クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    タグ:若者

    img_01

    林業(りんぎょう、英:forestry)とは、森林に入り、主として樹木を伐採することにより木材を生産する産業。第一次産業の一つ。 世界農林業センサスの定義によると、林業事業体のうち、1ヘクタール以上を所有する世帯を林家(りんか)と呼ぶ。


    森を整備しないと後々大変だからね・・・





    1 クラウン速報:2020/07/30(木) 21:49:31.85


    今、日本の林業がかつてないほどの「危機的状況」に陥っていることをご存知だろうか。

     日本は国土の3分の2、およそ2500万ヘクタールという広大な面積を森林に囲まれた世界有数の森林国である。ところが、林業に従事する人の割合はここ数十年で急激に減っているのだ。およそ30年で、10万人もの人数が林業から離れてしまった。これは高齢化や山林売買価格の減少などが一因とされている。  その一方で、国土を覆う樹木自体は、年を追うごとに増えている。以下のグラフを参照していただきたいが、今の森林資源はおよそ52億立方メートル、年間7000万立方メートル増加している計算になる。7000万立方メートルというとピンとこないかもしれないが、東京ドーム実に56個ぶんの体積が増えていると計算すると、驚くほかない。  しかも、人工林の多くは、伐採に適した主伐期」と呼ばれる樹齢50年を超えている。主伐期を過ぎた樹木は、太すぎて切り出しが難しく、用途も限られ、格安で取引されることも多い。そのため、伐採すればするだけ損をする可能性もゼロではなく、手を付けられないまま放置されているケースが多発しているのだ。
     

    img_a71bd3790bb63c8403159e6a76ac0b51505375


    https://news.yahoo.co.jp/articles/02ace9c4f3482e367ba7a2a848fb12b55e1ced75

    【日本の林業崩壊が止まらない。かつてないほどの「危機的状況」に陥っているわけ】の続きを読む

    customer-service-manners

    (mannerism) から) 公共 小笠原流礼法 ネチケット コード化 上座 新社会人の為のビジネスマナー通信 異業種交流会で役に立つビジネスマナー JR西日本 駅や車内でのマナー啓発 国際興業バス バスに乗る時のマナー 携帯電話のマナー NTT 携帯電話のマナー au ケータイマナー SoftBank


    教育でちゃんと教えたか?

    1 クラウン速報:2020/07/07(火) 14:43:38.65

    「ご注文は以上でよろしかったでしょうか?」
    「HIROさんに~していただいた」(EXILE TRIBE)
    「卒業させていただく」

     こういった敬語の表現を、最近よく耳にします。

     「ご注文は以上でよろしかったでしょうか?」は、いわゆる“ファミレス敬語“です。ファミリーレストランなどでよく聞かれる表現であるために、俗語としてこう呼ばれるようになりました。そして、身内の行為にもかかわらず、EXILE TRIBEの人たちが「HIROさんに~していただいた」、若者が「母に買っていただきました」と言ったり、別に特に許可がいる場面でもないのに「卒業させていただく」と言ったりする“謙譲語もどき”も増えています。

    敬語の「乱れ」ではなく「変化」
     これらを「敬語の過剰化」、あるいは「敬語の乱れ」だと思う大人は少なくないでしょう。

     日本語の敬語はそもそも複雑で、習得に時間がかかります。だから、子供が使うのは難しいですし、難しいからこそきちんと使えることが教養の証として賞賛され、「新用法」が糾弾されます。

     しかし実は、言語学者たちはそうは見ていません。「日本語が変化している」のだと見ています。そもそも敬語そのもののあり方が変わってきていて、若者たちはその目的や機能、そして日本語の文法規則において、ある意味、自然な使い方をしていることが多いので、こんなにも素早く変化し、浸透してきているのです。

     まずは、21世紀に入ってから目立ってきた、「よろしかったでしょうか」という、いわゆる「ファミレス言葉」について考えてみましょう。

    1.「部長。先ほど部長がおっしゃっていた方が見えたので、応接室へお通ししておきましたが、よろしかったでしょうか」
     2.「ご注文は、カフェ・オレとハーブティーでよろしかったでしょうか」
     3.「本日は、店内でお召し上がりでよろしかったでしょうか」

    長いので以下
    https://news.yahoo.co.jp/articles/532c5b73d67aae7d5e79a0e9333eb4599f22f510


    【【日本語】若者の敬語が「過剰化」している】の続きを読む

    39_MV

    新型コロナウイルス感染症の世界的流行 > 国・地域毎の新型コロナウイルス感染症流行状況 > アジアにおける新型コロナウイルス感染症の流行状況 > 日本における新型コロナウイルス感染症の流行状況 日本における2019年コロナウイルス感染症の流行状況(にほんにおける2019ねんコロナ


    信じらんね。

    1 クラウン速報:2020/07/04(土) 08:37:54.07

    コロナ感染者数ではなくクラスターの内容/医師分析


    東京都は3日、新型コロナウイルス新規感染者が124人だったと発表した。2日連続で100人以上を超えた。

    循環器及び感染症専門の愛知医科大・後藤礼司医師(38)は、東京都の新型コロナウイルス新規感染者が2日連続で100人を超えた状況について
    「特定のクラスターが発生すると、数字が大きく出ますし、人の動きが出てきたので、この数字は想定の範囲内」と分析した。

    今後について「さらに新規感染者数が増える可能性は十分ある」とした上で、
    注意すべき点に「もはや検査数や感染者数などの数字ではなく、クラスターの内容」を挙げた。

    「高齢者や持病を持つ人は重症化しやすいので、老人介護施設などで高齢者から高齢者への感染が止まらなかったりすると大問題」とした。

    現在の医療態勢については「対策方法が分かっているので、病院スタッフが1~2人感染したとしても、
    正しい感染対策を講じていれば、病院を閉めることもない」とし、現在、コロナ感染での入院患者が少ないことも強調した。

    1週間平均の検査の陽性率4・0%についても「検査数が増えたので、それだけとらえられていますが、流行っているとは言わない数字」とみている。

    都の新規感染者は大半が20~30代。「若い人はほとんどが入院しない軽症者。誰もが手洗いや消毒を徹底すれば、過度に恐れることはないです」と話した。
    https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202007030001217.html


    【【コロナ】 医師 「20~30代の若い人はほとんどが入院しない軽症者。誰もが手洗いや消毒を徹底すれば、過度に恐れることはない」】の続きを読む

    rectangle_large_type_2_5d8abf7091f16bbf20ff5ff680ef0f99

    海外では、タイ王国の東北地方、ロシア連邦における「クライ(край)」(沿海地方など)の例が見られる。 日本国内では、都道府県を包括する単位として、関東地方・近畿地方・中国地方・九州地方などに分ける例が見られる。 北海道や山形県など、地方自治法上の支庁を有する都道府県では、渡島地方、庄内地方のように、振興局・支庁の呼称として使う例が見られる。


    飽きるよ〜

    1 クラウン速報:2020/06/24(水) 22:58:44.34


    main_3c27c741fad6bb823acad74383c8ba84f0f9fede


    調査 6月中旬

    学情は6月23日、「地方暮らし」に関する調査結果を発表した。調査は6月中旬にネット上で実施し、都内に住む20歳以上の男女1078人から回答を得た。

    地方暮らしに関心があると回答した人は56%。新型コロナウイルスがきっかけで関心が高まったという人は46%だった。

    2割が「都市部での新型コロナや災害のリスクが心配」

    地方暮らしに関心を持った理由に関しては、6割以上が「自然豊かな環境で暮らしたいから」(61.6%)と回答。

    次いで、「生活コストが安いと思うから」(34.6%)、「出身地などのふるさとや好きな地域で暮らしたいから」(21%)、「都市部での新型コロナや災害のリスクが心配だから」(19.5%)と続いた。

    望む生活スタイルを聞くと、4割以上が都市と地方を往来する「二地域居住」(42.4%)と答え、最多となった。次いで、地方圏のみで暮らす(31.3%)、都市部に生活拠点をもちつつ休暇をかねて地方圏でも仕事をする「ワーケーション」(24.3%)が続いた。

    実際に二地域居住やワーケーションなどを始めていると回答した人は4.5%だった。年代別に見ると、このうちの過半数を20~30代(56.2%)が占め、特に若い世代が関心を持つことが判明した。

    2割の人は「地方暮らしをしても現在と同じ会社で働きたい」
    希望する働き方を聞くと、「現在と同じ会社で働きたい(転勤やリモートワークなど)」(22.7%)が最多となった。2位以降、「地方暮らし後、働く予定はない」(21.2%)、「独立して働きたい」(20.7%)、「特にこだわらない」(20.9%)、「地方圏の会社で働きたい」(13.4%)と続いた。

    地方暮らしをしたい、またはしている都道府県を聞くと、「特に決まっていない」(15.9%)が最も多く、次いで「北海道」(15.7%)、「長野県」(15.4%)、「静岡県」(11.4%)、「沖縄県」(10.9%)、「神奈川県」(9.8%)と並んだ。

    選んだ理由について、1位は「出身地または過去に住んだことがあるから」(32.3%)となった。2位以降、「旅行などで訪れたことがあるから」(31.9%)、「自然豊かな土地だから」(30.1%)、「家族や知人など、親しい人が住んでいるから」(20.3%)が続いた。

    58d868837c7866c2d9cf36ba7012025f_1592998781_2

    img_15336c859698d071b0fc76da6766c5a8307417



    6/24(水) 19:51配信
    https://article.yahoo.co.jp/detail/0fc679eeb83185d9b6b4c0c2c0480b88dd36fad0
    https://muji-pctr.c.yimg.jp/AqrN6ZEr8hvRuGCKSskqoK6D6ooxfGTcVZmWCiVklY6IehH0mrlF5nWDcPoLgsfU_c3CBDMIsCWcBE3k5o8YouWOE5bNxUWzCk6Kj3z4WNVwWd4Od4dIQr3XFMzDIHXj

    ★1 2020/06/24(水) 21:42:16.18
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1593002536/


    【若者が地方暮らしをしたい都道府県 2位「長野」3位「静岡」「自然豊かな環境で暮らしたい」などの声】の続きを読む

    IMG_8112

    安倍内閣(あべないかく)は、安倍晋三を内閣総理大臣・首班とする内閣。なお、同一の首班の下での11度の組閣は憲政史上最多記録である。 第1次安倍政権 第1次安倍内閣 : 2006年(平成18年)9月26日 - 2007年(平成19年)8月27日 第1次安倍内閣 (改造) : 2007年(平成19年)8月27日


    は?

    1 クラウン速報:2020/06/22(月) 08:16:38.66


     テレビのワイドショーやツイッターなどを観測していると、安倍政権を支持しているのはもはや狭量で盲信的な【ネット右翼】だけ――という認識を抱いてしまいそうになる。
    しかし、こうしたメディアの主な利用者である中高年層にはまったく理解しがたい光景が、多くの若年ユーザーを抱えるタイプのSNS、例えばTikTokでは広がっている。
    ツイッターで「安倍晋三」と検索すると、上位に表示されるのは軒並み安倍批判、政権批判のツイートだ。しかしTikTokではそうではない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ca70edc7f214b78701f9a99424178d805ea85043


    【安倍政権を支持しているのはもはや狭量で盲信的なネトウヨだけというのは大間違い 若者に大人気】の続きを読む

    IMG_8109

    ワーク、リモートワーク、フレキシブルワークプレイスとも呼ばれる。また、テレワークで働く人をテレワーカーと呼ぶ。 テレコミューティングは、1970年代に、電気通信および関連する情報技術を移動の代わりに使用する業務関連の代替を意味する言葉として脚光を浴びるようになった。21世紀のテレワー


    はい、私もその一人です・・

    1 クラウン速報:2020/06/22(月) 07:07:42.94

    「仕事より生活重視」「地方移住に関心」…コロナが変えた価値観
    2020/06/21 20:30 読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20200621-OYT1T50159/

     内閣府は21日、新型コロナウイルス問題を受けて実施した世論調査で、感染拡大中に「テレワークを経験した」人が全国で34・6%、東京23区で55・5%に上ったとする結果を公表した。

     調査は緊急事態宣言解除後の5月25日~6月5日、インターネットを通じて15歳以上の男女約1万人を対象に行った。

     調査によると、テレワーク経験者の64・2%、通常通り勤務した人の34・4%が「仕事より生活を重視するように変化した」と回答。「地方移住に関心が高くなった」とする人もテレワーク経験者で24・5%と通常通り勤務した人の10・0%を大きく上回り、テレワークで意識が変化する割合が高かったと指摘した。

    ※以下省略

    IMG_8108


    ※前スレ(★1 2020/06/21(日) 22:15:45.65)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1592745345/


    【【テレワーク】「仕事より生活重視」「地方移住に関心」…コロナが変えた価値観】の続きを読む

    このページのトップヘ