k00350012_3

黒毛和種(くろげわしゅ、英語:Japanese Black)は、牛の品種の一つであり、肉牛として飼育される。 1900年(明治33年)から在来種(在来種の発生に関しては、和牛の項を参照)の改良の為に輸入した各種の欧州系が交雑されたが、各県によってばらばらであり、島根県ではデボン種、兵庫県・鳥取県


DNA欲しさにこんなことするなんて許せん!!!



 

1 クラウン速報


岐阜県坂祝町の放牧場で31日未明、牛が頭と前足を切断されて*でいるのが見つかりました。警察は現場近くにいた自称フィリピン国籍の男を牛を盗んだ疑いで逮捕しました。


逮捕されたのは自称フィリピン国籍で、住所不詳、無職のガリンド・オスワルド・アレマニア容疑者(46)です。 ※国籍、年齢、住所、職業、氏名いずれも自称 。ガリンド容疑者は31日午前1時ごろから4時ごろまでの間、坂祝町の放牧場に侵入し、牛を盗んだ疑いが持たれています。牛は解体され頭と前足が切断されて、なかったということです。

午前4時過ぎに牧場から1キロほど離れた美濃加茂市で、パトロール中の警察官が自転車に乗ったガリンド容疑者と、一緒にいた別の男に職務質問し、ガリンド容疑者が確保されました。ガリンド容疑者の自転車には牛のものとみられる血がついていたことなどから、警察が逮捕しました。一緒にいた男は逃走しました。 警察によりますと牛は、メスの4歳の黒毛和種で、体重が500キロ、時価で70万円相当だということです。

牛の体の一部はまだみつかっておらず、警察は犯行の手口などからガリンド容疑者が逃げた男と共謀し、牛を解体して盗んだとみて調べています。


unnamed-20



https://news.yahoo.co.jp/articles/90c87cb333f85aebf0ca1055dd62510e51f5ecf6

【【岐阜】放牧場で解体された黒毛和牛…フィリピン国籍の男を逮捕】の続きを読む