベルが偽造されているとし、調査のために郵便物を提供するよう米側に要請していると説明したという。


    「種が届いた」というTwitterユーザーの声も
    Twitterでは29日頃から、日本に住むユーザーからも「話題になっている種が届いた」といった声が見られていた。

    植物検疫所に問い合わせ、発芽の可能性があるため捨てないよう伝えられたと報告するツイートや、Amazonに登録している住所に届いたことから漏えい元を疑う声も見られている。


    【【中国からの贈りもの?】海外から謎の種が自宅に、日本でも同様事例が多発】の続きを読む

    8-20

    Uber Eats (ウーバーイーツからのリダイレクト)
    Uber Eats (ウーバーイーツ、かつてはUberEATSと表記)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くウーバー・テクノロジーが2014年より展開しているオンラインフードデリバリーサービス。2016年には、日本でもサービスが開始された。


    そんなに儲かるシステムなのか?
    地方では厳しいが都心では成り立つシステムだね






    1 クラウン速報:2020/07/19(日) 19:55:35.77

    新型コロナウイルスで日本経済が低迷する中、急成長しているのが、飲食店の宅配代行サービス。
    本業の合間に、副業として配達員の仕事をする人が増える中、この仕事で人生を救われたという、20代の配達員を取材した。

    自らの過去を、「家もなくて、お金もない状態だったので、働けない人になっていたかもしれない」と振り返るのは、
    宅配代行サービス「ウーバーイーツ」の配達員・神田遥香さん(23)。

    梅雨、真っただ中のお昼時、神田さんは、新横浜駅から10km圏内のお宅2軒にランチを配達。

    気になる報酬は。

    配達員・神田遥香さん「2件であわせて、1,052円になりました」
    配達員のスマホには、配達で受け取る報酬が表示される。

    新型コロナ以降、専業主婦や会社員など、副業として配達員を始める人が増える中、
    神田さんは、これを本業にして、週におよそ160件の配達をこなしている。

    配達員・神田さん「(体力的にきつい?) 全然。お昼休みも2時間とって、1時間で3件、時給2,000円目指してやっています」

    そういう神田さんのお気に入りは、たくさんのシールが貼られた配達専用のバッグ。
    さらに、新型コロナ対策用グッズも。

    配達員・神田さん「お客さまと現金の受け渡しをするときの受け皿です」
    滑りにくいゴム素材で、釣り銭などを直接受け渡すことがなくなった。

    配達員・神田さん「(モットーは?) 時間に早く配達しないと。お客さまが待っているので。安全は第一ですけど。だからこそ、早いルートで行けるように心がけています」

    神田さんは、この仕事を始めて、およそ5カ月。月に、どのぐらい稼いでいるのか。

    配達員・神田さん「月40万円前後でやっています。(副業として)土日だけやっている人でも、週5万円くらいだと思います」

    中学卒業後、高校には進学しなかった神田さん。
    彼女のSNSには、「ギャンブルに溺れて、家なし金なしの本当にろくでもない毎日で、夢も希望もない社会不適合者」と投稿されていた。

    そんなすさんだ生活に見かねたのか、友達が勧めたのが、宅配サービスの配達員だった。
    学歴や特別な技術を必要とせず、頑張った分、報酬を得られるこの仕事とめぐり合った神田さん。彼女の人生のリセットだった。

    配達員・神田さん「とても人生変わりました」

    新型コロナにより、日常の生活が変わった昨今。
    自らの人生が変わった神田さんは、夢を乗せて、きょうもスクーターを走らせている。

    img_cbfaac630b98230397e859af6fa300ca545645


    https://www.fnn.jp/articles/-/64336

    【【話題】社会不適合者だったウーバーイーツ配達員が月収40万円に「人生変わった」】の続きを読む

    このページのトップヘ