GettyImages-824853620_Fotor-1600x899

精子提供(せいしていきょう)とは、男性が有償、もしくは無償で自身の精液を提供することである。被提供者の目的は人工授精による挙児であり、多くは精子バンクと呼ばれる施設を通して行われる。 精子ドナーは通例精子を売るために契約を交わし、契約上の最低期間の間(6 - 12ヶ月)精子をしばしば提供



1 クラウン速報


精子取引、ネットで広がり 「子がほしい」願いに追いつかない法整備

 ツイッターで知り合った男性から*提供を受けて出産したという30代女性から、暮らしの悩みや疑問を募って取材する#ニュース4Uに投稿があった。「男性が学歴や国籍を偽っていた」。ネット上には「精子ドナー」を名乗るSNSアカウントが多数あるが、医療機関を介さない*提供に危険はないのか。その実態や背景に迫った。

苦しんだ不妊治療の末に…
 取材班は6月上旬、この女性に会って話を聞いた。

 女性は長男を出産してから10年以上が過ぎ、不妊治療に苦しんだ末、夫に内緒で*提供を申し込んだという。ツイッターでのやり取りなどから、ドナーの男性が「京都大学卒」と女性は思った。女性の夫も東京の国立大卒で、ドナーの男性と血液型も同じ。「夫に近い男性」という希望にかなう相手だったという。

 男性と直接会って*の提供を受け、昨夏に妊娠した。しかし、妊娠後も連絡を取り合ううち、男性が卒業したのは、地方の国立大だと知ったという。中国から留学で日本に来たことも後から知った。すでに妊娠5カ月で中絶は難しく、今年2月に出産した。

 女性は「正直に伝えられていたら提供を申し込むことは100%なかった」と話し、望まない形での出産になったことを後悔する一方で、「悪質なドナーを規制する法律が必要だ」と訴えている。

 取材班は、ドナーの男性にも会って事情を聴いた。

 大手企業に勤務する20代。不妊の夫婦の役に立ちたいと思ってドナーを始めたばかりだという男性は「女性にどこの大学なのかと聞かれ、『国立大』『京都方面の大学』と答えた」などと訴えた。その上で、「だますつもりはなかったが、将来、生まれた子どもが『自分の父親が知りたい』となったら困ると思ったので、個人情報を明かしたくなかった。こんなトラブルになるなら、精子提供は二度としない」と語った。


【夫に内緒で精子提供してもらった30代女性の末路、、】の続きを読む