クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    タグ:渡部建

    img_564c08ae322a4991e10f41c63da6e5fa171032

    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優の佐々木希 


    奥さんの懐が広くて本当によかったな
    もう二度と不倫なんてすんなよ

     




    1 クラウン速報


     長い梅雨が明け、ようやく晴れ間が見えた8月上旬の早朝。都内の高級住宅地に、小さな子供を挟んで、“手つなぎデート”を楽しむ夫婦の姿があった。

     男性の手は子供の右手と、女性の手は子供の左手とギュッとつながれており、時折、子供は両足を浮かせ、ブランコのように体が揺れるのを楽しむ。「もういっかい」と子供がねだり、夫婦は息を合わせて子供を持ち上げる――。ドラマに出てくるような“幸せな夫婦”は、アンジャッシュ・渡部建(47才)と佐々木希(32才)だった。
     ふたりは2017年10月に結婚し、翌2018年2月には第一子の男の子が誕生。順風満帆に見えたが、今年6月に渡部が複数の女性と不倫関係にあったことが発覚。しかも「多目的トイレでの性行為」「女性に1万円を渡し、都合よく扱う」などの詳細が報じられ、大バッシングを浴びたことは記憶に新しい。
     一連の報道により、渡部の仕事はゼロに。収入が途絶えただけでなく、CMの降板で多額の違約金が発生するとみられ、大きな“ツケ”を払うことになった。
    「不倫騒動以前、渡部さんには3本のCM契約がありました。その中には外資系商品もあり、特に違約金の額が大きくなる可能性があります。レギュラー出演していたテレビ番組の再収録費用などと合わせると、賠償額は1億円を超えるともいわれています」(大手広告代理店関係者)
     渡部が背負う十字架は金銭面だけではない。パートナーにも多大な迷惑をかけた。
     7月30日、新CMの発表会に登場した相方の児嶋一哉(48才)は、コンビの今後について、「まだ何も決まっていない。復活できないかもしれない」と心境を明かした。
     最も深く傷ついているはずの妻の佐々木は、
    《この度は、主人の無自覚な行動により多くの方々を不快な気持ちにさせてしまい、大変申し訳ございません》
     と謝罪コメントを出し、「離婚しない」道を選択した。さらに、雲隠れした渡部とは対照的に、騒動後も間を置くことなくレギュラー番組に出演し続けている。
    「夫の不貞が報道され、悲しさと恥ずかしさで外も歩けないほどの気持ちだったのではないでしょうか。そんななか、収録時には周囲のスタッフに気をつかわせないよう明るく振る舞っていたとか。いま、佐々木さんの“覚悟”を評価する業界関係者も多い」(テレビ局関係者)
     冒頭、子供を介してギュッと結ばれた手は、その絆の強さをうかがわせた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200805-00000012-pseven-ent


    (出典 www.news-postseven.com)


    (出典 www.news-postseven.com)


    【渡部建と佐々木希が親子3人で手つなぎ散歩!!仲睦まじい姿が話題に・・・】の続きを読む

    enn2007110003-m1

    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優の佐々木希 


    情けないとしか言いようがない。今までの自信はどこ行ったんだ






    1 クラウン速報:2020/07/12(日) 15:50:47.90



     アンジャッシュ・渡部建(47)が「週刊文春」に“トイレ不倫”を暴露されてから1カ月が経過した。この間、渡部は同誌の独占インタビューに応じ、涙ながらに「今でも妻のことを愛しています」と語ったが、その後は自宅で籠城を続けている。

     渡部には複数の関係者が「このままではいつまで経ってもラチが明かない。謝罪会見を開いたらどうか」と提案したというが、本人が「とても耐えられそうにありません」と弱音を吐いており、嵐が過ぎ去るのをじっと待つ構えだという。

    世間からあのいまいましいスキャンダルの記憶が消えれば、いつか元のポジションに戻れると考えている節もあるそうだ。



    【【アンジャ渡部建】謝罪会見の提案に弱音か「とても耐えられそうにありません」】の続きを読む

    geo20062422000021-p1

    安藤 優子(あんどう ゆうこ、1958年11月19日 - )は、日本のニュースキャスター。ウェーブ産経代表幹事。有限会社エイアンドアソシエイツ所属。千葉県市川市出身。身長164.5cm、血液型はA型。 市川市立八幡小学校、千代田区立九段中学校卒業。1974年、東京都立日比谷高等学校に入学。高校在学


    女性側が普通に被害者扱いなってんのマジでなんなの?マジで意味わかんないからwwwww

    1 クラウン速報:2020/06/26(金) 15:49:06.27

    25日放送の『情報LIVE グッディ!』(フジテレビ系)におけるMC・安藤優子と、出演した田村勇人弁護士のやりとりが話題になっている。
    複数女性との不倫問題で芸能活動を自粛中のアンジャッシュ・渡部建。

    安藤優子は、特に問題になっている多目的トイレでの密会について
    「複数回行っているわけじゃないですか。(不倫相手が受けた)その屈辱さをやっぱり感じてほしかったな」

    しかしこれに田村弁護士が
    「屈辱さを感じてほしいとは僕は思っていなくて、自分で行ったわけですから」と指摘。
    「『自分で決定したんでしょ。何それを被害者ヅラしてるの』っていうのは確認しなきゃいけない」と密会を断らなかった女性側にも責任があると述べた。

     田村弁護士の反論にツイッターからは
    「弁護士のご意見ごもっとも!同意で行ってるのに屈辱も何も無いわ」
    「テレビでよく言った!安藤さんは納得してなさそうだが、脅迫も何もないのに自ら行った女性も悪いぞ!」と称賛の声が集まった。

    一方で安藤に対しては
    「安藤優子って不倫する男には厳しいけど、トイレに呼び出された女に対しては甘々なんだよな」
    「加害者側が被害者ヅラしてるだけでそこに女性軽視はないよ」などと意見が的外れという指摘が集まっている。

    スタジオでも意見が分かれるなど、渡部の不倫をめぐる議論は白熱を極めている。


    (出典 data.smart-flash.jp)

    https://npn.co.jp/article/detail/200005325
    前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1593145247/

    関連スレ 
    渡部建と30回以上の関係を持った被害者面の女「一人の女性として扱って欲しかった」報酬は1回1万円
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591931026/
    渡部の愛人「私のときは女性へのマナーはあった。1回デートで5万円、高級ホテルでも。お金がもらえるなら、まあいいかなと」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592453427/
    関連スレ
    薬丸裕英、渡部報道に「今週から記事は見ない。奥さんは更正させると児嶋君も謝ってる。どうすれば気が済むんですか」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592533656/
    ワイドショー 渡部へ壮絶バッシング、誹謗中傷は良くない認識でも正義感で『これはしても良い誹謗中傷』と独自ルール
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592447706/
    伊沢拓司「2週間前はSNSの誹謗中傷が過度だと言ってきたのに、すぐこういう話になるのは非常に悲しい」メディアに苦言
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592190961/
    関連スレ
    渡部建、不倫女と話し合いしてない会見は自殺行為 後出しジャンケンされる可能性
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592612947/
    渡部は会見すべきか?会見しても炎上の人、当時しなかった矢口、今もしてないアメフトの日大理事長
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592470181/
    関連スレ 
    東国原英夫「渡部君はどっかで気づかないと、1万円でトイレに来るような女性は、いつかどっかでリークすると」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592647041/
    デヴィ夫人「週刊誌にペラペラ喋って」「トイレではけ口扱いされている1万円の付き合い、女の誇りのない人たち」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592197947/
    山路徹、渡部不倫問題に「これは不倫じゃありません。次元の低い女遊び」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592122171/


    【【渡部】安藤優子「女性が受けた屈辱さ感じてほしかった」→田村弁護士「トイレ行くのは自分で決定したんでしょ。何を被害者面してるの」】の続きを読む

    enn2006240004-p1

    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、Youtuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。なお、「健」は誤り。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務め


    なぜ文集?

    1 クラウン速報:2020/06/24(水) 22:36:39.29

    「週刊文春」6月11日発売号が報じた「アンジャッシュ」渡部建(47)の不倫疑惑
    6月16日、渡部が「週刊文春」の取材に応じ、不倫疑惑に加え、妻で女優の佐々木希(32)、相方・児嶋一哉(47)への思いを明かした。

    取材現場に黒いスーツ、ネクタイ姿で現れた渡部。時折言葉を詰まらせながらも、NGの質問は一切なく、取材時間は90分に及んだ。

     取材に同席した所属事務所「人力舎」の玉川大社長が振り返る。

    「渡部が直撃取材を受けたとマネージャーから聞いて、(不倫スキャンダルを起こした)他の方々がやってきていることと同じようにするしかないと
    思っていました。芸人だからいじられて、なんなら(相方の)児嶋一哉が『俺じゃねえよ!』と言うとか、いろんな形を想像していた。
    その後、事務所に紙(質問状)が届き、『多目的トイレ!? えっ、これ気持ち悪ぃじゃん。種類が違うじゃん』って考えを改めたんです。
    それで自粛という形に腹が固まった」

    渡部は「週刊文春」が報じた複数女性との関係について次のように語った。

    「思い起こせば、独身時代はとにかく独身をとことん謳歌しなくてはと思い、好き勝手に過ごしていました。
    妻と知り合ってから安全な遊び方を知り、そこから抜け出せなかった。彼女たちに対しては気持ちのないまま接していたし、
    気持ちの上で浮ついたことはありませんでした。僕は今でも妻を愛しています」

    佐々木の反応についても明かした。

    「今まで浮気が妻にバレたことは一度もありませんでした。記事を見て、妻は失望していましたね。
    怒りもあるし、呆れもあるし。仕事も増え、自分の描いたビジョン通りに物事が運んでいったことが慢心を生んでしまった」

    6月25日(木)発売の「週刊文春」では、渡部の独占インタビューを4ページにわたって詳報。
    その中で渡部は、妻・佐々木希から受けた叱責、不倫の“隠蔽工作”を図った理由、相方児嶋に対する複雑な思いなどを語っている。


    (出典 bunshun.ismcdn.jp)

    https://bunshun.jp/articles/-/38615

    ★1が立った日時:2020/06/24(水) 16:11:40.50
    前スレ

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592999051/


    【【週刊文春】 渡部建が独占告白 「今でも妻を愛しています」】の続きを読む

    20200620-00000050-dal-000-2-view

    Weblio辞書,タレントデータバンク ^ a b 姉・由美子さんと妹(恵美子さん)は、姉妹で女性専用エステサロン「Sister」を共同経営」(テレビ朝日「大胆MAP」 2009年2月15日) ^ 釈由美子レスキュー隊に救助されていた - デイリースポーツ 2013年1月12日 ^ “釈由美子が結婚 同じ年、沢村一樹似の実業家男性と交際半年で”


    多目的パパ・・言われたくない・・汗

    1 クラウン速報:2020/06/20(土) 16:28:38.84

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/20/kiji/20200620s00041000247000c.html
    2020年6月20日 12:17

     女優の釈由美子(42)が20日、関西テレビ「胸いっぱいサミット!」(土曜正午)で、複数の女性との不倫スキャンダルで活動自粛中のアンジャッシュの渡部建(47)についてコメントとした。

     週刊文春が報じた渡部の不貞行為には「驚きましたけど、不快でしかないですね、このニュースを聞いた時に」とあきれ顔。「芸人さんだから“芸の肥やし”は多少はしょうがないですけど」としつつも「多目的的トイレとかいうのが衝撃的すぎて」と驚いている様子。

     「夫婦の問題は他人がとやかく言うものではないですけど」と前置きし「もし自分が同じ立場だったら離婚します。子どものために」と言い切った。

     さらに「やっぱり多目的パパって言われちゃうんでしょ…」とも推察。芸人として「それをネタにするくらいの懐の深さがあればいいですけどね」と付け加えた。

    【週刊文春】渡部のスキャンダル内容は?相手の画像はある?f


    ★1が立った日時:2020/06/20(土) 13:15:08.51
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592631885/


    【【釈由美子】 渡部不倫に「自分が同じ立場だったら離婚します」「多目的パパって言われちゃうwwww」】の続きを読む

    img_c5b5900a3f8ec0118a47a292735ac6951021426

    渇望が生じている状態を「依存が形成された」と言う。依存は、物質への依存(過食、ニコチン依存症やアルコール依存症といった薬物依存症)、過程・プロセスへの依存(ギャンブル依存症、インターネット依存症、借金依存症)、人間関係や関係への依存(共依存、恋愛依存症依存性パーソナリティ障害など)があり、重大な精神疾患にいたるケースもある。


    悪事に病名か・・なお許せん

    1 クラウン速報:2020/06/16(火) 09:39:37.18

    ウッズと同じ*依存症

     そんな渡部の“素顔”がバレるのは「いずれ時間の問題だと思っていた」と語るのは、かつて“遊び仲間”だったという飲食店経営者のA氏だ。

    「独身時代は普通じゃないレベルでした。毎日、夜を過ごす女性が違うとかは日常茶飯事。浮気しまくっていたゴルファーのタイガー・ウッズっているじゃないですか。“僕、ウッズと同じで*依存症なの”って言ってましたからね。たしかに女性にはモテるんですけど、とにかく手を出しまくる。自宅マンションに女の子を呼んでコトに及んでいる間、別の子をマンションの下に待たせていたこともあったそうです」

     自ら“*依存症”と話していた渡部を象徴するのが『多目的トイレ』での不倫。六本木ヒルズ内の地下駐車場にあり、渡部が出演していたラジオ番組『GOLD RUSH』のスタジオもある。

    「番組は生放送で、終了後にスタッフは軽い雑談をするのですが、渡部さんは終わった瞬間にダッシュでいなくなるんです。それほど忙しいのか、それとも早く帰って家族に会いたいのかと思っていましたが、違ったんですね。多目的トイレに寄りたいから、あんなにスタジオを早く出て行ったんだとみんなあきれていますよ」(ラジオ局関係者)

     そんな乱倫ぶりを発揮していた渡部には、女性を口説くときの“鉄則の3か条”があったとも。

    「“絶対に自分から好きと言わない”“絶対に自分から付き合おうと言わない”“メールは使わない”の3つ。メールしないのは証拠を残さないためで、“用件は極力、電話でしか話さないんです”って。あと“これは”と思う女性と会うときは、基本的に1人だとも言っていました。よく連れて遊ぶ後輩芸人も“そういうときは絶対に連れて行かない”と。でも、それだけ用心深くても、やりすぎだったんでしょうね」(A氏)

    重要なのは「使えるか、使えないか」
     この鉄則を守り、佐々木にもひた隠しにしていたのだろうが、女性関係以外でも評判は最悪だった。

    「同じ事務所だろうが、ほかの事務所だろうが、先輩だろうが後輩だろうが、他人と仲よくするかどうかの基準は、彼にとって“使えるか、使えないか”なんです」

     そう語るのは、お笑い番組やお笑いライブを手がける構成作家のB氏だ。

    「同じ事務所のある若手芸人は“使えないやつ”と判断されたんでしょうね。渡部さんから5年以上も“空気扱い”されているとこぼしていましたから」(B氏)

    “使えるやつ”と判断されることが、いいとも限らない。『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で渡部が披露していたのが“告知芸”。番宣で来たゲストよりも、渡部がその作品についての説明と魅力を詳細に語り尽くすというもので、それを特技に昇華して、『ホメ渡部!「ほめる奥義」「聞く技術」』という書籍を出版したことも。ただ、渡部がそうしたことで“宣伝王”ともてはやされる裏で、後輩たちがいいように使われていた。

    「告知芸がウケていましたが、多忙な渡部さんは映画や本をチェックする時間がほとんどない。そこで彼は、アマゾンなどを使って後輩の自宅にDVDや本を送りつけるそうなんです。それを後輩が要約してポイントを渡部さんに伝えて、渡部さんが番組でさも見たり読んでいたかのように語る。当たり前のように“それチェックしておいて~”と連絡が来るんだそうです」(B氏)

    全文はソース元で
    6/15(月) 21:00配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2a99f4db8630dab73ba20626a5397c731ae88d2b

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1 2020/06/16(火) 04:13:33.24
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592248413/


    【【渡部建】「僕は“ウッズ病”」佐々木希に隠した性依存と「他人は道具」のダークサイド】の続きを読む

    このページのトップヘ