クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    タグ:若者

    Depositphotos_103980960_s-2019-670x414

    進化」という概念は、さまざまな学問分野において重要な役割を果たしている。たとえば、「進化経済学」「進化経営学」「進化心理学」「進化的計算」などは前者の例、「宇宙の進化」は後者の例である。 生物学の影響を受け、「進化」概念を研究・分析の中核に据えるとき、進化生物学の進化


    動物と違い進化してきた証拠、多くの子孫繁栄を必要としなくなったから。また一つ進化していると推測できる
    まぁ、やってるやつはやってるってだけの話になるけど 

    1 クラウン速報:2020/06/21(日) 11:40:45.51

    日本において性行経験を持たない若者の割合は増加傾向にあり、「若者の*離れ」という現象が生じています。しかし、新たな研究によって、アメリカでも「性的に無活動な若者が増加しつつある」と判明。最新の調査では「18歳から24歳の男性の3人に1人は1年以上*していない」ことが明らかになりました。

    Trends in Frequency of Sexual Activity and Number of Sexual Partners Among Adults Aged 18 to 44 Years in the US, 2000-2018 | Adolescent Medicine | JAMA Network Open | JAMA Network
    https://jamanetwork.com/journals/jamanetworkopen/fullarticle/2767066

    Sex in America: 1 in 3 young men aren’t having it
    https://www.inverse.com/mind-body/young-american-men-are-having-less-sex

    スウェーデン・イギリス・アメリカの合同研究チームは、アメリカ合衆国の居住者を対象とした社会意識・社会行動に関する統合的調査General Social Survey(GSS)によってデータが収集された「性生活に関するアンケート結果」について分析を行いました。

    分析に用いられたデータは、2000年から2018年までのGSSにおける、18歳から44歳までの被験者が回答した「性交頻度」と「性的パートナーの数」です。性交頻度に関する設問は、「過去12カ月において、どれくらいの頻度で*しましたか?」というもので、被験者には「全くしなかった」から「週に3回以上」までの複数の選択肢が与えられました。性的パートナーの数に関する設問は、「過去12カ月間に何人の性的パートナーがいましたか?」というもので、「パートナーなし」から「100人以上」まで幅広い選択肢が与えられました。

    研究チームがこれらの調査結果を分析したところ、「過去1年間に*しなかった(性的に無活動)」と回答した男性は、18歳から34歳までの層で年々増えていると判明。「過去1年間に*しなかった」と回答した18歳から34歳の男性は、起点となる2000年には全体の9.5%でしたが、終点である2018年には全体の16.5%まで増加しました。性的に無活動な傾向は、若者において特に強いそうで、18歳から24歳の男性で、「過去1年間に*しなかった」と回答した割合は2000年には18.9%でしたが、2018年には30.9%でした。なお、性的無活動層の割合増加の大部分は、2008年から2010年、2012年から2014年に発生していました。

    一方、「過去1年間に*していなかった」と回答した女性の割合は、調査年度によらずほぼ一定でした。ただし、「週に1回以上*する」と回答した女性は減少しており、年齢層別に見ると25歳から34歳の女性は性交頻度が減少傾向にあったことがわかっています。しかし一方で、性的なパートナーの数については増加傾向が認められたとのこと。

    また、研究チームは以上のような*に関する傾向と所得や雇用状況の関連性などについても分析しています。この分析によると、低所得、ないしはパートタイム・無職・学生という身分の男性は、性的に活発ではなかったとのこと。一方で、女性は性的活動性と雇用状況・収入の間に関連性は認められませんでした。この結果について、論文の筆頭著者を務めたカロリンスカ研究所の上田ピーター氏は、「収入が高ければパートナーを探すために費やせるリソースが多いというだけでなく、収入が高い人はパートナーとして望ましいという可能性はあります。しかし、性格・価値観・人生の選択といった『収入に関連する要因』が性的活動性に影響を与えている可能性もあります。おそらく、実際のところはこの2つの可能性がどちらも影響していると思います」とコメントしています。

    研究チームは若者の*離れという現象について、性的規範の変化やストレスの増加、ソーシャルメディア・スマートフォン・オンラインコミュニティに費やす時間の増加といった、さまざまな原因が考えられると述べていますが、原因の特定を避けています。上田氏は、「社会の大きな傾向と性的活動の間の因果関係の立証は非常に困難、むしろ不可能といえます」と述べました。

    なお、2019年にはイギリスの研究大学であるロンドン・スクール・オブ・ハイジーン&トロピカル・メディスンの研究チームが、「イギリスにおいて若者の*頻度が激減している」と発表しており、同様の傾向は日本、アメリカに限らないとわかっています。


    https://gigazine.net/news/20200621-young-men-less-sex-america/


    【「若者のセックス離れ」が日本やイギリスに続きアメリカでも深刻だと判明「18歳から24歳の男性の3人に1人は1年以上していない」】の続きを読む

    1592640033828278700-1024x683

    日本語の変化に対する批判の矛先は、往々にして若い世代に向かう。若者は、旧世代の用いなかった言語および言語習慣を盛んに創出し、時として上の世代に違和感を与えることになる。 いわゆる「若者言葉」は種々の意味で用いられ、必ずしも定義は一定していない。井上史雄の分類に即して述べると、若者言葉と称されるものは以下のように分類される。


    政治の外観しか理解してないからでしょ

    1 クラウン速報:2020/06/20(土) 16:10:22.18

    「批判」する奴は「陰キャ」

    そしてもう一点重大なのは、若者たちにとって「批判」の捉え方が、一般的な理解とはまったく違うということだ。

    先ほど、若者の目には安倍総理が「かわいいおじさん」として映っていることを指摘した。
    そんな「かわいい存在」である安倍総理に対して、「あべ*」などと罵声を浴びせるような文化人・知識人が支持する(むしろ自民党よりも若者に優しいかもしれない)野党に、若者たちがなびかないのも無理はない。

    自民党や安倍政権に批判的な中高年層(とりわけインテリとされる高学歴な人びと)にとって、「批判すること」とは、よりよい方策や建設的な結論を導出するために必要不可欠な営みだろう(もっともネット上では、「批判」と称してほとんど悪口や人格攻撃に終始している人も珍しくはないが)。
    批判という行為自体はあくまで価値中立的であり、だれでもその権利を持っているというのが、社会一般の常識にかなった「批判」についての理解である。

    一方、若者たちはそうは考えない。「批判ばっかりする奴はウザい」などと考えている。

    これは政治に限った話ではない。そもそも、「なにかを懸命に頑張って取り組んでいる人」に対して、やたらに批判的な言動をとる人は、「足を引っ張る人」「文句ばかり言う人」「和を乱す人」――つまり、いわゆる「陰キャ」なのである。

    「偉い人」なのに「かわいくて」「親しみやすい」安倍総理を、しばしば口汚く攻撃する野党や知識人・文化人たちは、彼らにはみな「陰キャ」で「かわいくない」ものとして映っている。

    「批判なき政治」が意味すること
    そのことを象徴する出来事が、いまから3年前にあった。元タレントで現在は自民党参議院議員の今井絵理子氏が、ツイッターに「今日から都議会議員選挙が始まります!『批判なき選挙、批判なき政治』を目指して、子どもたちに堂々と胸を張って見せられるような選挙応援をします」*5と書き、メディアやSNSで非難の嵐が巻き起こったのだ。

    その当時に散見された「国民の『批判』にきちんと応えるのが政治だろう!」「批判をするな=独裁を認めろという意味か!?」といった知識人の反応こそ、彼らの目が届かない世界で「批判」という行為がどのようにとらえられているのか、まったく理解できていないことを端的に示していた。

    今井議員が発した「批判のない政治」というのは、この発言に憤りを覚えた人びとが考えたような「(安倍)独裁政治を擁護する」ニュアンスの言葉ではない。
    「やることなすことにいちいち批判したり文句言ったりしてくるような陰キャが湧いてこないスタイルでやっていくんでよろしく!」といった意味合いの言明だったのだ。

    若者たちにとって、「批判」とは建設的で価値中立的な営みではない。攻撃性や陰湿さといった、ネガティブなニュアンスをともなうワードなのである。

    若者たちの視点からは、安倍総理は他人の批判をせず、粛々と政策を実行する側であり(政権与党のトップなのだから当然そうなるのだが)、
    野党はそれにゴチャゴチャと外野から「批判」をぶつける人びととして観測される。
    若者にとってどちらが「自分たちに親しい側の人間」に見えるかは、想像に難くない
    (例外的に都市部の高学歴層の若者では、立憲民主党などのリベラル政党を支持する割合が多いといわれる。それでも総じて、18~29歳の立憲民主党支持率は他の年代と比べて低い)。

    20200620-00073403-gendaibiz-000-2-view


    抜粋
    全文はソースで
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/73403

    関連ソース
    「朝日ぎらい」な人々が世界各国で急増している理由(橘 玲)
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56469


    【【政治】なぜ若者は、それでも「安倍晋三」を支持するのか? 「批判する奴は陰キャ」という暗黙の認識】の続きを読む


    title_spl


    海外では、タイ王国の東北地方、ロシア連邦における「クライ(край)」(沿海地方など)の例が見られる。 日本国内では、都道府県を包括する単位として、関東地方・近畿地方・中国地方・九州地方などに分ける例が見られる。 北海道や山形県など、地方自治法上の支庁を有する都道府県では、渡島地方、庄内地方のように、振興局・支庁の呼称として使う例が見られる。



    1 クラウン速報:2020/05/17(日) 08:02:54.03

    新型コロナウイルスの影響で、地方に転職したいという意識が都市部の若者に広がっているとみられることが就職情報サイトの調査でわかりました。感染が収束したあとはUターンやIターンの転職が増えるのではないかとみられています。

    就職情報会社「学情」は先月24日から今月1日にかけ、インターネットを通じて20代の転職希望者に新型コロナウイルスの感染拡大の影響についてアンケート調査を行い、およそ360人から回答を得ました。

    このうち「地方への転職を希望する」と答えた人は36%と、ことし2月の調査と比べるとおよそ14ポイント多くなりました。

    地方への転職を希望する理由については「テレワークで場所を選ばずに仕事ができることがわかった」とか「都市部で働くことにリスクを感じた」、「地元に帰りたい」といった答えが目立ったということです。

    調査を行った会社は今後、感染が収束して地域をまたいだ移動がしやすくなれば、UターンやIターンの転職が増えるのではないかとみています。




    【“地方に転職したい” 都市部の若者に意識広がる コロナ影響か】の続きを読む

    このページのトップヘ