クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    タグ:開発

    OFWhbvLC_400x400

    ソフトバンクグループ > ソフトバンクグループジャパン > ソフトバンク ソフトバンク株式会社(SoftBank Corp.)は、ソフトバンクグループ株式会社傘下の会社で、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)および長距離、国際通信を提供する日本の大手電気通信事業者。


    ファf

    1 クラウン速報


    英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は31日、米半導体大手エヌビディアが、
    ソフトバンクグループ(SBG)から英半導体開発大手アーム・ホールディングスを買収することを検討していると報じた。

    買収額は320億ドル(約3兆4000億円)超に上る可能性があるという。

    https---imgix-proxy.n8s.jp-DSXMZO5709861023032020I00004-3

    https://mainichi.jp/articles/20200801/k00/00m/020/052000c

    【【経済】米半導体エヌビディアがソフトバンクグループ(英半導体開発大手アーム・ホールディングス)を約3兆4000億円で買収】の続きを読む

    fb312286

    1958年(昭和33年)9月5日 - 三和酒類株式会社設立 1979年(昭和54年) 2月 - 麦焼酎「いいちこ」発売 1986年(昭和61年)10月 - 『季刊iichiko』創刊 1989年(平成元年) 4月 - 三和研究所、日本酒醸造場、アジムワイナリー開設 2001年(平成13年)


    これなら飲みやすそうだな。話のネタにでも買ってみるか




     

    1 クラウン速報:2020/07/26(日) 11:52:54.24


    若者を中心に酒離れが進む中、宇佐市の三和酒類は「飲む楽しさの入り口に立ってほしい」とハイボール用本格焼酎「iichiko(いいちこ) NEO」を開発した。500ミリリットル入り、希望小売価格696円(税別)で全国販売している。

     厚生労働省の国民健康・栄養調査(2018年)によると、週3回以上、1回1合以上を飲む「飲酒習慣のある人」は、20代で男性10・6%、女性5・2%、30代で男性26・7%、女性8・6%。00年比で20代男性は3分の1程度に、30代男性はほぼ半減、40代男性も55・8%から35・6%に低下している。

     若い世代をはじめ酒になじみの薄い層にアプローチできる商品をと、同社は17年ごろから構想を練り始め、飲み方の一候補としていたハイボールに向く本格焼酎が2年がかりで出来上がった。

     果実の香りがほのかにし、甘さが引き立つよう工夫した。水割りやロック、レモンティー割りでも楽しめる。ラベルには花柄を採用した。 


    https://mainichi.jp/articles/20200725/ddl/k44/040/254000c


    (出典 cdn.mainichi.jp)

    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595726215/


    【【大分】三和酒類がハイボール用本格焼酎「いいちこNEO」を開発】の続きを読む

    450-20161214221038301402

    医薬品 (新薬からのリダイレクト)
    形を参照)。医師の診察によって処方される処方箋医薬品、薬局で買える一般用医薬品がある。医薬品は治験を行って有効性が示されれば先発医薬品(新薬)として承認される。新薬の発売から20年の期間が経過したら、後発医薬品(ジェネリック医薬品)も販売される。 日本の医薬品医療機器等法第2条では次のように定義される。


    記憶を良くする薬の方がほしいがね。
    脳細胞を破壊して記憶抹消する薬は色々やばいことにつながるだろ






    1 クラウン速報:2020/07/19(日) 19:28:55.72

    ・脳細胞の活動をオフにする記憶削除薬が開発される
    ・記憶削除薬はオフスイッチとトリガーから構成される
    ・作業記憶にかかわる脳細胞をオフにすると直前の記憶が失われる

    記憶を何度でも安全に消去できる即効性のある薬、DCZ(デスクロロクロザピン)が開発されました。

    この薬を投与されたサルは僅か10秒ほどで記憶が失われ、目の前で箱に隠されたエサの行方がわからなくなってしまいました。

    またこの記憶消去薬は、サルの作業記憶を司る神経細胞の活動をオフにすることによって効果を発揮します。

    にもかかわらず、安全性が極めて高く、効き目も24時間で完全に消えることから、繰り返しの使用が可能。サルから何度でも同じ内容の記憶を奪えました。

    この完全にクリーンな記憶削除薬が推理小説の世界に導入された場合、全ての人間の証言から信ぴょう性が失われ、名探偵を悩ますことになるでしょう。

    (出典 nazology.net)


    ■記憶消去には事前の「オフスイッチ」の仕込みが必要

    新たに開発された記憶消去薬を作用させるには、事前にペアとなる別の薬が必要となります。

    この相方となる薬は化学的に合成された小分子化合物であり、DNAが作る特定のタンパク質を変質させて「hM4Di」と呼ばれる特殊な人工受容体(デザイナー受容体:DREADD)を神経細胞の表面に出現させます。

    この人工受容体が出現した神経細胞にDCZが結合すると、その神経細胞は活動が強制的にオフになります。

    人工受容体とDCZの関係は「オフスイッチ(人工受容体)」と「トリガー(DCZ)」の関係に例えることもできるでしょう。


    (出典 nazology.net)


    https://nazology.net/archives/64866


    【【物議】「記憶を削除する薬」が開発される】の続きを読む

    01honjo_topics



    本庶 (ほんじょ たすく、1942年(昭和17年)1月27日 - )は、日本の医師、医学者(医化学・分子免疫学)。学位は医学博士(京都大学・1975年)。京都大学名誉教授・高等研究院副研究院長・特別教授、京都大学がん免疫総合研究センター初代センター長、静岡県公立大学法人顧問


    東京オリンピックは中止すべきだな






    1 クラウン速報:2020/07/12(日) 13:02:43.93

    2020年7月12日 6時0分
    文春オンライン

    「安倍晋三首相は記者会見で、『東京五輪を完全な形で開催するなら(新型コロナウイルスの)ワクチンの開発がとても重要だ』と述べていましたが、それは非常にハードルが高いと言わざるを得ない」

    「文藝春秋」8月号のインタビューでそう語るのは、本庶佑・京都大学特別教授(78)だ。本庶氏と言えば、免疫を抑制するたんぱく質「PD-1」を発見し、がん治療薬「オプジーボ」の開発に大きく貢献した功績で、ノーベル生理学・医学賞(2018年)を受賞した。

     最近では、そのオプジーボを製造・販売する小野薬品工業に対し、特許の対価を巡って、約226億円の支払いを求める訴訟を起こしたことも大きく報じられている。

     世界を代表する免疫学者でもある本庶氏が、免疫の仕組みを利用するワクチンの開発に否定的なのはなぜなのだろうか――。

    世界で「ワクチン開発競争」が激化しているが……
     欧米や中国などでは今、「ワクチン開発競争」が激化している。英オックスフォード大学が開発するワクチンは、早くも臨床試験の最終ステージに突入し、米製薬大手のファイザーも独ベンチャーと共同開発するワクチンの初期臨床試験が好結果だったと公表したばかりだ。

    日本も例外ではない。大阪大学発の創薬ベンチャー・アンジェスがすでに治験を開始し、年内の実用化を目指しているほか、塩野義製薬も国立感染症研究所と共同で年内にも治験を開始する方向だという。

     ワクチン開発への期待は高まる一方だが、本庶氏はこう警鐘を鳴らす。

    「そもそも、新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスやHIVウイルスと同じように、『DNA』ではなく、『RNA』を遺伝子に持つウイルスです。このRNAウイルスの場合、効果的なワクチンを作るのは難しいことが知られています」

     端的に言えば、二重らせんという安定的な構造を持つDNAに対し、一重らせんのRNAはその構造が不安定で、遺伝子が変異しやすい。

    「インフルエンザのワクチンを打っても効かないことが多いのは、流行している間に、ウイルスの遺伝子が変異していくからです。遺伝子が変異してしまうと、ワクチンが効きにくくなったり、まったく効かなくなったりするのです」

    もし完成しても一部のウイルスにしか効かない
     新型コロナもインフルエンザ同様、遺伝子が変異するスピードが非常に速いという。

    「中国で発生して以来、世界各地に広がっていく過程で変異を繰り返し、5月末ですでに数百の変異があるという報告があります。ワクチンが完成しても、開発当初とは異なる遺伝子のウイルスが蔓延しているかもしれない。そうなると、一部のウイルスにしか効かないことも十分にあり得ます」

     さらに、本庶氏が「首を傾げざるを得ない」と指摘するのが、日本での臨床試験だ。例えば、前出のアンジェスは、大阪市立大学医学部附属病院で臨床試験を開始している。

    「日本で開発し、治験までやると言っているグループがありますが、あまりに現実離れした話でしょう」

     なぜ日本での開発・治験が「現実離れ」しているのか。その答えは、「文藝春秋」8月号ならびに「文藝春秋digital」に掲載した本庶氏のインタビュー「東京五輪までに『ワクチン』はできない」をお読みいただきたい。

    181002yhP1


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18559655/


    【ノーベル賞学者の本庶佑氏が警鐘「日本でのワクチン開発、治験など現実離れした話」】の続きを読む

    20200614-26140709-nksports-000-1-view

    筐体開発 機体開発 車体開発 広告媒体開発 書体開発 本体開発 共同体開発 半導体開発 媒体開発 立体開発 義体開発 機体開発 人材開発 能力開発 職業能力開発 教育開発 教材開発 開発教育 経済開発 経済技術開発区 反復型開発開発 - 日本の原子爆弾開発 開発独裁 開発政策 電源開発 - 電源開発促進税


    感染者に対する防衛策も重視して開発を進めないと
    大変なことになるよ

    1 クラウン速報:2020/06/14(日) 20:34:06.75

    安倍晋三首相は14日、ニコニコ動画の特別番組「安倍総理が新型コロナ対応についてみんなの質問に答える生放送」に出演し、コロナ対策などについてユーザーからの質問に答えた。

    東京都でこの日、新たに47人の感染が明らかになったが、18人は集団検査での判明。首相は「クラスターと思われるところに集中的にPCR検査をやった結果、
    陽性の方が出た」と述べ、検査を積極的に行った結果の数字だと強調した。連日、夜の街で感染が伝えられており、諮問委員会の尾身茂会長は「症状はないが、
    感染者がいるのではないかということ」と述べた。

    首相はさらに「新たな日常を作る上で大きな鍵になる」とした上で、今週中の発表を目指し「新型コロナ追跡アプリ」を開発中であることを明らかにした。
    陽性者と接触した可能性がある場合、スマートフォンに通知される。電話番号や位置情報などの個人情報は不要といい、首相は「できるだけ多くの人が参加し、
    お互い助け合っていくことが感染拡大を防ぐことにつながるのでは」と訴えた。

    番組には、新型コロナ感染から回復した、元楽天監督の梨田昌孝氏(66=日刊スポーツ評論家)も出演し、首相に19日のプロ野球開幕について水を向けられる
    場面も。梨田氏はアプリについて「大賛成です。僕自身、どこで感染したのか分かっていない。自治体、国で追跡していただくのは非常にありがたい」と、
    期待を示した。【遠藤尚子】

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/96c8193a33ae8b399b3b188e6a50cb42c97504cc


    【安倍首相「コロナ追跡アプリ」開発中と明かす】の続きを読む

    このページのトップヘ