クラウン速報

まとめ記事サイト「クラウン速報」
芸能・ニュース・国内外で起きている「いまの情報を」
あなたのニーズを満たす最新トレンド発信中

    タグ:BLM

    K10012511971_2007131517_2007131524_01_02

    BLM ブラック・ライヴズ・マター(Black Lives Matter)の略称 サン・バルテルミー島のISO 3166-1国名コード 無整流子電動機 (brushless motor) ラウターブルンネン・ミューレン鉄道 ブルーム症候群 (Bloom syndrome) 土地管理局 


    BLMやりたい放題じゃん。






    1 クラウン速報:2020/07/13(月) 19:00:39.84


    「All Lives Matter(全ての命が重要)」と発言のシングルマザー女性(24)、 BLM支持者に射*れる
    ★Young mother, 24, is ‘shot dead in front of her fiancé after saying “all lives matter” during an argument with Bla* Lives Matter supporters’

    PUBLISHED: 22:21 BST, 12 July 2020 | UPDATED: 00:14 BST, 13 July 2020
    https://www.dailymail.co.uk/news/article-8515507/Young-mother-24-shot-dead-fianc-saying-lives-matter.html

    (出典 i.dailymail.co.uk)

    Whitaker (pictured) was a home health nurse and had a three-year-old son named Greyson


    【【速報】All Lives Matter「全ての命が重要」と発言した女性がBLM支持者に射殺される】の続きを読む

    8-17


    デブラ・ディッカーソン(英語版)は、「黒人」や「アフリカ系」という語は、奴隷とその子孫に限定すべきだと主張している。したがって彼女の定義によれば、黒人初のアメリカ大統領のバラク・オバマは黒人ではない。 1967年まで、いくつかの州では、先祖に一人でも黒人がいる者は黒人であるとする「ワンドロップ・ルール」があった。


    独立意識が低いのかな。黒人だからって言葉で済ましてるだけにしか感じない






    1 クラウン速報:2020/07/12(日) 13:27:22.10

    ■黒人の子どもたちが直面する現実

    黒人差別の歴史自体は、黒人奴隷や南北戦争、公民権運動などの話で、ある程度日本にも伝わっている。
    しかし、今を生きる黒人の子どもたちが、どのような構造的格差に直面しているのかは、あまり知られていないように思われる。

     そこで今回は、黒人の子どもが生まれてから大学を卒業するまでに、一体どのような現実が待ち受けているのか、
    簡単に追体験してもらうことで、BLM運動の背景を紹介したい。

    ■就学前:低体重、貧困、ひとり親…

    まず、子どもたちが生まれてくるところから追っていこう。
    母親のおなかに宿ってからの最初の1000日は非常に重要である。なぜなら、この間に脳の発達の大部分が起こるからである。
    この時期に飢餓のような発達に対する大きな負のショックを経験すると、そのダメージは一生残ってしまうことが分かっている。
     この、最初の1000日間の代表的な指標が「低体重出生児比率」である。
    (中略)
    米国のCDC(アメリカ疾病予防管理センター)から2019年に出された報告書によると、白人の子どもの低体重出生児比率はわずか6.9%であるのに対し、
    黒人のそれは14.1%と倍以上の高い比率を記録している。

    米国の統計局によると、白人の子どもは、その4分の3がふたり親家庭で育っているのに対し、黒人の子どもは約58%がひとり親家庭で育っている。
    そして、日本でも見られる傾向であるが、ひとり親家庭の出現率は、保護者の教育水準が低いほど高くなる。

    (中略)
    また、ノーベル経済学者のヘックマンが、不利な背景を持つ子どもに対する幼児教育が重要であることを説いた背景には、育児の貧困が挙げられる。
    (中略)
    話はそれたが、件のノーベル経済学者は、この白人と黒人の育児の貧困度合いのギャップを埋めるために、
    不利な背景を持つ子どもでも良質な幼児教育にアクセスできるようにしなければならないと訴えているのである。
     では、ノーベル経済学者の訴えは、政治家たちに届いているのだろうか? 答えはノーである。
    (中略)
    そして、黒人が多く住む州都は幼児教育の充実度も低いが、白人が多く住む学生街は幼児教育の充実度が極めて高い。
    つまり、黒人の子どもを白人の子どもと比べた場合、
    (1)生まれた瞬間に既に躓いている、(2)家庭内幼児教育が劣悪、(3)家庭外の幼児教育についてもアクセスが劣悪、という現実がある。

    ■初等・中等教育:人種間学力格差の構造
    (中略)
     (4)米国は移動の自由が保障されているので、良い教育を受けたいなら良い学区へ引っ越せば良いではないか、というのが富裕白人のロジックである。
    しかし、それは容易ではない。なぜなら、銀行のローンが人種差別的、不動産ブローカーが人種差別的、大家が人種差別的、教員やPTAが人種差別的、など
    貧困黒人が富裕な白人学区へ引っ越しそこで学ぶためには、あまりにも多く・高過ぎるハードルを越え続ける必要がある
    (中略)
     まず教員についてであるが、豊かな学区と貧しい学区の間で教員給与は3倍も違ったりするため、NYを舞台にした論文が示す通り、
    白人が多数派の豊かな学区には経験豊富で学歴も高く優秀な教員が高給を求めて集まって来るが、
    黒人が多数派の貧しい学区には初任者や、出身校のランキングも低いどこからもお声がかからない教員が集まるならまだ良い方で、理数系を中心にそもそも教員がいないというところさえある。

    (中略)
    しかし、黒人貧困地区の高校の場合、メンタル*のカウンセラーがいないどころか、逆に警察が常駐しているため、
    白人高校生と同じ問題を起こしたときに、カウンセラーのケアを受けるのではなく、刑務所にぶち込まれるということになる。
    これが学校から刑務所へのパイプライン問題と呼ばれ、社会問題となっている

    (中略)
     黒人学生と白人学生が同じ学歴・学校歴を得ても、卒業後に得られる賃金は同じではない。
    米国はコネ社会であるため、同じ教育水準であっても親のコネの影響で得られる職が白人と黒人の間で同じではない。

     さらに、白人によくある名前・黒人によくある名前が存在するために、同じ教育水準でも履歴書上の名前で差別を受けることも分かっている。
    これは教育政策のその後の話なので、ここで筆を置くとしよう。

    20200703-00010007-huffpost-000-3-view


    https://news.yahoo.co.jp/articles/e0b471728cac5508c2f242c756263954cf08acc1?page=1

    【【BLM】生まれた瞬間から不利…黒人が直面する「構造的差別」の深刻すぎる現実】の続きを読む

    blm_chart

    BLM ブラック・ライヴズ・マター(Black Lives Matter)の略称 サン・バルテルミー島のISO 3166-1国名コード 無整流子電動機 (brushless motor) ラウターブルンネン・ミューレン鉄道 ブルーム症候群 (Bloom syndrome) 土地管理局 (Bureau


    子供を連れてくなよ・・・

    1 クラウン速報:2020/07/07(火) 17:12:51.21

    Atlanta mayor says 'enough is enough' after girl fatally shot near scene of Rayshard Brooks' death

    (CNN) ? Atlanta Mayor Keisha Lance Bottoms is calling for change to fight "the enemy within" saying that enough is enough after an 8-year-old girl was fatally shot Saturday near the Wendy's where Rayshard Brooks was killed.

    Later Sunday night the Atlanta Police Department said another man was killed and two other victims were injured during an exchange of gunfire just two doors down from the scene of Brooks' death.

    以下、グーグル翻訳

    アトランタ市長は、レイシャード・ブルックスの死の場面の近くで少女が致命的に撃たれた後、「十分です」と言います


    (CNN)?アトランタ市のケイシャランスボトムズ市長は、8歳の少女が土曜日にレイシャードブルックスが殺されたウェンディーズの近くで致命的に撃たれた後は十分だと言って、「内部の敵」と戦うための変更を求めています。


    日曜日の夜遅く、アトランタ警察は別の男が殺され、銃撃の交換中にブルックスの死の現場からほんの2ドア下の銃撃の交換の間に2人の犠牲者が負傷したと言った。



    全文はソース先で

    Updated 1121 GMT (1921 HKT) July 6, 2020
    https://edition.cnn.com/2020/07/05/us/atlanta-shootings-secoriea-turner-rayshard-brooks/index.html

    (出典 cdn.cnn.com)


    関連スレ
    【米国】アトランタ市長がコロナ感染 民主党副大統領候補の一人 [ばーど★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1594108120/


    【【米国】BLMのバリケード前で8歳の黒人少女が射殺される…アトランタ市長「いい加減にしろ」】の続きを読む

    1948592

    ブラック・ライヴズ・マター(英: Black Lives Matter、通称「BLM」)は、アフリカ系アメリカ人のコミュニティに端を発した、黒人に対する暴力や構造的な人種差別の撤廃を訴える、国際的な積極行動主義の運動である。特に白人警官による無抵抗な黒人への暴力や殺害、人種による犯罪者に対する不平


    恐ろしいな

    1 クラウン速報:2020/06/29(月) 17:52:25.70

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現在のシステムを焼き払う」の衝撃

    <概ね平和的に警察改革を求めていると思った「*・ライブズ・マター(黒人の命も大事)」運動の指導者の一人が暴力を口にし始めた真意は>

    黒人差別の撤廃を訴える「*・ライブズ・マター(BLM:黒人の命も大事)」運動のニューヨーク地区責任者が6月24日、FOXニュースに出演。インタビューの中で、アメリカが真の変革に向けて行動を起こさないならば「現在のシステムを焼き払う」用意があると発言した。

    「この国が我々の要求に応えないなら、我々は現在のシステムを焼き払って置き換えるつもりだ」とホーク・ニューサムは語った。「比喩的な表現か、文字どおりの意味かは、解釈に任せる」

    「自分は暴動を容認も非難もしない」が、この数週間に起こった変化は、暴徒化したデモ隊の破壊行為がきっかけだった、とニューサムは言う。

    「この国は暴力の上に築かれている」と彼は言う。独立戦争や現代のアメリカ外交もそのいい例だ。「相手の国に攻め込んで、指導者を好みの人物に差し替えるのがこの国のやり方だ。だから我々のことを暴力的だと非難するアメリカ人は誰であれ、ひどい偽善者だ」

    自衛のための武装は「アメリカらしい行為」
    白人が銃を所持するのは憲法修正第2条で保障された自衛の権利だが、黒人が自衛のために武装するのは許されない、というのもアメリカの偽善だ、とニューサムは言う。「我々が自分の命を守るために武器を所持するとして、これ以上にアメリカらしい行為はないはずだ」

    BLM運動のきっかけは、5月25日にミネアポリスで黒人男性ジョージ・フロイド(46)が白人警察官に拘束されて死亡した事件だった。警官がフロイドの首を膝で押さえつける動画を見て抗議デモが全米に広がり、それが世界にも広がった。

    警察の改革と黒人に対する暴力をなくすことを求めて行われた抗議活動の多くは平和的なものだったが、デモ隊が暴徒化して器物の破壊や略奪を行なったり、警察官と激しく衝突したりするケースもあった。その上、フロイドの*前後にも、黒人が警察官や白人から暴力を受けて死亡する事件が次々と報告されて怒りを煽っており、ニューサムのようなBLM運動の指導者たちは目に見える真の変革を強く求め始めている。

    続きはソースで
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/06/blm-2.php


    【BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現在のシステムを焼き払う」の衝撃】の続きを読む

    このページのトップヘ